5143232 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『ツキノワグマのす… New! Mドングリさん

ホンホタテと黄金ホ… New! はんらさん

11月のおしゃれ手紙★… New! 天地 はるなさん

初電話鳴る New! マックス爺さん

週刊 読書案内 水… New! シマクマ君さん

カレンダー

2005年07月15日
XML
カテゴリ:万葉集
秋の田の 穂向きの寄れる 片寄りに 君に寄りなな 言痛ありとも
(但馬皇女)


最後の一言が活きている。人に噂されようとも、つまり「こちたくありとも」といってか弱い女性が一人の女として生まれた一瞬を残している。
しかも前書きを見ると「但馬皇女の高市皇子の宮に在りし時に、穂積皇子を思ひてつくりたまひし歌」とある。こういうことを国選歌集に入れるのもどうかと思うが、現代ならワイドショーが飛びつきそうな話題だ。ただし、詳しいことは分からない。






最終更新日  2005年07月16日 02時49分27秒
コメント(2) | コメントを書く
[万葉集] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


但馬皇女   とこおとめ さん
その通り現代ならワイドショーが飛びつきますよね。でも一途に思いを寄せている但馬の情感が伝わってきます。(穂積はいい印象がないけど)万葉集って不思議です。1300年以上歌いつがれているのですから。私は万葉集の1期~2期の作品が特に好きです。kumaさんは幅広い時代に精通してますね。 (2007年01月09日 20時29分26秒)

Re:但馬皇女(07/15)   KUMA0504 さん
とこおとめさん
こんなところに来ていただいてありがとうございます。万葉集はもう一年半も書いていません。いろんなことに好奇心がありすぎるんですね。
今、連歌をしています!
気楽にひと歌残していってやってくださいな。 (2007年01月09日 22時34分20秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「京都大学の歴史」に見る学問の自治と自由(11/27) ダンジャさんへ 今までも、伝統的に登っ…
ダンジャ@ Re:「京都大学の歴史」に見る学問の自治と自由(11/27) 数年前まで、学祭のときには時計台での学…
KUMA0504@ Re[1]:2020年10月に観た映画B(11/18) はんらさんへ コメントありがとうございま…
はんら@ Re:2020年10月に観た映画B(11/18) 「82年生まれ、キム・ジヨン」は私も見ま…
KUMA0504@ Re[1]:庶民文化史から見た「梁塵秘抄」(11/14) 七詩さんへ 五木寛之「親鸞」では、親鸞の…
七詩@ Re:庶民文化史から見た「梁塵秘抄」(11/14) なるほど、平家物語には仏御前とか千手前…
KUMA0504@ Re[1]:2020年11月京都旅3-3(11/13) ダンジャさんへ ありがとうございます。 …
ダンジャ@ すごい 友人とも話しますが。。。 私らより、他所…
KUMA0504@ Re[1]:2020年11月京都旅2-2(11/10) ダンジャさんへ その幼稚園となりのヴィア…
ダンジャ@ 芸術センター 以前、住んでた学区です。 芸術センター向…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.