4810389 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

力強いエスプリ・・・2… New! Mドングリさん

徐 京植「プリーモ… New! シマクマ君さん

明日から6月 New! マックス爺さん

5月のおしゃれ手紙:… New! 天地 はるなさん

自由 New! ポンボさん

カレンダー

2007年05月25日
XML
カテゴリ:邦画(07)
監督 : 井筒和幸
出演 : 井坂俊哉 、 西島秀俊 、 中村ゆり 、 藤井隆 、 風間杜夫 、 キムラ緑子 、 手塚理美 、 キム・ウンス 、 今井悠貴

今回LOVEをこめて辛口でいきます。
悪い予感が当たった。面白くない。「想い」が前面に出すぎている。話の構成をたぶんわざと前作と同じ(喧嘩→ドラマ→クライマックス喧嘩)にしているのだが、「心の葛藤」がない。よって「わざとらしい。」

監督が「俺は、君のためにこそ死ににいく」という映画に喧嘩を売った動機がわかった。この作品自体が、この映画に喧嘩を売っているからである。けれども「映画を見ないで、作品を批判しないでほしい」などと真っ当でない俳優に真っ当なことを言われて、この喧嘩は監督の負けだった。作品自体はどうだったかは「俺は」を見ていないので私は言うことができない。あの映画を笑い飛ばしていると肯定的に評価すべきなのか、あまりにも類型的に批判しているとするべきなのか、まだ判断がつかない。

言いたいことはよくわかる。在日差別の問題、命の問題。でも理屈を見に映画館に足を運んだわけではない。前作にはオダジョーの存在、葬式場面でのどうしようもない壁の存在、壊したギターが大友康平によって復活する見事な数々のシークエンスがあった。意外性がこの作品にはほとんどない。西島秀俊の役ぐらいなものだろうか。

この映画の主役は、キョンジャ役の中村ゆりだろう。まだ力不足だ。つくづく沢尻エリカであってほしかったと思う。監督も明確に彼女を意識して脚本を作っている気がする。清純さとはっとするような妖艶さ、そして芯の強さ、最後のクライマックスを支えるに足る俳優に、この映画で一皮むけてほしかった。彼女にこの映画で生々しいベッドシーンを演じてほしかった。


produced by 「13日の水曜日」碧猫さん






最終更新日  2007年05月25日 22時37分43秒
コメント(12) | コメントを書く
[邦画(07)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


残念な結果   えい さん
こんばんは。

ほんとうに映画としてオモシロくなかったですね。
西島秀俊も、ぼくはいつもと同じ役柄にしか見えませんでした。
いわゆる想定内。
『tokyo.sora』以来、彼はこのような役が多いです。
黒沢清の『LOFT』も、その延長線上だった気がしました。 (2007年05月25日 23時12分13秒)

Re:残念な結果(05/25)   KUMA0504 さん
えいさん
>ほんとうに映画としてオモシロくなかったですね。

「俺は‥‥‥」と喧嘩するのも、「宣伝」のうちとして計画していたのではないかと勘ぐってしまうほど、作りすぎた映画だと思いました。

>西島秀俊も、ぼくはいつもと同じ役柄にしか見えませんでした。
>いわゆる想定内。
>『tokyo.sora』以来、彼はこのような役が多いです。
>黒沢清の『LOFT』も、その延長線上だった気がしました。
-----
そうなんですか!どちらも見ていないので(^_^;)
西島秀俊は「趣味が映画」というほど映画馬鹿なので、嬉々としてこんな役もやるのでしょうね。
(2007年05月25日 23時33分07秒)

「反戦派」の模索   ももたろうサブライ さん
「好戦派」の作り方は確立してますね。戦争そのものは抗いようのない事象ということにしてしまい、個々の人物をドラマチックに描けば良いわけですから。
一方「反戦派」はと言うと、いまだに模索の繰り返しのようです。(類型が確立するのが良いわけではないですが)
この作品も上手くいかなかったですね。
(2007年05月26日 07時30分08秒)

Re:「反戦派」の模索(05/25)   KUMA0504 さん
ももたろうサブライさん
>「好戦派」の作り方は確立してますね。戦争そのものは抗いようのない事象ということにしてしまい、個々の人物をドラマチックに描けば良いわけですから。

高畑勲さんの言ったとおりですね。

>一方「反戦派」はと言うと、いまだに模索の繰り返しのようです。(類型が確立するのが良いわけではないですが)
>この作品も上手くいかなかったですね。
-----
気持ちはよくわかるし、絵空事の好戦映画とリアルな父親たちの戦争の映像をぶつけたいともよくわかるのですが、頭で作ってしまったという感じがします。 (2007年05月26日 08時07分31秒)

こんにちは♪   miyukichi さん
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

>「想い」が前面に出すぎている。

 これは私も感じました。
 いろいろ詰め込みすぎて、
 話が広がりすぎてましたね。

 今回のキャストの方も皆さん熱演でしたが、
 どうしても前作キャストで観たかった、ってのは
 やっぱり思ってしまいますね。

 http://blog.goo.ne.jp/miyukichi_special (2007年05月26日 16時25分34秒)

Re:こんにちは♪(05/25)   KUMA0504 さん
miyukichiさん
コメントありがとうございました。
期待していただけに残念です。 (2007年05月27日 23時12分49秒)

Re:悪い予感「パッチギLOVE&PEACE」(05/25)   哲0701 さん
この映画は戦略的に間違ったかも知れませんが、
問題提起としては非常に鋭いものを持っており、
最近にない「問題作」だと思います。
貴方のご意見、非常に的確な考えさせられるもの
で、私にとり考える上で非常に有益でした。
ありがとうございます。 (2007年06月01日 18時57分19秒)

Re[1]:悪い予感「パッチギLOVE&PEACE」(05/25)   KUMA0504 さん
哲0701さん
確かにこんなリスキーな作り方をしなくても、そこそこ人を感動させる映画は作れたかも知れませんが、勢いは失っていたかもしれません。
今度はキョンジャの息子の代の話になるような気がします。彼がついに海を渡って韓国に行くのです。 (2007年06月01日 19時22分18秒)

キョンジャは   雄4882 さん
こんばんは。

確かにキョンジャは沢尻エリカで見たかったですね。前作の彼女は、この数年見た日本映画のなかで突出して素敵でした。おっしゃる通り、清純と妖艶が裏表に張り付いてるみたいで。 (2007年06月19日 23時56分06秒)

Re:キョンジャは(05/25)   KUMA0504 さん
雄4882さん
私は、沢尻エリカは裸になるのがいやで断ったというふうに報道されていますが、本当は本気になったらこれが自分の『代表作』になってしまう、それを嫌ったのかもしれない、と思っています。それだけ毒のある作品ですからね。 (2007年06月20日 07時39分10秒)

日本人   kimion20002000 さん
TBありがとう。
そうですね。
西島秀俊にしたって、とても嫌味で情けない業界男以外のなにものでもないですからね。 (2007年11月19日 02時58分10秒)

Re:日本人(05/25)   KUMA0504 さん
kimion20002000さん
コメントありがとうございました。
西島秀俊のようにいい役も悪役もできる二枚目というのは、非常に魅力的です。あと数年後彼の代表作はきっと生まれるでしょうね。 (2007年11月20日 13時02分03秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 上京、我孫子散策は、まだまだ先になりそ…
KUMA0504@ Re[1]:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) ポンボさんへ ありがとうございます。 鉛…
ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 国際こども図書館は、いいですよぉ。 鉛筆…
嫌好法師@ Re[2]:「宮部みゆき全一冊」祝作家生活30周年。ところで、私は‥‥(05/11) KUMAさんへ くどいようですが、数え年は…
KUMA0504@ Re[1]:母の日はどうして広まったか「季語うんちく事典」(05/08) 象さん123さんへ で、 このうんちく事…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.