4703604 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『大いなる眠り』1 New! Mドングリさん

華城(ファソン)ド… New! はんらさん

国境・時間と空間を… New! マックス爺さん

ウォン・カーウァイ… New! シマクマ君さん

今、日本に必要なの… New! lalameansさん

カレンダー

2007年12月26日
XML
カテゴリ:邦画(07)
「交響詩篇エウレカセブン」
交響詩篇エウレカセブン.jpg
ずっと気になっていたアニメDVDを四巻まとめてみる。あと9巻ほど残っているらしいのだけど、今のところの感想を述べてみる。あらすじ等はHPで。

このアニメで特異だと思った部分。主人公の少年が巻き込まれて戦争に加担していくというのは、ガンダムと同じ構造である。しかし三巻目の第九話「ペーパームーン・サンシャイン」をみて、今のアニメってこんなところまで来ているのか、とびっくりした。

人型戦闘ロボットの操縦者ヒロインのエウレカとゲリラ戦闘機月光号のリーダー・ホランドは、数年前まで軍の特殊部隊の主要戦闘員であり、なんと!エウレカが一般市民を虐殺する場面が二度もある。そのとき、死体の下でうずくまっていた3人の幼子を見つけたときにエウレカたちの反政府組織への転進が始まり、軍と対峙していくのではある。主人公であるレントン少年はその事実を知った後も、初恋の人であるエウレカにしつこく聞きだす。
「それでも仕方なかったんだろう?」
それに対してエウレカは答えるのである。
「わかっていない!
わたしたちは今でも戦争をしている。
 私たちのしているのはゲームでもなんでもない。
 気づいていないかもしれないけど‥‥‥
 レントン‥‥‥それに君も加担しているんだよ」


これは日曜の朝7時から始まるアニメだった。小学生、中学生が見る時間帯である。すごいことだ。私は偶然この回だけをテレビで見た。その後の展開を一二度見ただけで結局話がどうなったのか分らずじまいだった。

今回はじめから見てびっくりしたのは、このアニメの世界(星)の説明が、ほとんどされていないのだ。トラパーと言う高濃度の空気の波がときおり寄せて、それに乗ってサーフィンよろしくロボットも空を翔る設定らしいのであるが、そのような基本的なことがほとんど説明されていないのである。それなのに、番組として成り立つところがまたびっくりする。おそらく子供たちは「アニメージュ」などで基本的な知識を補填しながら、学校で知識交換をしながら観ていたのだろう。

今までのところでは、
戦争とは?命とは?自由とは?
そんな深いところまで描いているかのような思わせぶりはしているけれども、どうも表面をなぞっているだけのようにも思える。ただ、中学生にとってはもしこれがはじめて見る「戦争」ならば、「考えるきっかけ」にはなるのかもしれない。

結末のつけ方を見守りたい。







最終更新日  2007年12月27日 00時13分23秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画(07)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.