4320137 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

タマネギ男? New! はんらさん

『妖しい関係』2 New! Mドングリさん

作並街道風景 その2 New! マックス爺さん

ロケットマン★エルト… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2006年08月15日
XML
無言館の戦没画学生には、フィリピン・ルソン島で戦死している学生が少なからずいる。たとえば山之井龍郎「昭和16年に出征し、シンガポール、サイゴンなどを転戦したのち、一時帰国するが、すぐに再び出征、20年5月フィリピンルソン島で24歳で戦死」。日本の自然や可憐な少女を描き、人一倍「美しさ」を感じ取ることの出来た精神が、ルソン島の中でどんな地獄を見たのか、どのように精神が変容していったのか、わたしは大岡昇平の「野火」を読みながら、さまざまな若い命のことを考えていた。
野火

お盆なので墓参りにいった。山の上の墓場に行くと、墓地の一等地にずらりと墓石のてっぺんが尖がっている墓が並んでいる。全て「名誉の戦死」をした人たちの墓である。当時の政府から多額の慰霊金が出るのでこのような墓になっているのだと知ったのはつい最近のことだ。
V6010019.JPG
そこに私の母の兄の墓もある。母はそのとき、13歳だった。もう一人の兄も戦地にいる。家事の一切と畑仕事をするのは、母の仕事だ。幼い妹を叱り、病弱の父と母を助け、病気がちの身体に鞭をうって、朝から晩まで働いていた。そのとき兄の戦死の報が届けられる。「昭和20年8月23日ビルマにおいて没する」墓にはそう記してある。「本当に賢いお兄さんだった。優しくて……」いつだったか、そのような母のつぶやきを聞いた気がする。母の兄がどのような死に方をしたのか、とうとう母からは聞かず仕舞いだった。戦後、父親はショックのせいか、すぐ死に、もう一人の兄がシベリアから帰ってくるのは、ずいぶんと後のことになった。その母も17年前56歳で死に、シベリア帰還の叔父も今年の6月に亡くなった。

戦争とはなんだったのか、それを考えることの出来る記録文学、評論、映画、ドキュメンタリーは幸いなことに多数ある。けれども、数の問題ではない。何かが足りない。それは「自分と関係のあることなのだ」という実感をもてるかどうかということなのだろう。母の兄がどのような地獄を送ったのか。賢くて優しかった兄が、地獄の中でどのように変貌し、生きて死んでいったのか、その想像のよすががこの作品の中にはある。

食料はとうに尽きていたが、私が飢えていたかどうかはわからなかった。いつも先に死がいた。肉体の中で、後頭部だけが、上ずったように目醒めていた。
死ぬまでの時間を、思うままにすごすことが出来るという、無意味な自由だけが私の所有物であった。携行した一個の手榴弾により、死もまた私の自由な選択の範囲に入っていたが、私はただそのときを延期していた。


この作品の主人公は高学歴の人間だ。ベルグソンの言ったことがすらすらと頭の中から出てきたりする。また彼はクリスチャンか、あるいはその信仰を持っている人間でもある。聖書の詩句が彼の頭の中にある。しかし、信仰はどうやら彼の救いにはならなかったようだ。

しかし死の前にどうかすると病人を訪れることのある、あの意識の鮮明な瞬間、彼は警官のような澄んだ目で、私を見凝めていた。「なんだ、お前まだいたのかい。可哀そうに。俺が死んだら、ここを食べてもいいよ」彼はのろのろと痩せた左手を挙げ、右手でその上膊部を叩いた。

この薄い文庫本を読み終えるのに、二年かかった。一文節たりとも、おろそかにできない文章が続く。「戦争とは何か」を突きつけてくるだけではなく、「人間とは何か」を突きつけてくる。当たり前だろう。戦争とはそういうものだから。







最終更新日  2006年08月15日 10時55分50秒
コメント(2) | コメントを書く
[読書(フィクション)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


omega watches offers all new life to an old issue- defacto conventional   IrodaNuarabaw さん
<a href="http://www.cosmeticjp.com/ナリス化粧品 ルクエ-ディープクレンジングオイル150ml【クレンジング】-jp-3049.html">ナリス化粧品 ルクエ ディープクレンジングオイル150ml【クレンジング】 <Cosmetic>1031] - 1,690円(税込) : 国内コスメの専門店。資生堂、花王ソフィーナ、ナリス、コーセーなどの商品もお買い得!</a>
<a href="http://www.cosmeticjp.com/ハリウッド化粧品 ベルアージュローション-120ml-【化粧水】-jp-2962.html">ハリウッド化粧品 ベルアージュローション 120ml 【化粧水】 <Cosmetic>944] - 14,414円(税込) : 国内コスメの専門店。資生堂、花王ソフィーナ、ナリス、コーセーなどの商品もお買い得!</a>
<a href="http://www.cosmeticjp.com/マックスファクターSkii フェイシャルトリートメント-クレンジングジェル-100g-【メーク落とし-jp-4135.html">マックスファクターSK-II フェイシャルトリートメント クレンジングジェル 100g 【メーク落とし】 <Cosmetic>2117] - 3,458円(税込) : 国内コスメの専門店。資生堂、花王ソフィーナ、ナリス、コーセーなどの商品もお買い得!</a>
<a href="http://www.cosmeticjp.com/カネボウ-suisaiスイサイ プレミオリティ コンセントレートエッセンス25g【目もと口元美容液】-jp-3622.html">カネボウ suisai<>#12473;イサイ] プレミオリティ コンセントレートエッセンス25g【目もと`口元美容液】 <Cosmetic>1604] - 3,497円(税込) : 国内コスメの専門店。資生堂、花王ソフィーナ、ナリス、コーセーなどの商品もお買い得!</a>
<a href="http://www.cosmeticjp.com/ラカスタ-japan-46.html">ラ`カスタ : 国内コスメの専門店。資生堂、花王ソフィーナ、ナリス、コーセーなどの商品もお買い得!</a>
(2013年07月25日 22時47分51秒)

dpnklvmq@gmail.com   ワンピース 通販 さん
Hello! Do you use Twitter? I'd like to follow you if that would be ok. I'm definitely enjoying your blog and look forward to new posts. [url=http://www.fashionjapan.biz/ワンピース-japan-175.html]ワンピース 通販[/url] (2013年08月03日 08時27分38秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…
ガラケー@ Re:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) 貼ってあるMIXの画像は… きちんと、あだち…
KUMA0504@ Re[1]:「おにぎりの文化史」古代の食卓(08/23) はんらさんへ 「家で作ることはほとんどな…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.