5011717 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

コロナ奨学金 New! はんらさん

『サル化する世界』5 New! Mドングリさん

季節は足早に(3) New! マックス爺さん

週刊読書案内 藤原… New! シマクマ君さん

視力とkobo New! ポンボさん

カレンダー

2008年12月26日
XML
カテゴリ:邦画(08)
これは良家の子女の嗜みですのよ

監督・脚本 : 佐藤嗣麻子
出演 : 金城武 、 松たか子 、 仲村トオル 、 國村隼 、 高島礼子
002怪人二十面相.jpg
(goo映画より)北村想原作の同名の小説を20年の構想期間を経て映画化。第2次世界大戦を回避した架空の日本を舞台に、富める者から金品を奪う怪人20面相の正体を明かしていく。名探偵、明智小五郎(仲村トオル)は、サーカスの曲芸師、平吉(金城武)を<K-20>だと疑い、捜査するが‥‥‥。

当たりでした。エンタメですが、手を抜かずに細かいところに拘っているし、格差社会でヒーローはいかにあるべきか、楽天的に答えを出していて、とても気持がいい。

例えば、戦後すぐのバラック小屋がVFXが駆使されていて、違和感なく再現されている。懐かしいような雰囲気を出すとともに、変なところで現代的な部分もある。赤くない東京タワー、バベルの塔の日本版ともいうべき羽柴ビルの建たずまい、1949年という設定ながらも戦争がなかったためか、車の交通量は多いし、無線通信機も発達している。「三丁目の夕日」で培われた技術と職人魂をふんだんに使っていい背景を作っていた。

松たか子がいい。華族ながらも、羽ばたく直前のおてんば娘を演じていて、現在の彼女のキャリアに合ったいいキャスティングだと思う。一方男優陣は國村隼がいい味を出していた。金城武は「リターナー」を思い出す演技。怪人二十面相の正体はそうそうに判ってしまうけど、(えっ、私だけ?)まあそれはお愛嬌。ちゃんと伏線を張っているし、種明かしに無駄な時間は使っていないし、いいテンポで物語が進みます。

「水曜日のシネマ日記」さんが「明るい『ダークナイト』」といっており、全面的に賛成したい。黒ずくめの変装、体重負荷に十分に耐えうる飛ぶための道具立て、主人公と裏表の関係になる展開、そして最後に『ダークナイト(闇の騎士)』として再出発する辺り、もしかして佐藤監督は『ダークナイト』の脚本を見て、この映画の脚本を作ったのではないかと思ったぐらいでした。

ハリウッド版と違って、見たあとに元気になれる映画です。大人独りで見ても楽しいし、家族で見ても大丈夫、正統お正月映画です。






最終更新日  2008年12月28日 12時30分47秒
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


TBありがとうございました!   テクテク さん
こんにちは♪
「水曜日のシネマ日記」でお世話になりますテクテクです(^^)

私の感想に共感して頂けた事、大変光栄に思います!
またリンクまで貼っていただき、本当にありがとうございました(^^)

ところで…
この映画に対して
「ダークナイト」よりも「スパイダーマン」では?
という御意見が
私のブログのコメント欄に書き込まれてたので
私も色々と考えてみたのですが、
やっぱり「ダークナイト」だなぁ…と思ってしまいました。

というのも「スパイダーマン」はヒーローですが、
「ダークナイト」はヒールですよね…。

確かにビルを飛び移るシーンや吊るされるシーンなど、
アクション的には「スパイダーマン」を彷彿させましたが、
それ以上に「ダークナイト」的な要素が
「K-20」には色濃く表現されていたように感じました。

しかし「K-20」に悲哀はなく、
怪人二十面相の存在を楽んでいる風な
明るいラストがありましたよね。

ハッピーエンドとは言えないラストでありながらも
後味は全く悪くなかったのが凄いです!

娯楽映画として十分楽しめる内容だったと思いますし、
世界に出しても受け入れられそうな映画のような気がします。 (2008年12月27日 10時03分26秒)

Re:TBありがとうございました!(12/26)   KUMA0504 さん
テクテクさん
こんにちは。コメントありがとうございました。
もう絶対『ダークナイト』だと思います。
『スパイダーマン』はヒーローとは何かをずっと悩んでいる物語だと思うのですが、『バットマン』の場合はそんなことにうじうじ悩まず、法律では解決できない社会の矛盾を善悪両方の立場から照射するところに面白さがあるのだと思います。
だから格差社会というキーワードでこの「K-20」もその両面を描こうとしたのではないかと思います。あくまでも明るく。
國村隼はあきらかにモーガンフリーマンですし。
(2008年12月28日 00時46分43秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) Mドングリさんへ 誤解なさってはないとは…
Mドングリ@ Re:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) 正方形のタペストリーのようなパラレル・…
KUMA0504@ Re[1]:ビッグイシュー388号(08/28) ポンボさんへ その作家さんの本をざっと観…
ポンボ@ Re:ビッグイシュー388号(08/28) 沖縄のマラリアの悲惨な話を、沖縄の中の…
KUMA0504@ Re[1]:迫りくるカタストロフィに私たちは耐え得るのか「第四間氷期」(08/18) まろ0301さんへ 殺人的な酷暑のなか、まろ…
KUMA0504@ Re[3]:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16) ポンボさんへ よく言っている意味がわから…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.