4802437 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

リラ冷えの日 New! マックス爺さん

昔語り:読書の思い出 New! 天地 はるなさん

アニエス・ヴァルダ… New! シマクマ君さん

STAY HOMEで新型コロ… New! lalameansさん

鎮痛剤のリンゲル、… New! はんらさん

カレンダー

2007年05月25日
XML
カテゴリ:邦画(07)
監督 : 井筒和幸
出演 : 井坂俊哉 、 西島秀俊 、 中村ゆり 、 藤井隆 、 風間杜夫 、 キムラ緑子 、 手塚理美 、 キム・ウンス 、 今井悠貴

今回LOVEをこめて辛口でいきます。
悪い予感が当たった。面白くない。「想い」が前面に出すぎている。話の構成をたぶんわざと前作と同じ(喧嘩→ドラマ→クライマックス喧嘩)にしているのだが、「心の葛藤」がない。よって「わざとらしい。」

監督が「俺は、君のためにこそ死ににいく」という映画に喧嘩を売った動機がわかった。この作品自体が、この映画に喧嘩を売っているからである。けれども「映画を見ないで、作品を批判しないでほしい」などと真っ当でない俳優に真っ当なことを言われて、この喧嘩は監督の負けだった。作品自体はどうだったかは「俺は」を見ていないので私は言うことができない。あの映画を笑い飛ばしていると肯定的に評価すべきなのか、あまりにも類型的に批判しているとするべきなのか、まだ判断がつかない。

言いたいことはよくわかる。在日差別の問題、命の問題。でも理屈を見に映画館に足を運んだわけではない。前作にはオダジョーの存在、葬式場面でのどうしようもない壁の存在、壊したギターが大友康平によって復活する見事な数々のシークエンスがあった。意外性がこの作品にはほとんどない。西島秀俊の役ぐらいなものだろうか。

この映画の主役は、キョンジャ役の中村ゆりだろう。まだ力不足だ。つくづく沢尻エリカであってほしかったと思う。監督も明確に彼女を意識して脚本を作っている気がする。清純さとはっとするような妖艶さ、そして芯の強さ、最後のクライマックスを支えるに足る俳優に、この映画で一皮むけてほしかった。彼女にこの映画で生々しいベッドシーンを演じてほしかった。


produced by 「13日の水曜日」碧猫さん






最終更新日  2007年05月25日 22時37分43秒
コメント(12) | コメントを書く
[邦画(07)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 上京、我孫子散策は、まだまだ先になりそ…
KUMA0504@ Re[1]:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) ポンボさんへ ありがとうございます。 鉛…
ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 国際こども図書館は、いいですよぉ。 鉛筆…
嫌好法師@ Re[2]:「宮部みゆき全一冊」祝作家生活30周年。ところで、私は‥‥(05/11) KUMAさんへ くどいようですが、数え年は…
KUMA0504@ Re[1]:母の日はどうして広まったか「季語うんちく事典」(05/08) 象さん123さんへ で、 このうんちく事…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.