5819205 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

X

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

週刊 マンガ便 小… New! シマクマ君さん

『大人のための恐竜… New! Mドングリさん

スコーントッツォ? New! はんらさん

11/8:富士紀行:つ… New! 天地 はるなさん

沖縄の話をしよう(… New! マックス爺さん

カレンダー

2007年12月17日
XML

「ダックコール」(ハヤカワ文庫 稲見一良)
野鳥と猟に関する小説の短編集である。第四回山本周五郎賞受賞作。

この中のとくに「密猟志願」を読みながら夢想に耽った。

映画になればいいと思った。

経理畑一筋、不正とは全く無縁の世界で生きてきた初老の男がいる。ガンで余命半年といわれながら二度の手術に耐え、余生を送っているときに「密猟」に魅了される。男らしさ、五感のすべてを使う仕事、獲る、奪う、そして盗むという毒の「こ惑」!!彼は仕事を辞めていたので、金と時間は有り余るほどあったが、川べりで猟をするという技術はなかった。
そんなとき、まるで男が夢見た理想の姿を具現化したような少年に出会う。男は少年から密猟の技術を学ぶ。
男と少年の奇妙な友情。
やがて二人は、一世一代、痛快な「密猟」を思いつく‥‥‥。

男は緒方拳が演じてほしい。
少年はだれも見たことがない、戦後ガードレール下でたくましく生きていたような子供を発掘してほしい。
ほかの登場人物では、密猟の舞台の強欲な地主に往年の悪役スターを。
男と少年の理解者で、老人施設の老女に岸恵子。
舞台はできたら、作者も住んでいたという花見川オールロケ。
きちんと監修者を配置して、猟の描写と美味しそうなカモ料理はリアルに。
最後の大密猟は空撮も駆使しながら思いきりスリリングに撮る。
男と少年と老女の勝利のディナーは桜の舞う川べりを選ぶ。

ラストは原作とは少し変える。

原作でも少年の住んでいる家は明かされていない。いつもローラースケートでトラックなどの後ろにくっつき、隣町から来ていたという。大密猟の後いっこうに現れない少年に業をいやし、男は少年が一言漏らした言葉を頼りに隣町に行ってみる。その家は廃屋になっていて、家族は海難事故で全員死んだということが分かる。少年は二度と現れることはなかった。男はつうに去られてしまった「夕鶴」の与ひょうのように嘆き悲しむ。
そのご、病院の検査結果で男にガン再発の知らせがやってくる。胸の癌の影だといわれる画像を見て、男はニヤリと呟く。
  見つけた」
そこには、最初の猟の時に取り逃がしたカモの姿があった。






最終更新日  2007年12月17日 22時45分05秒
コメント(4) | コメントを書く
[07読書(フィクション)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:くまプロデュース或いは「ダックコール」(12/17)   薔薇豪城 さん
 花見川って千葉でしょうか?確かに川縁から見上げると老人施設も病院もあります。いいところですよ。 (2007年12月18日 12時53分44秒)

Re[1]:くまプロデュース或いは「ダックコール」(12/17)   KUMA0504 さん
薔薇豪城さん
> 花見川って千葉でしょうか?確かに川縁から見上げると老人施設も病院もあります。いいところですよ。
-----
どうやら、ウィキで千葉県花見川を舞台にした作品に稲見一良氏の「花見川のハック」が挙げられているので、そうみたいです。
私のプロデュース案が取り上げられて映画化された暁には(笑)、ぜひとも地元としてご支援を!
(2007年12月18日 17時35分00秒)

Re:くまプロデュース或いは「ダックコール」(12/17)   ribon5235 さん
緒方拳は「遠い散歩」もよかったです。「豆腐屋の四季」をテレビで演じたそうですね。松下さんの生涯もやりたそうですが。平和映画祭2008プレ企画で上演された「ミラクルバナナ」では紙すき職人を演じてました。 (2007年12月18日 20時55分41秒)

Re[1]:くまプロデュース或いは「ダックコール」(12/17)   KUMA0504 さん
ribon5235さん
>緒方拳は「遠い散歩」もよかったです。「豆腐屋の四季」をテレビで演じたそうですね。松下さんの生涯もやりたそうですが。平和映画祭2008プレ企画で上演された「ミラクルバナナ」では紙すき職人を演じてました。
-----
緒方拳は芸達者ですからね。
私のプロデュース案でも必ずやり遂げてくれると信じています(笑)
彼を選んだ理由は、「長い散歩」と若干テーマが似通っている点と、最後の場面の笑顔は、彼が一番ぴったり来るからです。

忙しくて、今日のエントリーは結局できませんでした。
(2007年12月19日 02時27分43秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:長島愛生園訪問(11/20) 象さんさんへ こんにちは。コメントありが…
象さん@ Re:長島愛生園訪問(11/20) 長島愛生園を写真入りで紹介してくださっ…
KUMA0504@ Re[1]:高野秀行の10冊目「移民の宴」(11/08) ポンボさんへ ありがとうございます♪ 高…
ポンボ@ Re:高野秀行の10冊目「移民の宴」(11/08) ご紹介ありがとうございます。 私の、読み…
KUMA0504@ Re[1]:リンク先を追え!(11/05) はんらさんへ 本を検索するだけならばAmaz…
はんら@ Re:リンク先を追え!(11/05) 「ブクログ」という読書サイト、面白そう…
KUMA0504@ Re[1]:小池書記長街頭演説会(10/29) 4兆→6兆でした。 失礼しました。
maki5417@ Re:小池書記長街頭演説会(10/29) 数字が間違っているようです。 ご訂正を!
KUMA0504@ Re[1]:今月の映画評「82年生まれ、キム・ジヨン」(10/17) はんらさんへ なるほど、ちょっと恵まれす…
はんら@ Re:今月の映画評「82年生まれ、キム・ジヨン」(10/17) わ! その一言、気になります! 私は原作…

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.