4709196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

(新型コロナ)疫病… New! Mドングリさん

テレビやネットで映… New! はんらさん

渡辺実「大鏡の人々… New! シマクマ君さん

情報戦争の行方 New! マックス爺さん

近所の神社で桜と古… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2007年08月27日
XML
カテゴリ:邦画(07)
去年の「釣りバカ」はぼろくそに書いた。まるで石川県の観光映画になっているみたいだったからだ。その記事を松竹の部長が見て「どこから金が出ようと松竹らしい映画を作ってやろうじゃないか」と発奮したらしい。今度は岡山県で、フィルムコミッションの強い要望で「釣りバカ」が実現した。(もちろん半分は冗談です)
1005996_01.jpg
監督 : 朝原雄三
出演 : 西田敏行 、三国連太郎、壇れい、高嶋政伸、星由里子
地元岡山だから、見る目が甘くなっているわけではない。いやあ、昔の寅さん映画のようだった。地元の人間でも倉敷市の海蔵寺の境内からあのような素晴らしい港町が眺められるとは知らない。確かに自治体からお金が出ている以上、少しは岡山の宣伝もしているけれども、石川のようにあからさまではなかったと私は思うのだが、どうだろうか。

嬉しかったのは、三国連太郎が元気だったことだ。最近のやせ細りようで心配していたのだが、今回は出ずっぱりだ。海に出て、ちゃんと釣りもしている。浜ちゃんには悪かったが、今回はスーさんが全ていいところをとっていってしまった。その分はじけるような大笑いがなかったのは残念。まあ、観客層は中年以上が多い。夫婦や友達同士で来ているので、くすくす笑いぐらいでいいのではないだろうか。鯉太郎もなかなかいい味を出すようになった。結局スーさんが社長業を譲ったのはたこ社長ではなくて、集団指導体制のひとりなので、鈴木一之介は会長になったけれども、今までと構造は変わらない。

最後は日本のエーゲ海牛窓で大団円。松竹喜劇らしいひと時をお楽しみください。






最終更新日  2007年08月28日 00時01分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[邦画(07)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:図書2020年4月号(04/04) はんらさんへ 日本文学で、異性に告白形で…
はんら@ Re:図書2020年4月号(04/04) 「アイ」と「こい」についてはとても興味…
KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.