5078842 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ワクチン インフル… New! ポンボさん

久米ネット登録した? New! abi.abiさん

テロで殺害された教… New! 七詩さん

図書館大好き452 New! Mドングリさん

枝豆 New! はんらさん

カレンダー

2007年10月30日
XML
今日は週一回のハングル講座の日でした。最近忙しくて二回飛ばしたら、周りの人がいつの間にか、実力を増していて、取り残された気分。今日は「チョンガー」(独身)は、やはり朝鮮語の「チョンガッ」から来ているのを知りました。あっちでも独身と言う意味らしいですが、俗語です。元はみすぼらしい大根らしい。でも美味しいキムチになるそうです。頑張るぞっ。


「悲しみに笑う韓国人」ちくま文庫 吉田博司著

(韓国の大学教授がやおらお香々、ご飯、味噌汁をみて味噌汁の椀なかにご飯をいれてかき混ぜて食べたというエピソードのあとに)日本と韓国の食べ方で困るのは、両者が両者の食べ方を、おたがいに大変下品だと感じる点である。私が正座しながら、手に茶碗を持って、卵かけご飯を食べていたとしよう。ここにある韓国人が突然訪れる。彼の目には囚人が座って、下品にも食器を手に持って、精力剤の生卵をなにやら米に混ぜて食べている、としか見えない。

私は一週間のうち五日ぐらい卵かけご飯を食べている。ああ、日本人だなあ、と思う。韓国旅行の間は、お椀を手に持って食べたくて仕方なかった。

この本を読んで、なるほどと思ったところが大変多かった。このような身近なん食事のことから、国民性のことまで、80年の韓国民主化激動の時代に留学生活を送り、韓国通の草分けの著者が、かなり深いところまで日韓両国に甘いところを見せずに分析してみせる。

年齢による上下を基準にするか、ある集団における帰属年数を基準にするか、日本では前者に気を使いながらも公的には後者を貫くが、韓国では基準はあくまでも前者にある。

テレビドラマを見ていると、気がつく。

(日本人柳宗悦が高く評価した朝鮮李朝茶碗は)日本の美であり、朝鮮ではまったく美ではなかった。したがって庶民は、戦後生活が豊かになるにつれ、陶磁器の飯茶碗を捨て、彼らにとってはより美しいもの、光る金属器へ什器を変えていったのである。李君に尋ねると、やはり韓国人は光る金属器に美を感じ、金、銀、白銅、真鍮の純でこれを珍重するという。今日の韓国庶民の日常什器がアルマイト類であるのは、まだまだ真鍮が高いゆえんである

韓国に最初に行ったときのカルチャーショックは、ひとつはハングルの洪水であり、ひとつは食べるときに皿と箸おわんすべてが金属であるということだ。独裁政権の下、強制的に環境に優しい什器に変えられたのだろうか、とずっと思っていた。勘違いでした。

韓国人は自己と他者との違いを抽出することを本質的に嫌うようである。例えば、「比較」と言う漢語は韓国では「pigyo」と発音されているが、その真意はAとBとの共通点を抽出するという意味である。差異点では決してない。試みに大学の試験問題に「AとBを比較せよ」と言う問題を出す。見事に全員の学生がAとBの共通点ばかり書いてくる。これはいったいどういうわけだろうか。さらに詳しく検討すると、AとBの共通点を探すというのも性格ではない。むしろAかBのどちらかが正しいものとし、ほかの一方がその正しいものをどれだけ含んでいるかを記述しているらしい。

かくして、日本人と韓国人はえんえんとすれ違う。

本音と建前の使い方も違う。
日本の商談では断るときには「それは難しい」という誤魔化しの言い方をするだろう。韓国は違う。

「それは下請けC社のせいで出来ない」とか「K部長の頑固のせいで出来ない」と言うだろう。面子を慮って「貴社の品質管理が悪いので出来ない」等々の本音は一応胸に仕舞ってのことである。(略)日本人は誰のせいでもないと嘘をつき、韓国人は誰かのせいだと嘘をつく。

韓国人は「理論」的な民族である。(略)是か非か、これを鮮明にしないと決して納得しない。(略)この歴史的な個性はどこから生じてくるのだろうか。そこで朝鮮史上の儒学者たちの論争と言うものをひもといてみると、ことごとくこの手の「是非」論争であることが分る。(略)そしてその勝敗の決め手は、決して理論的ではない。年齢の上下で決着をつけたり、党派の力量が勝利に結びつくのである。そのたびに負けたほうは面目を失い、はなはだしい場合は島流しになったり、王より死を賜る、こうした精神風土のなかで、朝鮮人は「理論」闘争し、空理空論に血道をあげてきたのである。よいとか悪いとか言っているのではない、とにかくそれは朝鮮人の心の中にあった。

この理論的な性情の裏に、一転して野生あふれる韓国人の風貌があることも確かである。(略)ひとたび爆発すれば、哀しみに号泣し、怒りであれば人を追い詰め、懼れであればちじみあがる。愛であれば惑溺し、楽しければ全財産を蕩尽しかねない。ある意味では、この「情」の汗馬に、儒教はかろうじて轡をかませたのである。

この論理に私はものすごく納得した。あれほど感情が豊かな民族だからこそ、儒教がいったのである。民族精神の奥深くまで浸透するほどに。

ついでにもうひとつの韓国国民の特性、「恨(はん)」はどのように説明されているか。それは「果たせなかった夢」だという。もちろんそれは古今東西普遍的な人間の性でもある。

しかし韓国の場合、「精神労働以外のあらゆる労働職種をはなはだしく見下し、その現在の分に決して案ずることが出来ない点、そして解消されるまで果てしなく継承されるという点」で大きく違うという。「砂時計」やほかのテレビドラマでも父親や母親の恨が
ずっと続いていく物語でもある。中国の歴史主義とも少し違うし、日本の現世主義ちとも大きく違う。「韓国人の魂は、いつもはるか時空のかなた、先祖の御霊に連なっている」のである。先祖のいる場所に理想を求める。理想のあり方がぢがう。


ちなみに「夜おそく友達に来られて、寝られませんでした」などという自動詞の迷惑受身形は韓国語には存在しない。「夜遅く友達が来て、寝ませんでした」と言う言い回しなら翻訳可能である。とにかく相手の迷惑を受け入れるということが知り合いになるための条件になっている。こいつの迷惑は本当に不愉快だと思う相手とは、はじめから知人になれない。

だそうだ、中国語ならどうなのだろう。

かくして日韓はすれ違う。
けれども、普通の人間関係もそうだけれども、いったん相手の性格が分れば、いい友達同士になれるものである。






最終更新日  2007年10月31日 01時14分55秒
コメント(15) | コメントを書く
[07読書(ノンフィクション)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:かくして日韓はすれ違う(10/30)   クラシカ さん
日韓の違い、が、どこまで普遍的で、どこまでが各論なのか、僕自身が確かめることはできないわけですが、
しかし、たとえば「比較する」ということが、
共通点をみつけようとするのか、相違点をみつけようとするのか、そのどちらもが「比較する」ことである、、
という指摘そのものが、ものすごく興味深かったです。
文化の「比較」を通じて、自他の比較というものもさることながら、本当に、思っても無かった視点が得られるのですね!

この本はぜひ読んでみたいです。
ありがとうございます。 (2007年10月31日 01時24分01秒)

Re:かくして日韓はすれ違う(10/30)   薔薇豪城 さん
 韓国の金属の食器は、戦争が多かったので逃げる時に壊れないものを使うようになった、とばかり思っていました。何でも混ぜて食べるのは美味しいですよね。最近「夢庵」の丼で、納豆や半熟卵やいろいろ日本的食材を、ビビンバみたいにかき混ぜて食べるものを発見。好評みたいですよ。
 迷惑受身形、なるほどですね。江戸しぐさの真反対を言っていて、精神は同じ感じです。 (2007年10月31日 10時44分11秒)

Re:かくして日韓はすれ違う(10/30)   ribon5235 さん
大変興味深く読ませてもらいました。言葉も食事も似ているようで反対もありますね。

「精神労働以外のあらゆる労働職種をはなはだしく見下し、その現在の分に決して案ずることが出来ない点、そして解消されるまで果てしなく継承されるという点」で大きく違うと…探したい本です。有難うございます。 (2007年10月31日 11時04分48秒)

Re[1]:かくして日韓はすれ違う(10/30)   KUMA0504 さん
クラシカさん
今回の金大中事件の韓国の日本への一言にしても、「韓国と日本のどちらも間違ったものとし、どちらがより間違っているかを無意識のうちに比較した」ことで出てきた表現なのでしょう。相手も間違っていめけど、言わないでおこう、ということを考えること自体意識のほかにあったのでしょう。 (2007年10月31日 21時00分00秒)

Re[1]:かくして日韓はすれ違う(10/30)   KUMA0504 さん
薔薇豪城さん
> 最近「夢庵」の丼で、納豆や半熟卵やいろいろ日本的食材を、ビビンバみたいにかき混ぜて食べるものを発見。好評みたいですよ。

字数の関係で書いていませんが、韓国のヒビンバのビビは「こねる」という意味らしいです。だから本来のヒビンバはかき混ぜてはいけないわけです。納豆や半熟卵が本来の形など想像もできないほどにこねなくてはいけない。そうするとものすごく美味くなると感じるみたいですね。

> 迷惑受身形、なるほどですね。江戸しぐさの真反対を言っていて、精神は同じ感じです。
-----
「江戸しぐさ」がわからないのですが、翻訳できない文章というのは確かにあると思います。 (2007年10月31日 21時05分17秒)

Re[1]:かくして日韓はすれ違う(10/30)   KUMA0504 さん
ribon5235さん
>大変興味深く読ませてもらいました。言葉も食事も似ているようで反対もありますね。

>…探したい本です。有難うございます。
-----
ところが、本屋さんには今はあまり置いていないみたいです。私は図書館で借りました。 (2007年10月31日 21時07分08秒)

Re:かくして日韓はすれ違う(10/30)   Mドングリ さん
ソルロンタンが好きなんですが・・・・
私も韓国スタイルを真似て、スープのなかにご飯、胡椒、荒塩を入れて・・・
味見しながら塩、味噌を加えて食べるんですが・・・美味しいですね。
このネコマンマスタイルが、韓国では許されるのが嬉しいです。
ということで、ホテル外の朝食はいつもこれです。 (2007年10月31日 21時23分47秒)

頭の中を   まろ0301 さん
 頭の中をかき混ぜられるような本ですね。
 こんな考え方、発想、論理展開があるのか・・と驚き、在日韓国・朝鮮の人たちは「国」へ帰ったら宙ぶらりんになるのでは、と心配したり、日本とも中国とも異質の文化がどのようにして誕生し、現在に至っているのか・・。
 興味深い本ですね。 (2007年10月31日 21時56分40秒)

Re[1]:かくして日韓はすれ違う(10/30)   KUMA0504 さん
Mドングリさん
>ソルロンタンが好きなんですが・・・・
>私も韓国スタイルを真似て、スープのなかにご飯、胡椒、荒塩を入れて・・・
>味見しながら塩、味噌を加えて食べるんですが・・・美味しいですね。
>このネコマンマスタイルが、韓国では許されるのが嬉しいです。
>ということで、ホテル外の朝食はいつもこれです。
-----
ごっくん、つばが出てきました。私の好きなソルロタンはソウル明洞の奥にある専門店。朝早くからしているので、朝の有効利用になかなかいいです。 (2007年10月31日 23時19分29秒)

Re:頭の中を(10/30)   KUMA0504 さん
まろ0301さん
> 頭の中をかき混ぜられるような本ですね。
> こんな考え方、発想、論理展開があるのか・・と驚き、在日韓国・朝鮮の人たちは「国」へ帰ったら宙ぶらりんになるのでは、と心配したり、日本とも中国とも異質の文化がどのようにして誕生し、現在に至っているのか・・。
> 興味深い本ですね。
-----
今売出し中の小倉紀蔵さん(NHKハングル講座講師、朝鮮哲学専門)が非常に影響を受けた本だそうです。私自身はこの本を読んで目から鱗の部分が相当ありました。
(2007年10月31日 23時22分32秒)

Re:かくして日韓はすれ違う(10/30)   永遠のホホエミ さん
人に迷惑をかけるなと強調するより、積極的に他人と関わっていこうとするところが、中国人と共通しているのかもしれませんね。 (2007年11月01日 10時51分46秒)

Re:かくして日韓はすれ違う(10/30)   永遠のホホエミ さん
今日の比較文化論は、もっとじっくり読みたい内容です。 (2007年11月01日 10時54分52秒)

どこんじょうだいこん   ポンボ さん
だったんですね。
ありがとうございます。
この本、面白そう。リストに入れなくちゃ。
日韓だけでなく、世界中あちこちで文化は違うので、結局どこまで広くこだわらずに見られる、行動できるか、なんですよね。 (2007年11月01日 11時21分16秒)

Re[1]:かくして日韓はすれ違う(10/30)   KUMA0504 さん
永遠のホホエミさん
>人に迷惑をかけるなと強調するより、積極的に他人と関わっていこうとするところが、中国人と共通しているのかもしれませんね。
-----
うん、中国語なら訳せるような気がしています。訳せる訳せないか、そんな微妙なところが結局国と国との付き合いでは、一番大事なことなのではないでしょうか。
(2007年11月02日 00時21分18秒)

Re:どこんじょうだいこん(10/30)   KUMA0504 さん
ポンボさん
>だったんですね。
>ありがとうございます。

ど根性大根と言うか、先生が描いてくれた絵によると、ひょうたんみたいな小さい大根でうらなり大根と言ったほうがいいという感じでした。旅行記で写真に載せると思いますが、カクテキキムチを作るために使う大根はそれは立派な太足なのですよ。

(2007年11月02日 00時24分26秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[7]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) はんらさんへ 羨ましいですよね。 息子さ…
はんら@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) わぁ~! 羨ましいです。 そういう体験、…
KUMA0504@ Re[5]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) ポンボさんへ コメントありがとうございま…
ポンボ@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 今までとは趣の異なる今回の日記に、 えっ…
KUMA0504@ Re[2]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 嫌好法師さんへ へえー、そうなんだ。 6人…
KUMA0504@ Re[1]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) >安倍政権に感謝ですね。 貴方にだけに…
嫌好法師@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) よく一人で行けましたね。私など腰が引け…
KUMA0504@ Re[3]:ファンタジーの世界地図!(10/10) はんらさんへ 5000円以上の本は絶対に買い…
はんら@ Re:ファンタジーの世界地図!(10/10) 楽しそうな本ですね。 でもお値段がすごい…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.