4643465 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

東京五輪の行方 New! 七詩さん

アビガン戦線異状なし New! lalameansさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

マスク騒動 New! はんらさん

『THE FANTASTIC KIN… New! Mドングリさん

カレンダー

2007年12月10日
XML
カテゴリ:邦画(07)
「あぶない、あぶない」
監督 : 森田芳光
脚本 : 菊島隆三、小国秀雄、黒澤明
出演 : 織田裕二 、 豊川悦司 、 松山ケンイチ 、 鈴木杏 、 村川絵梨 、 佐々木蔵之介 、 風間杜夫 、 西岡徳馬 、 小林稔侍 、 中村玉緒 、 藤田まこと

案外楽しめた、脚本がよいし役者も好演している、と言う巷の声を聞きますが、私は失望しました。

いったい監督は何のためにこの映画を作ったのでしょうか。二時間そこそこ楽しみを持たせるために作ったのでしょうか。それならば、オリジナルで勝負して欲しかった。心に残る映画を作りたかったのだったら、これではダメだ。

織田裕二は、そこそこ努力して、そこそこ役造りをしたようだ。殺陣もしっかりやっていた。しかし、この映画の肝は、椿三十郎なる素浪人が、頭もよく、腕も立つのに、最後の最後で室戸半兵衛のように出世の道を選ばなかった、その対比にある。見かけは全く違う二人であるが、城代の奥方だけは、三十郎の本質を見抜く。「あなたはギラギラした抜き身の刀の様ですね」。そして椿は室戸を評して呟く。「あいつは俺だ。」だから、三十郎の「抜き身の刀」である部分をきちんと見せて二人の類似点を強調することが、結果的に二人の運命を分けたところは何なのかを観客にわからすことになる。殺陣の場面など、それを髣髴させる場面は確かにあった。しかし、それ以外のほとんどの場面で織田裕二は自分の癖をかなぐり捨てて三船敏郎の語尾を強調する言い方をそのまま真似て見せる。あれは三船がしたから似合っていたのであって、織田裕二がしても全然似合わない。しかし、一方ではいつもの織田裕二の演技ならば、「ギラギラした」部分は出せなかっただろう。監督は織田裕二を選んだ時点で、彼に三船の真似をさせてはいけなかった。難しいが、現代の「ギラギラ」とは何かを極めた上で、全く新しい椿三十郎を作らなくてはいけなかった。

この映画が、60~70点程度の単なる娯楽作に終わったゆえんである。そしてそれは私にとっては、黒澤映画に対する侮辱でしかない。失望した、と言った所以である。

鞘に納まった刀である城代は最初事件の本質をこのように言っていた。「あぶない、あぶない。本当の黒幕はもっと奥まったところに居るものだ。」それを真似て私はこの作品について言いたい。
「あぶない、あぶない。本当の面白さはもっと奥まったところに居るものだ。」







最終更新日  2007年12月11日 00時13分13秒
コメント(5) | コメントを書く
[邦画(07)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

abi.abi@ Re[2]:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) New! KUMA0504さんへ ブレイディさんの本は、そ…
abi.abi@ Re[2]:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) New! KUMA0504さんへ ブレイディさんの本は、そ…
KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) New! ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.