221024 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新はいじまのわがままブログ~嗚呼、素晴らしき鉄ヲタ人生~

新はいじまのわがままブログ~嗚呼、素晴らしき鉄ヲタ人生~

PR

Profile

はいじま

はいじま

Calendar

Category

Archives

Comments

ぱっちー@ Re:9月ももう終わり(09/29) 初めてコメント失礼致します。ぱっちーと…
にゃんこ西武@ Re:はやいもので今年も…(07/01) 本サイトのほうの記事も読ませてもらいま…
はいじま@ Re[1]:「DESTINY 鎌倉ものがたり」を見に行った(12/30) チョルスさんへ 山崎監督は西岸先生の作…
2019.09.29
XML
…町の秋祭りやらなんやらで忙しかった一ヶ月が終わりました。昨日は久々の山行き、毎年恒例の荒船山慰霊登山として史上最強のギャグ漫画家・臼井儀人先生の慰霊に行ってきました。今年は臼井先生が登山中の滑落事故によって他界してからちょうど10年…もう臼井先生が「クレヨンしんちゃん」を描いていたのは「ひと昔」前の出来事になってしまいました。臼井先生が創ったキャラクターは今も元気ですし、私も臼井先生の作品を本棚から出しては読んで笑う日々も変わりません。

 では、本日の「はいじまゆきどっとこむ」更新内容です。
 本日は一般的な話題「あにめの記憶」の更新です。番外編としてミルコスまんが広場「大草原の少女ソラ」の第一話の考察を公開です。

 このアニメはNHK朝の連続テレビ小説の2019年度前期作品「なつぞら」の劇中で放映されたアニメです。「なつぞら」の主人公はアニメーターとして昭和の戦後の時代を生きてきた女性で、モデルになったアニメーターも存在しています。主人公がこうなので劇中では劇中劇として多くの「アニメ作品」が登場し、その最後の作品が「大草原の少女ソラ」で、この作品だけは「なつぞら」劇中で放映シーンが何度も描かれ、私のサイトでこのようなコーナーを作れる程度にはなっていたのです。
 恐らくこの「大草原の少女ソラ」は史実の「アルプスの少女ハイジ」に相当する作品だと考えられます。他にも「なつぞら」では、史実の「タイガーマスク」「デビルマン」「魔法使いサリー」に相当すると思われる作品が出てきましたし、最終回では「タイムボカンシリーズ」が制作されることを示唆する台詞もありました。ちなみに「大草原の少女ソラ」で主人公ソラを演じていたのは、二代目峰不二子でもある沢城みゆきさんでした。
 恐らくNHKの恒例で「なつぞら」の総集編とスピンオフドラマが放映されるのでしょうが、スピンオフドラマをやるくらいなら劇中で製作されたアニメを完成させて放映して欲しいですね。「大草原の少女ソラ」も気になりますが、中盤な劇中に出てきた短編映画「ヘンゼルとグレーテル」も全編見てみたいです。

 この「なつぞら」の終盤、まさに私がネタにした「大草原の少女ソラ」を制作している物語が続いている展開を見て、また名作系アニメの考察をやりたくなってきました。気が変わらなければ、来月から世界名作劇場「トムソーヤーの冒険」の考察をやってみたいと考えています。

 夏の暑かった日々も遠ざかり、もう秋真っ盛りです。
 今は花粉症で苦しんでますが、頑張りたいと思います。






Last updated  2019.09.29 16:10:54
コメント(1) | コメントを書く
[「はいじまゆきどっどこむ」更新情報] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:9月ももう終わり(09/29)   ぱっちー さん
初めてコメント失礼致します。ぱっちーと申します。
5月頃 あにめの記憶の下に記載されたメールアドレスにメールさせていただいたことがあります、無事届いていたでしょうか?

私は、大学在学中に世界名作劇場を全部見る!と意気込んでいる大学2年生です。幼少期から 地元で再放送されていた世界名作劇場に染まって育ってきて、中学生の時にこちらのサイトを見つけました。
いちばん大好きな作品が「小公女セーラ」であるという点でもはいじま様と共通し、高校時代は「こんにちはアン」などを見ながらいつも考察を読ませていただいていました。1話ごとに、視聴→はいじま様の考察、視聴→……というルーティーンが決まっています。

5月の連休には「わたしのアンネット」を初視聴し、はいじま様の考察のお力で セーラを除いた中で こちらがいちばん大好きな作品になりました。ルシエンに目一杯感情移入した考察に多大な影響を受けたのはもちろん、最後の峠越えの考察に1番感動しました。時計を目の前に置いて 行程を自分なりに書き出し、その見事さに感服しました。その後母にも薦めてDVDを買い、一緒に見直したほどにハマってしまいました。作品の素晴らしさはもちろんですが、ここまでハマったのははいじま様の文章のお力ゆえと確信しています。

今は 幼少期に見たっきりの「フローネ」を やはりはいじまさんの考察と共に見ています。

今日は、「ソラ」の考察を見つけ、そして「トム・ソーヤ」の考察が始まったのを見て ついブログの方にコメントしてしまいました。「ソラ」、あんな短い放送だったのにまるで本物の視聴記録のようで、またドラマの小ネタも面白くて爆笑しました。
「トム・ソーヤ」はこの先見る予定があるので、是非 例のルーティーンで視聴したいと思います。

世界名作劇場関連のサイトがどんどん消えて無くなっている今、こうして更新が続いていることが涙が出るほど有り難いです。これからも更新お待ちしています。応援しています。
季節の変わり目ですので、どうぞお体ご自愛ください。 (2019.10.17 01:21:03)

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.