146297 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

新はいじまのわがままブログ~嗚呼、素晴らしき鉄ヲタ人生~

PR

Profile


はいじま

Calendar

Category

Archives

Comments

はいじま@ Re[1]:「DESTINY 鎌倉ものがたり」を見に行った(12/30) チョルスさんへ 山崎監督は西岸先生の作…
チョルス@ Re:「DESTINY 鎌倉ものがたり」を見に行った(12/30) 漫画を実写化した映画を、原作ファンも納…
盆栽すし@ Re:春日部にくれば~(08/20) はじめまして、 当方は『クレヨンしんちゃ…
はいじま@ Re[1]:山へ行って花粉症になって帰ってきた…(03/20) さくらさん >こんにちは。素敵な方と出逢…
さくら@ Re:山へ行って花粉症になって帰ってきた…(03/20) こんにちは。素敵な方と出逢えた様子。嬉…

全428件 (428件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 43 >

「はいじまゆきどっどこむ」更新情報

2018.07.25
XML
…あんまりにも暑いので、昨日の仕事後「あのひと」に「仕事休みの日はどうやって過ごしたら涼しいだろう?」と話を振ってみたら、「近所にイオンモールがあるんだから、そこで涼んでいれば…」と言われた。その時は「イオンモールなんかに行ったら金が掛かるからなぁ」と返してしまったけど、これを持ち帰って検討した結果「イオンモールで映画でも観れば半日は潰れる」という判断で映画を見に行くことにしました。

 そうやって今回観ようと決めた映画は細田守監督のアニメ映画「未来のミライ」…何でこれかって、鉄ヲタが観るとけっこう楽しい映画だって前評判を聞いたからです。特に劇中に出てくる「幻の新幹線」のデザインが、車両メーカー(川崎重工)の監修が入っているという話を聞いて興味を持っていた映画でした。

 で、実際に観てみて…面白かったですよ。もう主人公の4歳男児である「くんちゃん」が子供の頃の自分を見ているみたいで…妹が産まれて始めて対面するとき、「赤ちゃんはE233系とあずさのどっちが好きかな?」と呟くシーンは大好き。映画のポスターなどで見た「くんちゃん」の服装、201系がプリントされたパーカーは「俺も欲しい!」と思ってしまいましたね。

 物語は横浜市の住宅街を舞台に、妹の「未来」が産まれたことで親からの愛情を感じなくなった「くんちゃん」という4歳の男の子を中心に、「生命のつながり」について紡いでいます。妹ばかりを可愛がるように見える両親を見て嫉妬心に燃える「くんちゃん」が自宅中庭の樫の木の前に立つと、未来から来た中学生の少女の姿をした妹「ミライ」、人間の姿になった家の飼い犬の「ゆっこ」、少女時代の母親、若き日の曾祖父などが現れて、それぞれに「くんちゃん」の進むべき道を示してゆきます。そしてある日、同じように庭の樫の木の前に立つと目の前に小さな駅が現れ、そこにいる高校生くらいの若い男…その男と言い争ううちに「くんちゃん」は入ってきた電車に乗り込んでしまい、窓から様々な電車を眺めて興奮しているうちに見知らぬ大ターミナル駅に迷い込んでしまいます…って、ここからはネタバレ防止のため、物語に興味を持った方は映画館に足を運んで頂きたいですね。

 細田監督の作品は「おおかみこどもの雨と雪」を見た事がありますが、劇中に出てくる風景が何とも美しいんですよね。今回はその辺りどうかなと期待しましたが、実は主人公が4歳児で「家の中が世界の全て」という幼児の世界観を大事にしたつくりになっているので、風景を愉しむシーンが少なかったのは少し残念です。それでも「くんちゃん」が若い日の曾祖父と出会うシーンで描かれた、横浜や横須賀の昔の風景は目を見張るものがありました。横浜市電なんか単車の500形がリアルに描かれているし、画面を横切っていった京急の旧400形らしい電車も一目でそれと分かるように描いてあったのは感動ものです。エンドロール見たら協力に「横浜市電保存館」や「京浜急行電鉄」が入っていて、なるほどなぁと思いました。
 ストーリーも「妹が出来て両親の愛情を感じなくなった4歳児」がどのように物語を拡げて行くのかと思ったら、様々な「出会い」を通じて成長するだけでなく、物語を「家族の物語」へと上手く落とし込み、冒頭に言ったように「生命のつながり」というテーマに上手くつないで行きます。この展開が非現実的ながらも無理がなく、「くんちゃん」とともに冒険ができる内容であって、約2時間の映画のストーリーとしては飽きも来なく短すぎるとも感じない秀逸な映画だと思いました。

 キャラクターとしては…福山雅治が演じる「くんちゃん」の曾祖父がかっこよかったなぁ。それと「くんちゃん」の父親のダメダメ具合と、近所の奥様方の前で格好つける姿は若い父親としてはありがちでリアリティを感じました。赤ちゃんの「未来」ちゃんは可愛く描かれていたけど、意外に中学生少女の姿の「ミライ」ちゃんは印象に残らない。なによりも「くんちゃん」が幼児ながらもキャラクターが立っている事ですね、あのキャラクター性の濃さは野原しんのすけに通じるところがあります。方向性が下ネタでなく「でんしゃ」という点が違いますが。
 いずれにしろ、この暑い夏に楽しい映画を観られたと思います。是非とも皆さんも観に行って欲しいですね。


 本日は久々にサイト「はいじまゆきどっとこむ」の方も更新しました。
 本日更新したのは、鉄道ゲーム「Train Simulator 2018で世界鉄道旅行」です。こちらに番外編として船の操縦体験ゲーム「Ship Simulator Extremes」の紹介をアップしました。これで予定していた番外編は全て公開しましたが…また増やすかも?

 夏真っ盛りです。今日は落ち着いていますが、このところに生命に関わるんじゃないかという程の凄い暑さが続いています。身体を壊さないよう頑張ります。






Last updated  2018.07.25 15:05:36
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.14
…昨日(6月13日)、用事があって都内は錦糸町へ行ってきました。
 錦糸町で用事を済ませただけなら「ひとり旅」にはならないのは言うまでもありません。その用事を済ませた後が行き当たりばったりの「旅」になってしまいました。

 午前11時半頃に用事が済んで錦糸町駅前のロータリーを歩いていると、バス停に止まっていたバスから「間もなく発車します」という声が聞こえてきて「そりゃたいへん」とそのバスに乗り込んでしまったところから始まりました。飛び乗ったバスの行き先は幸か不幸か「日暮里駅前」。スカイツリーやら浅草を経由しましたが、そこでは「降りよう」という気にならず、何となく終点の日暮里駅前まで行きました。

 日暮里駅前でバスを降りて目に入ったのが、ロータリーの真上に陣取る立派な高架橋。ちょうどそこに日暮里・舎人ライナーの電車が入ってきたのが見えると「そういえば、あれにまだ乗ったことがないな…」と頭に過ぎります。終点が「見沼代親水公園」という「公園駅」だったのを思い出すと、「よし、あれを乗りつぶして、終点の公園で散歩でもしよう」と思い立ちます。平日のまっ昼間で空いていたこともあって、発車直前でも最前列の「ヲタシート」に座ることができました。あの電車面白いわ、特に荒川を渡るところのダイナミックな高架橋が何とも言えなかったですね。こうして12時半過ぎには終点の見沼代親水公園駅に到着していました。

 ここで空腹を感じつつ、近くの親水公園の緑道に到達すると「生蕎麦 470メートル先左折」という看板を発見。「よし、昼は蕎麦を食べよう」と思ってそのお店に行くと…「定休日」の札が掛かっていてガッカリ。昼ご飯は駅前のマクドナルドになってしまいました。

 どうせここまで来たのだから、親水公園散歩をしながらここの土産がないかと色々探しましたが…やっぱり足立区の外れの舎人ではそういうものは見つかりませんでしたね。なんだかんだで14時過ぎまで舎人界隈を散歩して、舎人駅から日暮里・舎人ライナーで都心方面へ戻ります。

 ところが途中の熊野前駅に到着するときに、車内放送で「都電荒川線はお乗り換え」と言われたら「あ、乗らなきゃ」と思ってふらり途中下車。三ノ輪橋まで行って日比谷線で都心へ出ようかと思いましたが、都電をもっと堪能したくなって三ノ輪橋で折り返し早稲田行きに乗ります。途中の宮ノ前で一度下車…それは近くの洋菓子店で「都電サブレ」なるものを売っていると聞いたからです。宮ノ前の商店街を抜けた先の洋菓子店でその「都電サブレ」を購入、もちろんこれは「あのひと」へのお土産になります。

 再び宮ノ前から都電に乗って、大塚駅前を目指します。王子の併用軌道は何度走っても楽しいな…と思っていると大塚駅前。ここで山手線で高田馬場へ、西武新宿線・拝島線で西武立川へ戻り、武蔵村山の我が家には17時過ぎに帰り着きました。

 そんな旅を愉しんで、ちょっと疲れましたが充実した休日になりました。こんな小さな旅でも旅先でも思い出して、お土産を買わずにいられない人がいる…そしてそのひとが喜びそうなお土産を探して歩く、そんな旅の楽しみ方は本当に久しぶりですね。

 という訳で、本日の「はいじまゆきどっとこむ」更新内容は、踏破記録「はいじまの足跡」の更新です。何処が変わったのかはこの日記を読んだ人ならお分かり頂けるでしょう。

 夏の暑さと梅雨のじっとり感がやってきましたね。
 暑さと湿気に負けないよう、頑張りましょう。






Last updated  2018.06.14 20:09:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.21
…今回の行き先は鬼怒川と日光。
 20日朝に東京都立川市のうちの会社を観光バスで出発し、圏央道と東北道と日光宇都宮道路を飛ばしてまずは下今市駅へ。ここから東武鉄道を走る蒸気機関車列車「大樹号」に乗って鬼怒川温泉へ、ワールドスクエア見学と鬼怒川船下りを楽しんでから鬼怒川温泉の旅館へ。宴会で諸先輩方や後輩たちの意外な横顔に驚きつつ一泊…この日はハッキリ言って、私好みのコースでしたね。どうやら企画した方が「てつ」の先輩だったようで、本当にテンションが上がりました。
 21日は鬼怒川温泉の旅館を出発し、まずは日光東照宮を40年ぶり(小学1年生の時以来!)を参拝…ちゃんと徳川家康公の墓所まで行ってきましたよ。続いて「日光カステラ本舗」でのお土産購入と下今市で昼食の蕎麦を挟んで、宇都宮市に移動して大谷石資料館と地下採掘場跡を見学。あとは東北道と圏央道を経由して立川へ戻る…という行程でした。
 旅行中は私は「いぢられキャラ」に徹していましたね、余計な話を振っては場を白けさせていぢられる。余計な一言を言っていぢられる。でも先輩方も後輩たちもこれで喜んでいたからヨシとしましょう。いずれにしても久々に楽しい旅行をしましたね。
 でも…でも…「あのひと」はこの慰安旅行は欠席だったんですよね(そういえば前回もそうだった)。旅先で先輩方や後輩たちとアホやったり、宴会で酔っ払って訳わかんなくなったりしても、ずっと「あのひと」が頭から離れなかったからね、もう重症です。なんか、お土産沢山買っちゃったなぁ、引かれなきゃいいけど。

 というわけで、本日の「はいじまゆきどっとこむ」更新内容は踏破記録「はいじまの足跡」を最新版にしています。栃木県日光市を中心に新たに踏破となった道路がいくつか増えましたんで。高速道路、有料道路、国道に変化がありますが…何処が変わったか解る人はいないだろうなぁ。

 そんなこんなで、少し良いが残っているのと、眠いのでこれ以上は書きません。明日はいつも通り仕事だし…さぁて、会社の人達とどんな顔して会えば良いかなっと。「あのひと」へのお土産を忘れないようにしなきゃ。






Last updated  2018.05.21 20:19:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.04
…だけど、私には殆ど関係ありません。ほぼ勤務シフト通りにお仕事です。
 自治会のお仕事がある日だけ、勤務シフトを変えて対応ってところですね。去年はこの時期に一泊旅行しましたが、今年は忙しくて無理そうです。

 では、本日の「はいじまゆきどっとこむ」更新内容です。
 本日は鉄道ゲーム「Train Simulator 2018で世界鉄道旅行!」と、模型コーナー「石神井急行旅客鉄道」を更新しました。「石神井急行旅客鉄道」については、西武鉄道コーナーの編成表が見にくいという声がありましたので、これに応じて修正しただけなので内容に変化はありません。
 「Train Simulator 2018で世界鉄道旅行!」も、今回の公表は番外編です。本コーナーを通じてトラック運転シミュレータ「Euro Truck Simulator 2」の紹介を書きました。このゲーム、本当に面白いんですよ。「クルマの運転」の醍醐味をキチンと楽しめるのが面白いです。このテのゲームで珍しく、「乗り物を運転すること」は「目的」でなく「手段」なのがリアルで面白いんです。プレーヤーは「トラックを運転」することで「ゲーム内世界の物流を担う」ことが目的なんですよ。詳細はサイトをご覧ください。

 だんだん夏の香りもするようになって、汗ばむくらいの日もありますね。もうちょっとすると自転車通勤が辛い季節になるなぁ。
 夏に向けて頑張りまっす。






Last updated  2018.05.04 12:16:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.15
…おかげで花見に行きそびれた。だって、気付いたら桜散ってるんだもの。
 本来なら武蔵関で西武新宿線の電車たちと一緒に花見をするはずだったんだけど、3月末は色々と忙しくて行く暇がなかった。で4月になってやっと花見に行ける時間が取れる、と思ったらもう桜散ってるっていうもんなぁ。

 では、本日の「はいじまゆきどっとこむ」更新内容です。
 本日は模型コーナー「石神井急行旅客鉄道」の更新です。今回はE351系「スーパーあずさ」の引退に応じて、という訳ではないのですが中央本線の列車たちを模型を通じて紹介しています。今回、このテーマでサイトを作るのに貸しレイアウトに中央線の車両を持って行こうと思ったら…けっこうあって驚きました。で「こりゃ全部はダメだ」と思って、E233系や201系は別の機会にすることにしただけでなく、「パノラマエクスプレスアルプス」や「ホリデー快速ビューやまなし」は写真撮影できなかったもんなー。だから今回のページ、後日追加があるかも知れません。

 今年は5月の大型連休の頃に自治会のお仕事があって、この季節に旅行に行けそうにありません。そういえば春になって山も再会できてない、本当は今日行くはずだったんだけど朝の雨で中止に。それよりも今年は花粉症が例年より酷くて、まだとても山どころでない実状もあるし…春がきたはいいけど、なんか色々と上手く行かない春です。なんか「あのひと」とのことみたいです。あ、「あのひと」とはやっぱり相変わらずです。

 暑くなったり寒くなったりで体調維持が難しいかも知れませんが、頑張りましょう。






Last updated  2018.04.15 22:37:36
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.24
…の模型の紹介を、サイトに方にアップしました。
 やっぱり新2000系は初期車の顔が良いなぁ!

 夜遅くなってしまったので、今日はこれだけ。






Last updated  2018.03.24 22:55:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.12
…今年も無関係ではないので、お仕事休みの今日は近くのショッピングモールの高級菓子コーナーを見て歩いてました。もちろん「あのひと」へのバレンタインデーのお返しです。先週は自治会の用事やらで忙しく、その都合で仕事のシフト変更をしたら「あのひと」に全然逢えなかったんですよ。
 しかし、ホワイトデー用のお菓子って、ホワイトデー直前の日曜日を過ぎたら急激にお店からなくなるのね。でもその中にちゃんと「これぞ」と思うプレゼントを見つけたので、それでヨシです。

 そしてホワイトデーの前日、明日3月13日は今年はちょっと色々思うことがあります。
 青函トンネル開業30周年、同時に青函連絡船が津軽海峡から姿を消してちょうど30年。当時高校2年生だった私は、もうすっかりおっさんになってしまいました。
 青函連絡船という存在は、その17歳の私にとても強い影響を与えました。鉄道少年を乗り物全般に興味を持つように変えてしまい、海や気象という「自然」に興味を持たせてしまったのです。それだけでなく、「歴史の見方」というものを私に教えてくれたのも青函連絡船です。青函連絡船と出会ってなかったら、私は明治以降の日本の歴史を理解できないままでいたと思います。その歴史に出てくる日本の戦争もキチンと自分なりに理解し、同時にそれまで全く興味がなかった日本帝国海軍の艦艇にも興味が広がりました。
 そしてこの時代の歴史を理解すると、他の時代についても学び方を心得ました。
 このように、私に多大な影響を与え、現在の私を作った青函連絡船という存在がなくなってちょうど30年。そこに「時の流れ」というのを強く感じましたね。

 本日の「はいじまゆきどっとこむ」の更新内容は、青函連絡船コーナー「北の航路」の更新です。この中で青函連絡船の歴史をまとめた「青函連絡船と津軽海峡」の加筆・修正を行いました。
 この文書の加筆・修正でもっとも力を入れたのは、青函連絡船がなくなってからの30年間について可能な限りまとめることでした。青函トンネルのことはもちろん、津軽海峡のフェリーについても30年間の変化を解りやすく綴ったつもりです。
 そこにやはり「時の流れ」というのを強く感じました。青函トンネルでは当時鳴り物入りで登場した寝台特急の姿は既になく、当時はまだ夢だった北海道新幹線が青函トンネルを駆け抜けています。海上を行くフェリーも、高速船の就航が3度もあった裏で、フェリー会社が二度も経営破綻をしているという複雑な歴史を歩んでいます。津軽海峡には当時の白い船体に赤・オレンジ・黄のストライプを入れたフェリーの姿はなく、自分が知っている船もほとんどありません。
 そんな「時の流れ」をしみじみと感じることが、「年を重ねる」ということなんだなと今は強く実感しています。青函連絡船の記憶、青函トンネルが開通したときの記憶、これがもう手が届かないほど遠い過去のことになって、戻りたくても戻れない。でもまだその日々のことは昨日のように思い出せる。こうして色んな記憶を抱いて行くことが、「年を重ねている」ってことなんです。

 あの頃に思い描いていた「30年後」と、現状はかなり違うものになっています。だいたいこの歳でバツイチ独身やっているなんて、30年前は考えもしなかったですよ。それでいて好きな女性が出来て手図届きそうで届かない恋をして、ホワイトデーのプレゼントを探し回っているおっさんになっているなんて、30年前は考えてなかった。お、話が最初に戻ったぞ。

 今年は花粉症が例年より辛いです。いつも杉の時期は、鼻よりも目に来るんですが、今年は鼻が止まりません。
 そんな中でもお仕事頑張りまっす。






Last updated  2018.03.12 22:10:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.03
…「あれから30年も経ったのか…」とつくづく感じました。
 あれというのは、青函トンネル開業と青函連絡船廃止のあの日からです。30年前の私は高校2年生、前年の夏の修学旅行で青函連絡船との出会いがあり、その青函連絡船に夢中になっていたのは言うまでもありません。恐らく、あの時に青函連絡船が廃止直前でなくてもやっぱり同じように鉄道連絡船という世界にはまっていたと思います。鉄道と船が融合しているあの独特の世界の何が面白いのかは、「鉄道好き」なだけではなかなかご理解頂けないでしょう。私のように連絡船をきっかけに乗り物という世界全体に興味が言ったからこそ、独特な世界として強く惹かれたのだと思います。

…というわけで、本日の「はいじまゆきどっとこむ」の更新内容は、模型コーナー「石神井急行旅客鉄道」です。青函トンネル開業30年を記念して、我が家の津軽海峡線の模型を紹介しています。青函トンネル開業/青函連絡船廃止30年にまつわるサイトの更新は、来週にもひとつ予定しています。今度は青函連絡船の方になります。

 3月弥生、日差しに春の力強さが出てきて、日なたにいるとポカポカ暖かな日が来るようにもなりました。来週末に地元自治会の総会があって、その準備やら何やらで今週は仕事のシフトを変えてもらっていたり、仕事明けに自治会の仕事が入っていたりで今週は忙しくなりそうです。
 その忙しさを超えたら、季節も良くなって来たので山歩きのシーズンに入ろうと思います。その前に今オフで靴とザックを買い換えているので、一度これらの装備で足慣らしをしなきゃならないですね。去年の秋にいまの会社に入ってきた新人が「山行きが趣味だ」というので、4月くらいになったら一緒に奥多摩の三頭山へでも行こうかと相談しています。前に会社には一緒に山へ行くような同僚はいなかったからなぁ…一緒に撮り鉄や乗り鉄した人はいましたけど。
 おっと、その前にホワイトデーがあった。今は買い物に行くたびにスーパーのスイーツコーナーを覗き込んでいます。何をプレゼントしたら彼女が喜んでくれるか、それを考えるだけでこんなに楽しいとはねぇ。

 暖かくなったとは言え、朝晩はまだ寒いです。
 風邪を引かぬよう頑張りましょう。






Last updated  2018.03.03 21:48:20
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.16
…有り難いことに、今年も「あのひと」からチョコレートを戴くことが出来ました。
 当日は仕事のシフトが合わずに会えなかったので、「今年はダメかな?」と思ったりしていたのですが。今朝彼女に会った時、彼女が少し照れた顔で「これ、どうぞ」と包みを渡されて…おかげさまで今日はもうずっとニヤケ顔が元に戻りません。こんなんで明日のお仕事、大丈夫かな?
 去年も始めて彼女からチョコを戴いてとても嬉しかったのですが、今年はまた違う嬉しさがありますね。もちろん私からもことあるごとにプレゼントとかしましたので、今年も期待していなかったと言えばウソになるのですが、本当に戴けると嬉しいですね。
 さーて、次はホワイトデーのプレゼントを考えなきゃなぁ。ホント、こんなおっさんの年齢になってこんなことを考えられるなんて、幸せ者なんだなー。

 では、本日の「はいじまゆきどっとこむ」の更新内容です。
 本日は鉄道ゲーム「Train Simulator 2018で世界旅行」を更新しました。まずゲーム本体のアップデートでゲームタイトルが変わったので、コーナータイトルを変更しています。その上で今回はレーティッシュ鉄道のGE 4/4 II 形電気機関車を紹介しています。レーティッシュ鉄道を代表する電気機関車が再現されて、いよいよこの鉄道らしい光景を再現できるようになってきました。

 平昌オリンピックが盛り上がってますね。なんかテレビやラジオでピョンチャンピョンチャンって繰り返していると、カエルかウサギの名前に聞こえてきます。金メダルはまだですが、メダルの獲得も始まっているようですが…仕事が忙しかったりしてゆっくり見られていません。

 日差しに春の気配を少しずつ感じています。でもまだ空気は冷たいです。
 風邪を引かぬよう、頑張りましょう。






Last updated  2018.02.16 21:02:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.21
…いよいよ、一部運用が新型のE353系に置き換わります。「スーパーあずさ」E351系はまだ新しい車両と思っていたのですが、もう引退が迫っているんですね。JRの在来線特急電車では、初めての形式丸ごと全廃なんじゃないですか?
 今回の「はいじまゆきどっとこむ」更新は、鉄道写真コーナー「はいじまの撮り鉄日記」で「スーパーあずさ」の最後の活躍を撮り鉄した記録を載せました。追っかけてみてホントに「中央線のフラッグシップ」だったんだなーと思いますよ。無くなると聞いて始めてその存在感の大きさに気付いたんです、ハイ。

 そして、こんなことやっているうちにもう年末です。私は明日から12月30日まで休み無しで勤務になるので、多分年内のサイト更新はこれが最後になるでしょう。
 結局、年内に「あのひと」のことは何も変わらなかったなぁ。いや、全く変わってないわけでも無いんです。去年の今頃よりは間違いなく親密になれていると思う。これが違うタイプの人だったら多分もう手を引いていると思いますが、この人だけは手を引こうって気が起きないんです。どんな困難でも完璧にフラれるまでは突っ走ってみようと…でも慌てるのも良くないんで、今は辛抱強く向こうがその気になるのを待つしかないと思っています。

 寒い日々が続いています。風邪など引かぬよう頑張りましょう。実は私、先日まで風邪引いてました。すぐに治ったから良かったけど…。






Last updated  2017.12.21 21:20:29
コメント(0) | コメントを書く

全428件 (428件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 43 >

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.