4890816 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

奥泉光『モーダルな… New! シマクマ君さん

(文化の扉)ルビ 小… New! Mドングリさん

マスクで肌荒れ? New! はんらさん

国境・時間と空間を… New! マックス爺さん

世界人口デー2020 New! 天地 はるなさん

カレンダー

2009年06月01日
XML
カテゴリ:洋画(09~)
ラッセル・クロウのぶくぶく太りは何か深い意味があるんでしょうね。

監督 : ケヴィン・マクドナルド
出演 : ラッセル・クロウ 、 ベン・アフレック 、 ヘレン・ミレン 、 レイチェル・マクアダムス 、 ジェイソン・べイトマン

ジャーナリズムの現場を描いて三分の二までは軽快に見せてくれた。けれども、である。最後のどんでん返しですべてが台無し。いや、確かに有りうる話ではある。けれども、今回は雑すぎる。ラッセル・クロウの机の周りや独り暮らしの部屋は美術としてよくで来ている。けれども、「クライマーズハイ」のような、隅々まで行き届いた緊張感はない。

残念無念。






最終更新日  2009年06月01日 23時42分51秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画(09~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

abi.abi@ Re:かっこわるいけど、かっこいい「なにたべた?」(07/08) 読んでみたくなりました! 伊藤比呂美さん…
KUMA0504@ Re[1]:角間さんは無言で振り返った「健康で文化的な最低限度の生活9」(07/08) はんらさんへ こんにちは。 それはね、お…
zzz@ Re:なぜ弱者を抹殺してはいけないのか?(07/31) 「弱者を抹殺してはいけない」と言える者…
KUMA0504@ Re[3]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03) ポンボさんへ 本のベットですか。 とても…
ポンボ@ Re[2]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03) KUMA0504さんへ この「途中挫折」と「詰…
KUMA0504@ Re[1]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03) ポンボさんへ >「途中挫折本」 この表現…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.