5142000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

トランプさん、本格… New! lalameansさん

ステイホーム再び? New! 七詩さん

料理・食文化のイン… New! Mドングリさん

虎が下りてくる? New! はんらさん

奇跡の日 New! マックス爺さん

カレンダー

2005年07月07日
XML
カテゴリ:万葉集
大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立ち立つ 海原は かまめ立ち立つ うまし国そ 蜻蛉島 大和の国は 
                            (舒明天皇)

島根県に田和山という小高い山がある。病院を作ろうとしたら,三重の環濠が見つかり,弥生時代後半の祭祀上神聖な山だったに違いないと言うことになり,住民運動の結果保存が決ったところである。この山について、幾人かの考古学者が「国見」の場所だったに違いないと言っていた。--つまり「国見」とは単に,思いつきで裏山に登って,煙が立っているからわが国は豊かだなあ,と「感じた」だけの話ではないのである。れっきとした国家行事だったのだ。つまりこの歌は正式な国家文章だったのである。国家文章だから実際香具山から見えるはずもない,「海原」も言葉になるだろう。政治家の言葉はいつもそのまま受け取ってはいけない。そういう時登る山は思いつきの山ではない。平野にぽつんと盛り上がる小高い山,「かむなび」(聖なる)山である。「あきづ島」も面白い表現だ。銅鐸にもよく蜻蛉の絵が描かれている。豊作の象徴だったのだろう。






最終更新日  2005年07月07日 18時21分52秒
コメント(2) | コメントを書く
[万葉集] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


蜻蛉   はなあら さん
 今年はまだ飛んでないです。やはり7月末なのかな?あの真っ黒いゆっくりした蜻蛉。トンボ。少年時代から続く我が家の風景です。なんという名前のトンボなんでしょう?今年も姿を見せてくれることを願いながら・・・ (2005年07月08日 05時05分28秒)

「島」?   KUMA0504 さん
黒いトンボですか。オニヤンマかな(^^;)
今気がついたけど、「蜻蛉島」なぜ大和を「島」というのでしょうか。あの国は周囲全て山のはず。日本が島国だという認識はこの当時からあったのでしょうか。東北はいざ知らず、西日本全体の地図をおぼろげながらも思い浮かべることが出来ていたのでしょうか。海のルートは確かに三つのルートが確立していたみたいです。山陰ルート、瀬戸内ルート、四国和歌山ルート。そのことから島国だという認識が出来ていたのだとすると、古代人侮り難しですね。 (2005年07月08日 09時29分55秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「京都大学の歴史」に見る学問の自治と自由(11/27) New! ダンジャさんへ 今までも、伝統的に登っ…
ダンジャ@ Re:「京都大学の歴史」に見る学問の自治と自由(11/27) New! 数年前まで、学祭のときには時計台での学…
KUMA0504@ Re[1]:2020年10月に観た映画B(11/18) はんらさんへ コメントありがとうございま…
はんら@ Re:2020年10月に観た映画B(11/18) 「82年生まれ、キム・ジヨン」は私も見ま…
KUMA0504@ Re[1]:庶民文化史から見た「梁塵秘抄」(11/14) 七詩さんへ 五木寛之「親鸞」では、親鸞の…
七詩@ Re:庶民文化史から見た「梁塵秘抄」(11/14) なるほど、平家物語には仏御前とか千手前…
KUMA0504@ Re[1]:2020年11月京都旅3-3(11/13) ダンジャさんへ ありがとうございます。 …
ダンジャ@ すごい 友人とも話しますが。。。 私らより、他所…
KUMA0504@ Re[1]:2020年11月京都旅2-2(11/10) ダンジャさんへ その幼稚園となりのヴィア…
ダンジャ@ 芸術センター 以前、住んでた学区です。 芸術センター向…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.