4572208 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ウィルス New! まろ0301さん

ジャズ・テナー・サ… New! lalameansさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

日本語教室の受講生 New! はんらさん

バイト研修 New! Hiro Maryamさん

カレンダー

2007年01月23日
XML
カテゴリ:加藤周一
薔薇豪城さんの東京新聞のように、私の読んでいる朝日新聞で紹介したい記事はあまり無いのであるが、いつも楽しみに読んでいるのは、月一連載の加藤周一「夕陽妄語」である。
今月のお題は「超楽天主義のすすめ」。「楽観主義」と書かないところが氏の知性なのだ。もちろんこの「楽天」を利用しよう、ということではない。(←面白くない、親父ギャグでした。すみません。)

「たしかに今年の年賀状は「新年おめでとう」と書くのをためらう人が多かった。」と、氏は言う。それを何とか工夫して「希望の常に実現する未来を空想する」方法を考える。

ひとつは希望複数主義。たくさんの望みを持つことの自覚。お茶を一口飲むために卓上の茶碗を手元に引き寄せることから始める。しかし、望ましい目標が大きくて、実現に必要な手段がむやみに必要なこともある。例えば護憲のこと。そこで第二の工夫。行き先のハッキリしない大事については、初めから最悪の結果を予想する。予想が当たっても当たらなくても、当事者は絶望するには及ばない。さすがに意気盛んとまでは行かぬとしても、なんとか細々と時には冗談なども交えながら、根本的な思考の軸は変えない。

「希望は目標であり、目標は動かず、方向を与える。動くのは当方との距離である。その伸縮に一喜一憂することは無い。」

---と、この文は結んでいる。(ほとんどはしょりました)

第二の工夫のほうは何も「悲観主義に陥れ」ということでは無いというのは明らか。

安倍政権の支持率がついに30%台に突入した。一ヶ月前は、教育基本法が改悪されて多くの人が悲嘆にくれた。今ある現象は、とりあえず「護憲」という大きな目標に対しての一つのバリエーションに過ぎない。

私の目標は何か。
護憲運動の大きな盛り上がりの中、国民投票になるにしてもならないにしても、圧倒的な多数で国民は「護憲」を選ぶ、ということ。もしそれを実現したなら、その時からはじめて「憲法を暮らしに活かす」ことを堂々と要求できることになるだろう。政府にもう、嫌だとは言わせない。






最終更新日  2007年01月23日 13時30分18秒
コメント(8) | コメントを書く
[加藤周一] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画C(01/17) はんらさんへ なるほど。映画の最後で、ま…
はんら@ Re:2019年12月に観た映画C(01/17) IMFの時代にも私は韓国で暮らしていました…
KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画B(01/15) はんらさんへ 韓国でヒットしてるんだ! …
はんら@ Re:2019年12月に観た映画B(01/15) こんにちは~ 「アナと雪の女王2」は韓国…
KUMA0504@ Re[1]:謹賀新年(01/01) 嫌好法師さんへ 明けましておめでとうござ…
嫌好法師@ Re:謹賀新年(01/01) 遅くなりましたが、新年あけましておめで…
KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.