5084006 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『ファンタジーの発… New! Mドングリさん

10月のおしゃれ手紙… New! 天地 はるなさん

週刊 読書案内 山… New! シマクマ君さん

負け犬の遠吠え(8) New! マックス爺さん

経鼻ワクチン New! ポンボさん

カレンダー

2007年11月13日
XML
「週刊東洋経済」という雑誌が、現代の労働問題を執拗に追い、すぐれたルポをたくさん書きだしている。その中の中心的な記者の風間直樹氏が「雇用融解~ これが新しい「日本型雇用」なのか ~」(東洋経済新報社)という本を出した。

ここでいち早く「偽装請負」問題に鋭いメスを入れてきて、クリスタルという偽装請負の巨大帝国を自主解散までに追い込んだ(グッドウィルが業務を引き継いだ)経過もよくわかる。また、本書の白眉は「過労死は自己管理の問題」といってブログ上で物議をかもした、ザ・アール社長(労働政策審議会労働条件分科会委員)の奥谷礼子氏のインタビューである。今年一月に週刊東洋経済に掲載して批判が出ると、そのご「真意が伝わっていない」と言い訳をしていたので、この本では、インタビュー形式のままで忠実に再現したそうだ。だからできたら図書館でも借りて全文を読んだほうがいいのだが、ここではそのほんの一部だけを書き写してみる。

--いわゆる格差論議に関しては

下流社会だのなんだの、言葉遊びですよ。社会が甘やかしている。自分が努力するとか、自分がチャレンジするとか、自分が失敗するということを、そういった言葉でごまかしてしまっている。そうした風潮に対して懸念を抱いている。そう言って、甘やかす社会を作るのかということです。いじめだってそうです。社会人だっていじめはあるわけだから。そうでしょう。いじめというものがあるという前提に立って、それは小学校や中学校でトレーニングしながら社会へ出て行くわけでしょう。いじめはないなんて言うこと自体、ナンセンス。


すべてがこんな調子。真意は十分に伝わる。

派遣の問題、外国人研修生問題、フリーター・パート問題、労働法番外地に置かれる個人請負問題、まさに現代の労働問題の現実を扱った渾身のルポ。読み応えがあった。






最終更新日  2007年11月13日 18時29分16秒
コメント(4) | コメントを書く
[07読書(ノンフィクション)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:渾身のルポ「雇用融解」(11/13)   ribon5235 さん
「真意が伝わっていない」って本当にあきれます。自分たちは「勝ったエリート」気取りで鼻持ちなりませんね。 (2007年11月13日 22時24分57秒)

ここが一番難しいところですね!   総裁ーエックス さん
「強者が弱者を守る」って果たしてどこまでが正しいのか這い上がる努力をしない人、努力をしても這い上がれない環境にある人、これらをどう平等に扱えるかって事じゃないでしょうか。一日中汗まみれで働いてやっと人並みの生活を確保できる人、法律で生活を保護されている人、または「沈まぬ太陽」に出てくる働かなくても就職してポストと収入を自動的にもらえる高級官僚の子息子女、この社会のどこが平等と言えるのでしょうか。 (2007年11月14日 10時14分15秒)

Re[1]:渾身のルポ「雇用融解」(11/13)   KUMA0504 さん
ribon5235さん
>「真意が伝わっていない」って本当にあきれます。自分たちは「勝ったエリート」気取りで鼻持ちなりませんね。
-----
本当は、トヨタ自動車下請けでのベトナム人労働者の悲惨な労働実態等、書き写したいことがいっぱいあったのですが、余裕がなくて無理でした。
格差社会のルポはたくさん出ていますが、これはその影響力含めて、一つ頭を抜いていると思います。
(2007年11月14日 20時24分59秒)

Re:ここが一番難しいところですね!(11/13)   KUMA0504 さん
総裁ーエックスさん
>「強者が弱者を守る」って果たしてどこまでが正しいのか這い上がる努力をしない人、努力をしても這い上がれない環境にある人、これらをどう平等に扱えるかって事じゃないでしょうか。一日中汗まみれで働いてやっと人並みの生活を確保できる人、法律で生活を保護されている人、または「沈まぬ太陽」に出てくる働かなくても就職してポストと収入を自動的にもらえる高級官僚の子息子女、この社会のどこが平等と言えるのでしょうか。
-----
「沈まぬ太陽」に出ていた彼らはリアルでしたね。航空業界というのはいち早く新自由主義の洗礼を受けたところで、あの社会はいま考えると、現代を予見していたのかもしれませんね。
(2007年11月14日 20時28分28秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[7]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) はんらさんへ 羨ましいですよね。 息子さ…
はんら@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) わぁ~! 羨ましいです。 そういう体験、…
KUMA0504@ Re[5]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) ポンボさんへ コメントありがとうございま…
ポンボ@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 今までとは趣の異なる今回の日記に、 えっ…
KUMA0504@ Re[2]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 嫌好法師さんへ へえー、そうなんだ。 6人…
KUMA0504@ Re[1]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) >安倍政権に感謝ですね。 貴方にだけに…
嫌好法師@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) よく一人で行けましたね。私など腰が引け…
KUMA0504@ Re[3]:ファンタジーの世界地図!(10/10) はんらさんへ 5000円以上の本は絶対に買い…
はんら@ Re:ファンタジーの世界地図!(10/10) 楽しそうな本ですね。 でもお値段がすごい…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.