4117225 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

街 変貌する表情 … New! マックス爺さん

希望の灯り★バックヤ… New! 天地 はるなさん

雨降りの休日 New! abi.abiさん

イ・ボンウォンのチ… New! はんらさん

「蜻蛉(かげろう)日… New! Photo USMさん

カレンダー

「再出発日記」バナー
(abi.abiさんより頂きました)
           ようこそいらっしゃいました
この日記は、書評、映画評、平和論、考古学、旅の記録等何でもありの「ごった煮」日記です。
別にここは議論をするためのプログではありませんが、異論反論は歓迎いたします。
ただ私が「信頼して議論できる相手ではない」と判断した場合にはスルーさせてもらうことがあります。
もちろん、私がコメントしたりTBを送らせて貰った相手は無条件で異論反論に付き合わせてもらいます。(自分の家に招待して相手をしないなんて失礼ですものね)
この方針は私の私生活の時間の確保のためです。
あしからずご了承ください。
なお、誹謗中傷、迷惑のコメント・TBは削除させてもらいます。



九条を守ろう!プロガーズ・リンク


Under the Sunに行こう
2019年05月21日
XML
テーマ:本日の1冊


「インソムニア」辻寛之 光文社
現実の南スーダン自衛隊PKO日報隠微問題では、結局担当防衛大臣や防衛省幹部の首が飛んだだけで、具体的な「戦闘」があったのかどうかは、闇に葬られた。世論を受けて早く撤退したおかげか、犠牲者も出なかった。よって、改定された自衛隊法は一切手をつけられなかった。
ところが、今年の冬、南ナイルランドという架空の国で、具体的な自衛隊PKOの「駆けつけ警護」任務で、「戦闘」が起き、犠牲者が出たという事件が発端の社会派ミステリーが上梓された、と聞いて本書を紐解いた。小説上では、当然政府は「戦闘」は無く「事件」であると報告を「改竄」しているが、次第と真相が明らかになって行く、というのが本書のストーリーである。
物語を動かすために作者は、自衛隊の外の人間はほとんど出さなかった。ジャーナリストや政治家は、少ししか出てこない。その代わり、生き残りの隊員を治療するメンタリストや精神科医などを配置し、一章ごとに生き残った隊員たちが新たな真相を語るという「羅生門」方式を採る。小説だから描ける個々の人間心理に迫った真実を、社会的な視点から描きたくはなかったのだろう。それは、判る。ただ、真相らしきものを玉ねぎの皮をはがすように何度も塗りかえる途中で、最終章では、この本を書いた意図が向こうに行ったのではないか?と危惧を覚えた。
最終章の直前の、メンタリストの神谷が最後に選ぶ道の場面で終わらせて欲しかった。その方が、真の国際貢献の姿、現代の国際情勢では「駆けつけ警護」任務は無理があることを鮮明に出せたと思う。人間ドラマを出してもいいけど、私は「アレ」は作り過ぎだと思う。






最終更新日  2019年05月21日 23時41分13秒
コメント(0) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:帰ってきました「京都の路地裏」(04/24) まろ0301さんへ 京都も奈良も千年以上の都…
まろ0301@ Re:帰ってきました「京都の路地裏」(04/24)  私はいまのところ、「京都へ行くぐらい…
KUMA0504@ Re[1]:元号について(04/03) 七詩さんへ 「天皇が決めるから元号だ」と…
七詩@ Re:元号について(04/03) 元号は皇帝あるいは天皇が決めるから元号…
KUMA0504@ Re[1]:400万アクセスありがとうございます!(03/09) 象さん123さんへ ありがとうございます…
象さん123@ Re:400万アクセスありがとうございます!(03/09) 400万ですか、桁が違いますね。 楽しみに…
KUMA0504@ Re[1]:「高倉健・藤純子の任侠映画と日本情念」(02/20) 鎌倉の風さんへ 初めまして。 なんと7年も…
鎌倉の風@ Re:「高倉健・藤純子の任侠映画と日本情念」(02/20) かれこれ7年ほど、週2回の割で「再出発日…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.