5078766 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ワクチン インフル… New! ポンボさん

久米ネット登録した? New! abi.abiさん

テロで殺害された教… New! 七詩さん

図書館大好き452 New! Mドングリさん

枝豆 New! はんらさん

カレンダー

2007年10月31日
XML
高村薫の「作家的時評集2000-2007」を読み終えました。

ここにあるのは、一人の作家の感情です。その年の時評の前には、朝日文庫の編集部が編んだその年の年表が載っています。それを見るだけで、日本というのはこの数年で見事に新自由主義という荒れ野に入り込んで右往左往しているのだなあと思えます。

高村氏が一貫していっているのは、インターネットなどで飛躍的に情報処理能力が上がったけれども、かえって「言葉」は失われた、ということです。小泉さんだけではなく、企業も国民も、直感だけが先行し、きちんと考えることができなくなった。公共心が無くなった。「あきれてものが言えない」「むかつく」その次の言葉が言えない。

2001年2月9日、ハワイ沖で愛媛・宇和島水産高の漁業実習船えひめ丸が米原潜に衝突され、沈没。高校生九人が行方不明。

高村氏は言います。
「どうしてこうなのだろうか。どうして私たちは怒らないのだろうかと胸に手を当ててみると、結局私たちはそれほど悲しんでいないのだ、と気づかされます。悲しくないことはないが、その悲しみが大きくないために、怒りが噴出すには至らないのだ、と。ここにはたぶん、私たち日本人の心や感情の実態が表れています。悲しいテレビドラマを見て涙を流すのに、なぜ九人もの命が奪われて、胸が張り裂けないのだろうか、なぜ怒りを噴き出すことができないのだろうか。このことはまず人間として自問しなければならないだろうと思う次第です。」(2001.4「文芸春秋」)

「国家や企業の本態は情緒ではないので、どんな事態があっても悲しむことはない。JR西日本の事故対応を見たらわかるように、国家も企業も基本的に、一つの事態に直面すると、その対処を一つ講じるだけです。悲しみ、怒り、そして考えるのは、個々の人間だけです。そして、こうした情緒や感情だけが、人を物事に真剣に対峙させるのであり、そこから初めて、物事は動きだすのではないでしょうか。」(2005.7「論座」)

自省を迫る文章です。
基本的に私は怒らないように、悲しまないように、たいてい自制的であろうとしています。わりと考えてはいるのですが……。その中からこぼれおちる言葉はあったのかもしれない。ときどきは「ちばけんな!(ふざけるな)」と言いたいと思います。

彼女の言葉は知性的であるが、同時に非常に作家的である。私は彼女の著書は全部読むことにしている。戦前の教養主義の可能性を描いた「晴子情歌」を経て、晴子の愛人である老政治家の80年代の「政治」とその息子の仏教哲学問答を描いているらしい「新リア王」(未読)を経て、いま現在は2000年代を舞台に晴子の孫の時代を描いているらしい。どうやらまたミステリ仕立てになるようだ。言葉をなくした現代の若者にどのような課題があるのか、あの緻密な文体から浮かび上がる世界を見てみたいものである。その前に「新リア王」読まなくちゃ。

読売新聞や文芸春秋や論座に高村薫がいまだに呼ばれることがある、ということに幽かな希望を感じる。






最終更新日  2007年10月31日 23時16分43秒
コメント(5) | コメントを書く
[07読書(ノンフィクション)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:どうして私たちは怒らないのだろうか(10/31)   ribon5235 さん
本当に水産高校の実習戦が沈没させられた時は国を挙げて抗議すべきだと思いました。こんな理不尽なことは許されないのに。あの時の森首相は…

日本人はこういう事が多くてこちらの精神状態がおかしくなるぐらいですから御家族の悲憤が察しられます。 (2007年11月01日 17時08分48秒)

高村さん   まろ0301 さん
 高村さんの作品を読み、新聞に掲載された文章のヨコに載っている写真を見て、しばらく男性だと思っていました。
 しばらく経って、女性だったという事に気がつきました。
 「マークスの山」等の小説、「半眼訥々」(1993~1999 「著者初の雑文集」と帯にあります)を読み、この人の目は信用できると思っています。 (2007年11月01日 23時58分55秒)

Re[1]:どうして私たちは怒らないのだろうか(10/31)   KUMA0504 さん
ribon5235さん
>本当に水産高校の実習戦が沈没させられた時は国を挙げて抗議すべきだと思いました。こんな理不尽なことは許されないのに。あの時の森首相は…

>日本人はこういう事が多くてこちらの精神状態がおかしくなるぐらいですから御家族の悲憤が察しられます。
-----
あの時、私はやっぱり米国はこんなのだから‥‥‥と斜に構えていたように思います。反省しました。米軍が韓国の中学生を戦車で殺したときは、全土で怒っていました。たまたまそのとき韓国を旅していたのですが、至る処でチラシが撒かれ、ロッテホテルの前ではろうそくを立てて抗議行動をしていました。あの感情の爆発が、韓国内での軍事施設の縮小に繋がったのです。凄いと思います。
(2007年11月02日 00時29分15秒)

Re:高村さん(10/31)   KUMA0504 さん
まろ0301さん
私も二冊目を読むぐらいまで男の人だと思っていました。(笑)でもよく読むと、男には追随できない視点もあるのです。全面的にではないですが、彼女の視点は参考になります。 (2007年11月02日 00時32分00秒)

罪が深い・・・   まろ0301 さん
KUMA0504さん

>私も二冊目を読むぐらいまで男の人だと思っていました。(笑)

☆私は、写真を見て「男の人だ」と思いましたので、私のほうが罪が深いかな・・・と。 (2007年11月03日 12時18分18秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[7]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) はんらさんへ 羨ましいですよね。 息子さ…
はんら@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) わぁ~! 羨ましいです。 そういう体験、…
KUMA0504@ Re[5]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) ポンボさんへ コメントありがとうございま…
ポンボ@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 今までとは趣の異なる今回の日記に、 えっ…
KUMA0504@ Re[2]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 嫌好法師さんへ へえー、そうなんだ。 6人…
KUMA0504@ Re[1]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) >安倍政権に感謝ですね。 貴方にだけに…
嫌好法師@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) よく一人で行けましたね。私など腰が引け…
KUMA0504@ Re[3]:ファンタジーの世界地図!(10/10) はんらさんへ 5000円以上の本は絶対に買い…
はんら@ Re:ファンタジーの世界地図!(10/10) 楽しそうな本ですね。 でもお値段がすごい…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.