4804745 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

病院に出前? New! はんらさん

コロナ対策の日本モ… New! 七詩さん

『群像(2020年6月号… New! Mドングリさん

なみだ縮緬 着物始… New! 天地 はるなさん

五日目の雨 New! マックス爺さん

カレンダー

2009年09月01日
XML
カテゴリ:洋画(09~)
「必ず二十四城のマンションに両親を住まわせてみせる。高いのは知っている。けれども私は労働者の娘だ」

かつては劉備玄徳が都を構えた四川省成都。

50年代の終わりにこの工場に移ってきた者。ここで70年代の青春を過ごしたもの。そして現代の高度成長期の中国でのし上がろうとしている高校出の娘。

監督・脚本 : ジャ・ジャンクー
出演 : ジョアン・チェン 、 リュイ・リーピン 、 チャオ・タオ 、 チェン・ジェンビン

かれらの古い考え方と新しい感覚が、当時の流行歌と共に語られる。インタビューは事前の打ち合わせが緊密なのか、よく整理されたものであるが、虚実織り交ぜた作品だという。いったいどこから嘘で、どこから本当なのだろうか。瓦礫とすすけた鉄の固まり、そして美しい女。

現代中国をひとつの巨大工場の始まりと終わりをインタビュー形式で再現してみせる。この人の映画の作り方がわかってきた。

前作よりもこちらのほうがよかった。






最終更新日  2009年09月01日 23時03分57秒
コメント(0) | コメントを書く
[洋画(09~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 上京、我孫子散策は、まだまだ先になりそ…
KUMA0504@ Re[1]:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) ポンボさんへ ありがとうございます。 鉛…
ポンボ@ Re:明治13年の森鴎外「雁」(05/19) 国際こども図書館は、いいですよぉ。 鉛筆…
嫌好法師@ Re[2]:「宮部みゆき全一冊」祝作家生活30周年。ところで、私は‥‥(05/11) KUMAさんへ くどいようですが、数え年は…
KUMA0504@ Re[1]:母の日はどうして広まったか「季語うんちく事典」(05/08) 象さん123さんへ で、 このうんちく事…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.