5141876 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ステイホーム再び? New! 七詩さん

秀才は天才が憎い New! lalameansさん

料理・食文化のイン… New! Mドングリさん

虎が下りてくる? New! はんらさん

奇跡の日 New! マックス爺さん

カレンダー

2006年08月03日
XML
つくづく朝日の論説委員はクズだ。
8月3日の社説「社会保障 これ以上削れるのか 」を読んで、いくらなんでも「一組織としての朝日新聞社にジャーナリズム精神はもはやない」としか思えなくなった。朝日が31日に偽装請負を一面トップで報道し、そのあと3日続けて一面トップで報道し続けている姿勢は評価している。それはこの新聞社の社会部の片隅に生き残るわずかな『良心』なのかもしれない。

だから少しは見直して今日は久しぶりに社説でも読んでみようかという気になったのだが、結局「一組織としての朝日新聞社」はつねに顔は政府と大企業に向いているのであって、回りまわって自分の保身のことのみ考えているのだ、としか思えなくなった。社説を読んでみる。

「年金や医療、介護などの社会保障は頼りにできるのか。政府が決めた「骨太の方針」を読んで心配になった。」
この問題意識は真っ当だろう。中学生レベルであるが。

「例えば、年金だ。政府・与党は04年の改革で負担を増やし給付を切り下げることを決め、「100年は安心」と胸を張った。しかし、出生率の低下は予想を超え、現役世代の年収の5割の年金を保証する想定が早くも危うくなっている。
 医療では、医師不足が深刻になってきた。医療費を抑える政策が続いた結果、病院の医師の勤務が厳しくなり、開業医に流れることが、一因になっている。
 介護では、療養病床の廃止が不安を呼んでいる。引き取り手がいない高齢者の最後の受け皿をなくせば、「介護難民」が出るのではないかというのだ。
 いずれも必要な改革ではあるが、年金や医療、介護を受ける側からすれば、厳しいものだ。削り方が足りない、もっと削れとなると、公的な給付やサービスはいっそう縮む。民間の保険などに頼らざるをえなくなる。それでは、だれもが安心して暮らせる社会とは言えまい。 」

「民間の保険などに頼らざるをえなくなる」ようにさせるためにこそ、『骨太の方針』の趣旨があるのであるが、そこには気がついていないフリをする。或いは本当に気がついていない。ありえることだ。

「高齢化に伴って財源が確保できないのなら、給付やサービスをカットするのではなく、まず公共事業や行政のムダを省くことでまかなうべきだ。それでもむずかしいのなら、保険料を引き上げたり、福祉目的で消費税率を引き上げたりするのもやむをえまい。」
一般常識のあるものなら、この一文は前半こそに力点があるのだろうと勘違いするだろう。タイトルは『これ以上削るのか』なのだからなおさらだ。私もそう思った。ところがこの一文に続けて社説はこういう。

「小泉首相は国民の負担を増やすことには踏み込まなかった。しかし、次の首相を担おうという人は、負担増を含めて社会保障の全体像を語るべきだ。」
私は誤植なのかと思った。しかし書き間違いでは当然ない。この論説委員は「国民よ、保険料と消費税の値上げを認めよ」と言っているのである。

なにが「小泉首相は国民の負担を増やすことには踏み込まなかった」だ。最新の『国民生活基礎調査』(厚生労働省06年6月28日)によれば、56%の世帯がいまの生活を『苦しい』と回答していて、86年調査以来最高値を記録している。一世帯あたり平均所得額はこの10年間で12%も減っている。それで税金の支出をもっと増やせ、というのか。

「次の首相を担おうという人」は『アメリカへ』もとい『美しい国へ』という書の中で、朝日の社説に呼応するかのように、こう書いている。少し長いが、この人がいかに「やわらかい言い方」で「冷酷なことを言う」のかを実感してもらいたいので大幅に引用する。

「国は、そのときの豊かさに応じた社会保障の仕組みをつくる。血のかよったあたたかい福祉をおこなうのが、行政サービスの基本であることはいうまでもないが、身の丈に遇わない大盤振る舞いはできないし、また、してはならない。なぜなら、給付の財源は、国民から徴収した税金と保険料だからである。」(P.167)

「年金というのは、ざっくりいってしまうと、集めたお金を貯めて配るというシステムだ。だから加入しているみんなが「破綻させない」という意思さえ持てば、年金は破綻しないのだ。」(P.186)

「社会保障とは、端的にいえば、人生のリスクに対してセーフティネットがはられているかどうか、ということにつきる。
 リスクの一つは病気である。もう一つは、年を取って引退した後の生活。それから介護が必要になったとき。これは、自分が介護してもらう場合もあるし、しなければいけない場合もある。
 また、障害をもつこともあるし、最初からハンディキャップをもって生まれてくる場合もあるだろう。
 セーフティネットはこういう人たちのためにしっかりと張られていることが大切だ。
 この仕組みは国家の責任においてつくらなければならない。それは国への信頼となり、全ての国民がチャレンジすることを可能にする。その財源が税金と保険料である。
 保険料を払うのも国民、給付を受けるのも国民だから、負担と給付は、決して法外な水準にはならない。たとえば国民年金の場合は、月額にして6万6000円程度の給付だから、生活費に当てようとすると、たしかにささやかな金額である。そこで成り立っている合意は、最低限、生活に困らないための額である。
 政府が保証する「最低限度の生活」はそこまでで、それにあと何をプラスするかは個人の選択に任されている。サラリーマンの場合は、その上に二階部分、つまり厚生年金が乗っている。企業によってはさらに三階部分として厚生年金基金が乗っている。また確定給付年金や確定拠出年金が乗っている場合もあるだろうし、あるいは民間の保険会社の保険や、他の金融商品で老後の備えをする人もいるだろう。」
(P.195)

税金と保険は身の丈にあわせて負担の値上げもするし、給付の抑制もするといっているのである。6,6000円は果たして「最低限、生活に困らないための」額だろうか。一度でいいから、半月だけでも最低賃金で生活してみてほしい。(私はやった)なんて空想的なことを言っているのか、身に沁みて分かるだろう。こんな生活観で「全ての国民がチャレンジすることを可能にする」社会になるというのか。

国内に「難民」があふれ出ることだろう。

難民から逃れようと、多くの国民は望むと望まざるとにかかわらず、「民間の保険会社の保険」や「他の金融商品」で「老後の備え」をするだろう。このレポートを読んで美国の指導者は「この男は一時期ナショナリストなので反米なのではないだろうか、という噂が立ったことがあるが、きちんと我々のポチになるじゃあないか」と闇の哄笑をしていることだろう。






最終更新日  2006年08月04日 00時20分45秒
コメント(9) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:日本の社会保障を美国に売る人たち(08/03)   薔薇豪城 さん
 社会保障は保険と根本的に違う、国の責任としてやるべきだ、となぜいえないんでしょうかね。今や読者ではなくて永田町の方を正面から向いているんですね。どうしたんでしょうか? (2006年08月04日 10時10分31秒)

ご丁寧にありがとうございます   BLOG BLUES さん
プロバイダーにまでわざわざお問い合わせ頂いた上、結果報告まで頂戴し、恐縮しております。システム間の相性だと思います。残念ですが仕方ありませんね。ところで、朝日の社説ですが。論説委員は言うまでもなく高額所得者であり、累進課税緩和の恩恵を蒙っているのでしょう。資産運用なんかも抜かりがなくて、一律10%の分離課税でウハウハなのかも知れん。貴様それでもジャーナリストか!と痛罵を投げ掛けたい。食うや食わずの貧乏人なら、自分の欲得で動くのも仕様のない話ですが。痩せても枯れても戦後日本の民主主義をリードして来た朝日でしょうに。進歩的文化エリートの看板が泣こうというもんです。ソッコー、毎日なり東京新聞に切り替えて、懲らしめてやりましょう。僕はもう、昔っから朝日が大ッ嫌い。

(2006年08月04日 12時58分27秒)

TB Pingが送れませんでした。   美爾依 さん
AbEndにTBありがとうございました。
こちらからもTBしたのですが、FC2と楽天は相性が悪いらしく届いていませんね。こちらは承認制じゃないですよね。 (2006年08月04日 18時12分56秒)

朝日新聞って   ももたろうサブライ さん
 かつては「政治改革」の名の下に小選挙区制を後押しし、この前は「小泉改革」の本丸である郵政民営化の旗振りをしたのが朝日新聞ですから、その本質は明らかです。
 ひょっとしたら「改革」という言葉に弱いだけかも知れませんが。 (2006年08月04日 22時32分48秒)

コメントありがとうございました。   KUMA0504 さん
>薔薇豪城さん
>社会保障は保険と根本的に違う、国の責任としてやるべきだ、となぜいえないんでしょうかね

「ルポ改憲潮流」の若宮主幹のインタビューを読んで思ったことなのですが、現実に流されている保守層に朝日新聞も流されているのではないかと思います。つまり現状追認なわけです。

>BLOG BLUESさん
> 痩せても枯れても戦後日本の民主主義をリードして来た朝日でしょうに。進歩的文化エリートの看板が泣こうというもんです。ソッコー、毎日なり東京新聞に切り替えて、懲らしめてやりましょう。僕はもう、昔っから朝日が大ッ嫌い。

「痩せても枯れても」だから私はまだ朝日にこだわっていこうと思っています。毎日でも同じことだと思うし。ただ、東京が読めるのならソッコー切り替えますが。

>美爾依さん
ごめんなさい。どうも相性の問題らしいのです。

>ももたろうサブライさん
そのことはきちんと覚えておかなければいけませんよね。
朝日だけではなくて、「美しい国へ」もホントばかげたことを書いています。 (2006年08月05日 01時17分16秒)

Re:日本の社会保障を美国に売る人たち(08/03)   ヨーコ1015 さん
はじめまして。というか薔薇さんちではいつもお会いしてますね。うちも朝日なんですが「???」と思うこと多いですね。先日若宮さんって方の写真載ってましたけどお若いんでびっくりしてしまいました。それでどうだって言うわけじゃないんですが(笑)。 (2006年08月06日 00時40分48秒)

Re[1]:日本の社会保障を美国に売る人たち(08/03)   KUMA0504 さん
ヨーコ1015さん
こんにちは。はじめまして。
薔薇豪城さんのコメントに、割り込ませてもらって失礼しました。彼女の文章は楽天内だけで読まれるのは惜しいと思うのですが、いかんせん、TBの仕方が分からないんですよね。残念です。

若宮さん若いんですか~。
やはりエリート畑をずーと歩いてきたのかなあ。 (2006年08月06日 12時19分18秒)

マスメディア関連をTBさせていただきます   harayosi-2 さん
 マスメディア関連を、いくつかTBさせていただきます。
 もうだめだなーと思いつつ、朝日を読んでいます。 (2006年08月10日 00時48分56秒)

Re:マスメディア関連をTBさせていただきます(08/03)   KUMA0504 さん
harayosi-2さん
TBありがとうございました。
私も思うところを三つTBを返させてもらいました。

うちでも東京新聞を取ることができたら、すぐ切り替えるのに。 (2006年08月10日 06時27分16秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「京都大学の歴史」に見る学問の自治と自由(11/27) New! ダンジャさんへ 今までも、伝統的に登っ…
ダンジャ@ Re:「京都大学の歴史」に見る学問の自治と自由(11/27) New! 数年前まで、学祭のときには時計台での学…
KUMA0504@ Re[1]:2020年10月に観た映画B(11/18) はんらさんへ コメントありがとうございま…
はんら@ Re:2020年10月に観た映画B(11/18) 「82年生まれ、キム・ジヨン」は私も見ま…
KUMA0504@ Re[1]:庶民文化史から見た「梁塵秘抄」(11/14) 七詩さんへ 五木寛之「親鸞」では、親鸞の…
七詩@ Re:庶民文化史から見た「梁塵秘抄」(11/14) なるほど、平家物語には仏御前とか千手前…
KUMA0504@ Re[1]:2020年11月京都旅3-3(11/13) ダンジャさんへ ありがとうございます。 …
ダンジャ@ すごい 友人とも話しますが。。。 私らより、他所…
KUMA0504@ Re[1]:2020年11月京都旅2-2(11/10) ダンジャさんへ その幼稚園となりのヴィア…
ダンジャ@ 芸術センター 以前、住んでた学区です。 芸術センター向…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.