139523 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

新はいじまのわがままブログ~嗚呼、素晴らしき鉄ヲタ人生~

PR

Profile


はいじま

Calendar

Category

Archives

Comments

はいじま@ Re[1]:「DESTINY 鎌倉ものがたり」を見に行った(12/30) チョルスさんへ 山崎監督は西岸先生の作…
チョルス@ Re:「DESTINY 鎌倉ものがたり」を見に行った(12/30) 漫画を実写化した映画を、原作ファンも納…
盆栽すし@ Re:春日部にくれば~(08/20) はじめまして、 当方は『クレヨンしんちゃ…
はいじま@ Re[1]:山へ行って花粉症になって帰ってきた…(03/20) さくらさん >こんにちは。素敵な方と出逢…
さくら@ Re:山へ行って花粉症になって帰ってきた…(03/20) こんにちは。素敵な方と出逢えた様子。嬉…

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

はいじまの日常

2018.05.09
XML
カテゴリ:はいじまの日常
…今日、近所のショッピングモールの映画館に行ってきました。ガラガラで映画館には私の他にお客はたった3組の親子連れ、ですが満席の映画館より騒がしくなるとは映画が始まった時は思ってもみませんでした。

※以下、「クレヨンしんちゃん(劇場版)爆盛!カンフーボーイズ」のネタバレがありますので、この先を読まれる方は充分に注意して下さい。なお、この先を読んだことで「知りたくない映画の展開を知らされた」と苦情を言われても責任を負いかねます。

物語は冒頭の解説シーンを終えると、唐突にようち園での日常シーンとして「かすかべ防衛隊」メンバーがお遊戯(ジェンカ)の練習をしているところから始まります。そのシーンでは何故かマサオが不在なのに観客が気付く頃に、「いつものマサオくんじゃない」彼が現れるという流れを見ただけで、「今回はマサオが何かやってくれるのかも?」と思わせるつくりになっています。
そしてその通り、マサオが春日部の中華街(んなもんあるのか?)で、関根勤さん演じる師匠からカンフーを習っていることが明らかになり、そこに「きれいなおねいさん」がいたことで「かすかべ防衛隊」メンバーがマサオと共にカンフーを習い始める…ここの流れは劇場版「クレヨンしんちゃん」ではもう手慣れた感じになっていますね。もちろんそのカンフーは暴力的ではなく、「ぷにぷに拳」という脱力しそうな名前の拳法だ。

ここまでの行間にもキチンと今回の悪役の存在を示唆し、これによって無関係な市民が明確に被害を被っている点も明確にされる。そして物語は自然に「かすかべ防衛隊」側勢力と悪役との対立に移行して行く。「北斗の拳」のテイストをまじえつつも、さっさと最初の悪役との闘いへ話を展開させて主人公勢力を一度は負けさせる。この過程で「ぷにぷに拳」の最終奥義が示唆され、これを獲得すべき修行にヒロインのランとしんのすけが驚異的な能力を発揮するという「おやくそく」的な展開で物語が進むと、自然に二度目の闘いが描かれて再度敗北。ここで「かすかべ防衛隊」のメンバーは一時降板し、野原家が中心に中国へ「最終奥義」を取りに行く旅の物語となる。

この間に「かすかべ防衛隊」一行が「ぷにぷに拳」の修行するシーンが何度も挟まるのだが、ここでのマサオの暴走が見ていて楽しい。他のメンバーより先に修行をしていたというそれだけで「兄弟子」だとして威張り、しんのすけが「ぷにぷに拳」で驚異的な才能を発揮すると、これに嫉妬していじけてしまい「かすかべ防衛隊」を辞めるとまで言い出す。そして能力差を見つけて落ち込んでいるマサオに救いの手…今回はマサオの気持ちをジェットコースターのように激しく揺さぶって、彼に目立つ役回りをさせたことは特筆ものだろう。スクリーンの中のマサオの声を聞いて、マサオを演じる鈴木みえさんがノリノリなのはよく伝わってきた(ついうっかり昔の名前で書いてしまった)。

そして展開的に、「このままランとしんのすけが最終奥義を手にして、悪役を倒して終わりか…」と思って見ていたら、物語はそう真っ直ぐ進まなかったから驚いた。ランがまるで横取りとも言えるやり方で1人で最終奥義を手にし、帰国して悪人と戦うと確かにこれを倒したのだが…今度はそのランが増長する、自らのパワーを使って「自分が正しくない」と思った者を無差別に倒してしまうのだ。まさかの展開でこの辺りから映画館にいた小さな子供たちは飽きてきて、通路で歩き回ったり大声で「まだ終わらないの?」と騒いだり…まぁ、空いてたから良いんですけどね。確かにこの映画、冗長すぎて未就学児には辛いと思うって…「クレヨンしんちゃん」は未就学児が見るアニメか?

ここで関根勤さん演じる師匠とマサオが再登場、マサオが印象的な言動で「かすかべ防衛隊」の友情が再確認されると、一同は「ランちゃんを元に戻すにはアレしかない」と気勢を挙げるが…正直ここは見ていて「アレってなんだ?」状態でした。そして「かすかべ防衛隊」が力を持て余して独りきりになったランに対峙すると、そこで唐突に冒頭のお遊戯シーンで踊っていたジェンカを踊り出す。そのジェンカの輪に春日部中の人達が加わって「ジェンカ拳」って…いい加減長すぎるロングパスの伏線で、冒頭で「ジェンカ」を踊っていたのを忘れてたよ。
でも話は丸く収まり、最後は精神的に未熟であることを思い知ったランが修行の旅に出るシーンで大団円。でめたしでめたし。

今回の作品は、「正義」と「力」というものを強く考えさせられる作品でした。ランにはランの、しんのすけにはしんのすけの、マサオにはマサオの正義がキチンと示唆させている。そのどれもが間違っていないけど普遍的ではなく、特にランが持つ正義が最も普遍的でないという描き方をした上で、最終奥義という力をランに与えると暴走する展開は、「強さってなんだ?」と思わすにはいられませんでした。結局一時的には、ランは悪役以上の悪人になってしまい街中の人から避けられて孤独になってしまう。こんな「きれいなおねいさん」を救いたいというしんのすけの下心の方が正しいのではないか、と思って方は多いでしょう。
そしてその影でマサオがキッチリと自分の「正義」を演じます。「強くなりたい」という一新でカンフーを習ったのも彼の正義だし、それで一時は確かに他の「かすかべ防衛隊」メンバーよりは強くなっていました。ところがしんのすけを中心に他のメンバーの方が才能があり、自分が取り残されるというかたちで挫折を演じ、最終的にはマサオが「強さ」ではない「自分らしさ」演じる展開は「正義は優しい心を持つこと」というひとつの現実をこの映画を観る者に強く突きつけたと思う。
こういう「テーマ」面ではメッセージ性が高く、とても良質の作品だと感じました。

今回はヒロインのランを演じたのは、あの藩恵子さんの娘さんの藩めぐみさんだ。実は昨日、久々に「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙編」のDVDをみて、ララァ・スン少尉の名演を見直したばかりだったのでちょっと因縁を感じました。我々の世代におなじみの役者さんと言えば、中華街のおばさん役は声を聞けばすぐ解る片岡富枝さんだった(この人、全然声変わらないのが凄い)。「ぷにぷに拳」師匠役の関根勤さんもノリノリの演技だったけど、あんなに何度も「パンツ丸見え」をさせられて驚いただろうな、後半は台詞がアレしかなかったし…。


今週末は自治会のお仕事が忙しくて、仕事を休んでまでの対応です。さすがに防犯協会の総会は欠席するわけには行かないからなー。
忙しいけど、頑張りまっす。






Last updated  2018.05.09 15:32:59
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.20
カテゴリ:はいじまの日常
…ホントはこないだの日曜日の予定でしたが、雨だったために本日に延期しました。行った先は奥多摩の入り口にある「高水三山」、詳しくは​山行き記録​に載せてますのでご覧ください。3月頃から山へは行きたかったんですが、今年は花粉症が酷くて「ちょっとムリ」が続いていて、4月も半ばになってやっと花粉症が落ち着いたので山へ行ってきたって訳です。
今回は愛車を青梅市内に停めて、青梅から青梅線で登山口最寄り駅へアクセスするパターンとしました。平日の青梅から先の青梅線はガラガラで、短いながらも久々に鉄道の「旅」を満喫しちゃいました。
帰りは青梅の街を少し歩いて、「あのひと」にお土産を買い求めました。青梅ってスイーツ系のお土産に乏しいなぁ、甘い茶菓子は和菓子ばかりでなんかパッとしない。それでも女性受けしそうなご当地スイーツはちゃんとあるものでホッとしました…小さいけど高かったんだぞーって、本人が見てない(と思う)から言える話。

でも良く考えたら、来年はもう大型連休なんですよね。前の仕事の時は何連休だとかいって、東北旅行のことばかり考えていましたが、今の仕事は土日祝日関係ないので普通の日々が続くだけです。去年は1日休みを取ってなんとか1泊旅行をしましたが、今年は自治会のお仕事とかもあってちょっと無理そうです。今の季節の東北、サイコーなんだけどなー。

自治会のお仕事のために勤務調整したら、明日から来週の土曜日まで全く休み無しです。ひえーっ…勤務日変更したおかげで「あのひと」に逢える日数も減っているし、でも頑張りまっす。






Last updated  2018.04.20 19:17:23
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.23
カテゴリ:はいじまの日常
…今日、仕事の後にいつものように「あのひと」と談笑してた。
 そしたら、普段はあまり顔を追わせない先輩が「お前達仲良いなぁ、いつからデキてるんだ?」と聞いてきた。
 私が口を開くより先に、彼女が即答した。

 「えー、デキてないですよ」

 私、ちょっと涙目。

 でも先輩が「でも仲良いんだろ?」と聞き直すと、「そうですね」と彼女が答えたのが救いかな。

 私がなんて答えようとしたのかは、胸にしまっておきます。


 親切な別の先輩が教えてくれたのだけど、なんか職場では私、彼女を家まで追いかけ回しているストーカーとの噂が流れているんだとか。そんなことしてないのに…






Last updated  2018.02.23 15:36:37
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.21
カテゴリ:はいじまの日常
…私はカップ焼きそばが大好きです、子供の頃にペヤングを食べてからずっと機会があれば食べています。日清のUFOも良いけど、やっぱりカップ焼きそばと言えばペヤングだと思います。でもペヤングは安売りしてないのと、「大盛り」がないのが欠点ですね。「倍盛り」ならありますが、あれは量が多すぎて食べきれない上に、食べているうちに段々味を感じなくなるんでパスしています。カップ焼きそばを沢山食べたいときは、近所のショッピングモールのスーパーで100円位で売ってる安いのにしちゃいますね。
 カップ焼きそばの思い出と言えば、娘が11歳の誕生日の時に「今日は誕生日だから、夕飯に何でも好きなもの食べさせてやる、何にする?」と聞いたら、返ってきた言葉が「じゃあ、ペヤングの焼きそばがいい」で大笑いしました。約束通り、本当にその日の晩ご飯はペヤングになりました。
 それはともかく、お湯を沸かしたらまずふたを半分だけ開けます。すると中に乾いた麺が入っていますが、それとは別に袋入りの「ソース」と「かやく」、それにものによっては「ふりかけ」の袋も入っていますのでこれを出しておきます。そして「かやく」は麺の上に出して、前述したお湯を入れたら蓋をして3分待ちます。
 「あのひと」との関係は相変わらずで、やっぱり前進も後退もしません。そして相変わらず仕事の後に「あのひと」と語らう時間が楽しいですし、「あのひと」の方でもそう感じてくれているようです。お正月が開けて最初に会った時、ちょっと照れた表情で「これ…お年賀です」と彼女からプレゼントを戴いたのが今年最初の良いことでしたね。中を見てみると銘菓「ひよ子」の賀正バージョンで、「このひと、俺のセンスを解ってらっしゃる」なんて思ったりしたもんでした。
 そんなことを考えていると3分経ちます。3分経ったところで蓋の開けた側と反対側に「湯切り口」があるので、こちらを開けてここから中の湯を捨てます。昔のペヤングは蓋と箱の隙間から湯を捨てるようになっていて、これでたまに蓋が外れて中の麺を流しに流してしまうことがあったのが懐かしいです。湯を捨てるときシンクが「ボコッ」とも言える音を出すのが良い感じです。
 そして湯を捨てたら「ソース」を麺の上にかけて、よくかき回します。最後に「ふりかけ」を麺の上に振って出来上がり。美味しく食べたら、箱や蓋、それに「かやく」「ソース」「ふりかけ」の袋を住んでいる自治体のルールに従って分別しておいて、後日ゴミの日になったら出しましょう。

 なんでこんなことを書いたか。
 去年の夏に読んだこの本​の続編で​こんな本​が出てきて、読んでみたら面白かったからです。

 明日は雪予報…仕事はどうなることやら。どのくらい積もるかは、当日になって見ないと解らないのが関東平野の雪だから…積もらないことを願いましょう。






Last updated  2018.01.21 19:22:26
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.01
カテゴリ:はいじまの日常
新年、あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。






Last updated  2018.01.01 05:03:12
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.24
カテゴリ:はいじまの日常
今年もクリスマスイヴはおしごと。
いつものように、お仕事の合間にコンビニのイートインで侘しいディナータイム。
でも、ひとつ救いがあるのは、「あのひと」も今夜は同じお仕事をしていることかな。どこの誰かわからないひとと楽しんでいるのでなくて…。
今夜はいそがしいので、一年間の感謝を込めたクリスマスプレゼントは、昨日渡しました。
めりーくりすます!






Last updated  2017.12.24 18:25:40
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.29
カテゴリ:はいじまの日常
…今日は前勤めていた会社に呼び出されて、そちらの仕事を1日だけしていました。今日は小春日和で暖かで、外の仕事は気持ちよかったです。やっぱりひとつの会社に20年以上勤めていると、どうしても引き継ぎが出来ない仕事って残るもので…良いアルバイトです。

 そのため本職の方は昨日から休みを取っていましたが、その昨日は近所の総合病院へ行っていました。会社の健康診断に引っかかって精密検査を受けに行ったのです。以前一度だけ「腸が疑われる」ということで引っかかったことがありましたが、あの時は直腸検診だけで済んだんだけど…今回は大腸の内視鏡検査ってことになりました。臼井儀人先生風に平たく言えば「しりの穴にカメラを突っ込んで中を見る」って言ったところですね(お下品で済みません)。自分の大腸の中、初めて見ましたよ…検査中は良いんです、お腹の中をカメラが動いていく感触がきもちわるい以外はなんともないんです、痛くもないしかゆくもない。でも検査前が辛かった、下剤を飲んで腹の中の物を全部無理矢理出して、腸を洗浄する薬を2リットル飲んで、それも直後に出して…あの時だけは自分が人間扱いされてないような気がした。
 正式な検査結果は1週間後なのですが、もう先生からは「これは何もありませんね」と言われていて一安心。でも来週、もう一回病院行って検査結果もらわないと、仕事させてもらえなくなるので…。

 サイトの方の更新がなかなか作れません。ひとつは先月半ばから仕事のシフトが変わって、仕事の日は家を朝の10時頃に出て、翌日10時過ぎに帰宅する生活になったからなぁ。そこから一眠りするともう夕方です。ですがそれ以前のように仕事の日は朝早くなくなった(以前は朝6時に家を出ていましたから)ので、休みの日は有効的に使えるようになりました。山へも行きやすくなったし、自治会行事も手伝いやすくなって…12月の休みは久々の「撮り鉄」を計画しています。
 あ、山行き記録は11月10日に更新があります。今年の「御巣鷹の尾根」慰霊登山でしたが、今回は初めて事故機が墜落直前に右主翼を擦った「U字溝」へ登ってみました。登山道のないいわゆる「バリエーションルート」の登山なので、かなりの緊張感を持っての登山でしたが、道案内のリボンがキチンと整備されていて踏み跡もあったので、無事に行って帰ってこられました…もちろん、これ以外に登山道のないところの登山は今はする予定はありません。

 大相撲の方が暴力事件で大変な事になっていますね。日馬富士関がこんなかたちで引退とは残念ですが、格闘技で生業を立てている人がその腕で人を傷つけてしまったのだから仕方ありません。大相撲関係者はこんなつまらないことで力士が引退などという愚行が繰り返されぬよう、しっかりと力士を指導して欲しいですね。

 今日は小春日和でしたが、明日からまた冷えるようですね。
 寒いけど、頑張りまっす。






Last updated  2017.11.29 19:31:56
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.10
カテゴリ:はいじまの日常
…やっと毎年秋恒例の荒船山慰霊登山をしてきました。紅葉が始まった西上州の山々、その一角にそびえる巨大な断崖絶壁が荒船山…あの史上最強のギャグ漫画家・臼井儀人先生が永眠るあの山です。今年も艫岩の上に立って、これまで私を最も笑わせた偉大な漫画家に手を合わせてきました。
 ​山行き記録​をご覧になっている方はお分かり頂けたと思いますが、実はこの山行きは本来は10月5日に実行予定で、実際に愛車に乗って麓の下仁田まで行っています。ですが往路で利用した関越道が事故で大渋滞、鶴ヶ島から藤岡まで2時間以上掛かるという予想外の展開で下仁田到着が大幅に遅れて荒船へ登る時間が無くなってしまい、代替案として荒船風穴を見に行ったのです。今日はそのリベンジでした。
 さらに言うと、荒船登山は一昨年以前と同様に9月実施で計画していたのですが、私の仕事休みの日が雨などの悪天候続きで、ずっと延び延びになっていたんですよね。
 毎年恒例の荒船慰霊登山をきっかけに、秋山登山のシーズンインという訳です。今年はまだ「御巣鷹の尾根」へも行ってないし、ちょっと足を伸ばして山梨方面へも行ってみたいですね。
 あ、もちろん「あのひと」にお土産買いました。でも下仁田の「道の駅」が改装工事で休業中、ふたつ隣町の甘楽町の「道の駅」まで行きました。こんなかたちで、帰りはキチンと「旅」を満喫していたんですよね。

 明日からまたお仕事です。土曜日は自治会のお仕事があったりして、またちょっと忙しくなります。でも頑張りまっす。






Last updated  2017.10.10 20:50:56
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.23
カテゴリ:はいじまの日常
…えっと、確かここって季節毎に4番まで校歌があるんだよね?

 今年の夏の甲子園は、埼玉県代表の花咲徳栄高校。私が住むすぐ隣の埼玉県勢が初優勝! やっと「彩の国に深紅の大優勝旗」が叶ったわけです。すぐ隣の東京多摩から心より祝福申し上げます、おめでとうございます。
 そして準優勝の広陵高校は、強打者である中村君の活躍を中心にこの大会を盛り上げてくれたと思います。もちろん野球は彼1人でやっているわけではありません、彼の大活躍の裏にはチームの仲間たちや彼を指導した先人たちの力が大きかったはずです。

 今年の高校野球はとにかく長打で打撃戦になった試合が印象に残りました。ホームランの数が史上最多というだけでなく、個人のホームラン数記録の更新、代打満塁ホームラン(甲子園初)、1試合2満塁ホームラン(夏の大会初)などホームランにまつわる記録が多かったのは本当に印象的です。
 そんな展開の大会だったのに、決勝戦は一転して花咲徳栄の「繋ぎの野球」が印象的な試合になりましたね。ホームランが連発するような派手な展開ではなく、地道に出塁や進塁をして次の選手に繋ぐ野球で14点重ねた花咲徳栄の「強さ」を感じました。

 こうして「甲子園」が終わると、夏の終わりを強く感じますね。
 でもまだまだ暑い日が続くので、身体に気をつけましょう!






Last updated  2017.08.23 17:11:31
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.06
カテゴリ:はいじまの日常
…ニュースで福岡や大分の豪雨被害を見て、背筋に冷たいものが走りました。
 いったいどれだけの雨がふれば、あんな事になっちゃうんだろう…街の中に誰かが散らかしたように散乱する流木、街を埋め尽くす泥、流された鉄道の橋梁、里を飲み込んだ土砂崩れが原因の堰止め湖…。
 また自然が人々に非常の鉄槌を下した悲劇を、はるか東京で見ていることしか出来ない自分が情けなくもなります。

 この水害はまだ被害の全容が見えていないようです。亡くなった方がもっと増えるのか、行方不明の人がどれだけ増えるのか…考えただけでまた背筋に冷たいものが走ります。

 いまはこれらの被害が拡大しないことを祈るしか出来ません。

 まずは雨が上がって、人々が安心できる時が早く来ることを祈ります。






Last updated  2017.07.06 19:49:45
コメント(0) | コメントを書く

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.