5806022 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

X

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

外国人の新規入国禁止 New! 七詩さん

関西弁強化月間みた… New! Mドングリさん

11月のおしゃれ手紙… New! 天地 はるなさん

沖縄の話をしよう(… New! マックス爺さん

週刊 マンガ便 お… New! シマクマ君さん

カレンダー

2007年03月31日
XML
テーマ:本日の1冊(3569)
一人のひと

ひとりの男(ひと)を通して
たくさんの異性に逢いました
男のやさしさも こわさも
弱々しさも 強さも
だめさ加減や ずるさも
育ててくれた厳しい先生も
かわいい幼児も
美しさも
信じられないポカでさえ
見せるともなく全部見せて下さいました
二十五年間
見るともなく全部見てきました
なんて豊かなことだったでしょう
たくさんの男(ひと)を知りながら
ついに一人の異性にさえ逢えない女(ひと)も多いのに

詩集「歳月」(花神社)より


この詩は、去年2月17日に亡くなった茨木のり子が、死ぬ前にご主人が死んで31年間の間に書きためた39篇の詩を編んだものである。死んだあと発見された「Y」(三浦安信のイニシャル)という箱の中に、きれいに清書された原稿、目次などが残っていたらしい。彼女は死後の公表を望んでいたようだ。「一種のラブレターのようなものなので、ちょっと照れくさい。」と甥には言っていたという。その気持ちは詩集を読んでみてよく分かる。

なんて明けすけな 愛の詩集か!

社会の中の夫の位置づけなど一切考えずに、まっすぐただ夫のことのみ見つめている。少女のような、淑女のような、女(おんな)のような、「二人だけの世界」がここにある。

出版されてまだ一ヶ月と少ししか経っていない。私は生まれて初めて、個人の詩集の新刊本を買った。

詩は、人々の間で何度も何度も暗誦され、引用されて、初めて生き始めるのだ、と私は思っている。この詩集の中の何篇かは、これから何度も何度も「自分の感受性くらい」のように引用されるに違いない。その前に読みたかったのだ。まだ誰にも引用されていない詩集の中から、一篇だけ自分の詩を選びたかったのだ。自分の感受性くらい、自分で守りたかったのだ。

なぜ選んだのか、と問われれば「共感もあれば、憧れもある。今にして思えば、人生を変えた出来事だった。」とだけ云っておこうと思う。

今日で朝日新聞の、大岡信の「折々のうた」の長い連載が終わった。二月に彼がこの詩集のことを紹介し、それではっと気がついて買い求めた。本当はUTSのコラムのテーマ「選ぶ」で、この詩のことについて書こうと思っていた。でもあまりに「あざとい」気がして止めた。「偏見を持とう」になった次第である。







最終更新日  2007年09月28日 23時20分08秒
コメント(8) | コメントを書く
[07読書(フィクション)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:長島愛生園訪問(11/20) 象さんさんへ こんにちは。コメントありが…
象さん@ Re:長島愛生園訪問(11/20) 長島愛生園を写真入りで紹介してくださっ…
KUMA0504@ Re[1]:高野秀行の10冊目「移民の宴」(11/08) ポンボさんへ ありがとうございます♪ 高…
ポンボ@ Re:高野秀行の10冊目「移民の宴」(11/08) ご紹介ありがとうございます。 私の、読み…
KUMA0504@ Re[1]:リンク先を追え!(11/05) はんらさんへ 本を検索するだけならばAmaz…
はんら@ Re:リンク先を追え!(11/05) 「ブクログ」という読書サイト、面白そう…
KUMA0504@ Re[1]:小池書記長街頭演説会(10/29) 4兆→6兆でした。 失礼しました。
maki5417@ Re:小池書記長街頭演説会(10/29) 数字が間違っているようです。 ご訂正を!
KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「82年生まれ、キム・ジヨン」(10/17) はんらさんへ なるほど、ちょっと恵まれす…
はんら@ Re:今月の映画評「82年生まれ、キム・ジヨン」(10/17) わ! その一言、気になります! 私は原作…

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.