2554974 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

傀儡師の館.Python

PR

日記/記事の投稿

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

フリーページ

プロフィール


kugutsushi

サイド自由欄

設定されていません。
2016年08月18日
XML
カテゴリ:Raspberry Pi
いまさらながら Raspberry Pi 3 を買って試してみている。Element14版の方が安いが、ちょっとだけ高い RS版のを気分で買った。

Raspberry Pi3 Model B ボード(Element14版)

RaspberryPi3 ModelB (RS製)ラズベリーパイ
CPU も速くなったので、それなりにデスクトップとしても使えるレベルになってきている。SDカードはブートだけにして、SSD をメインに使うことにした。これで、それなりに安全で快適になった。今、このブログも Raspberry Pi 3 で書いている。

このレベルのものが、電源とか SSD とか、あれこれ含めて 1万円程度あれば買えるってのは、すごい時代になったものだと思う。まあ、FireFox でタブをいくつも開いてウェブサーフィンとかは辛いけど、テキストベースでプログラム書くとか、文章を書いたりする端末としては十分。

とはいえ、工作の制御用とか、センサーの値を無線で送るとかそのレベルの話しならば、もっと安いものの方が使い捨てしやすくていいのだけど。Raspberry Pi Zero は、そのうちまともな価格で入手できるんだろうか。。。。Raspberry Pi 3 だと 10個とかまとめて買うとそれなりの金額になってしまうので、ちょっと躊躇する。

で、Raspberry Pi をそういう単機能の使い捨て用に使うのはあっさりあきらめて、ESP-WROOM-02 を使ってみることにした。とはいえ、最初から裸のチップだけ買ってやるのは敷居が高いので、スマホで操作する改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」 を買ってみることにした(先ほどオンラインで注文した)。

ESP-WROOM-02 は、とにかく安いから、使えるようになりたい。センサーからのデータ送信とか、ちょっと何か動かしたり程度はこれでいきたい。

espressif ESP-WROOM-02 Wi-Fiモジュール

espressif ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール(フル) Wi-Fiモジュール

スイッチサイエンス ESP-WROOM-02開発ボード(ピンソケット実装済)ESPr Developer

この手のことは流行りだからというより、老後に備えてあれこれ作ろうかという方向なのでした。






最終更新日  2016年08月18日 02時00分08秒
コメント(0) | コメントを書く
[Raspberry Pi] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.