4712206 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

聖週間の始まり Inic… New! convientoさん

関根潤三さん亡くなる New! lalameansさん

緊急事態宣言後のグ… New! 七詩さん

未来統合党? New! はんらさん

買ってしまいました New! ポンボさん

カレンダー

2010年12月10日
XML
カテゴリ:邦画(09~)
歴史は「発見」の宝庫である。現代そのものが日々工夫とドラマのような人生の連続なのだから、過去の中には無数の工夫と教訓、そしてドラマがあるに違いない。そして、それは一家の献立から冠婚葬祭まで事細かに綴られた「武士の家計簿」が発見されたならば、無数の「発見」があるに違いない。
01武士の家計簿.jpg
監督 : 森田芳光
原作 : 磯田道史
出演 : 堺雅人 、 仲間由紀恵 、 松坂慶子 、 西村雅彦 、 草笛光子 、 中村雅俊

原作はその中から、現代の教訓になるようなことを分かりやすく解説した良書であった。森田芳光監督が果たしてこれをどのように料理するのか楽しみだったが、実に上手くまとめていると思う。最初登場人物の説明にもたついたけれども、猪山家の借金返済計画と成之教育に話が移ると非常にしっかりしたドラマが始まった。

江戸の武家社会では息子の教育係は父親の責任なのである。仕事が忙しいからと言って、決して怠けてはいけない。現代の家族よりはよっぽどしっかりした絆が出来るのではないだろうか。

本当は明治維新を迎えて、官僚テクノラートの成之がどのように出世し、リストラ侍がどのようにスポイルされていったかを描けば、現代に対する批判映画になりえたのだろうが、それをやるとテーマが散漫になってしまう。

史実とあえて変えているところも散見したが、まあそれこそが映画なのだから仕方ない。
堺正人が真面目一本なそろばん侍を演じていて流石なのであるが、それを受けるお駒こと、仲間由紀恵が抑えた演技気ながら、夫を好きになり、信頼し、母として夫に反発し、そして愛する姿を存在感持って演じており、感心したのである。






最終更新日  2010年12月10日 09時50分27秒
コメント(4) | コメントを書く
[邦画(09~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:図書2020年4月号(04/04) はんらさんへ 日本文学で、異性に告白形で…
はんら@ Re:図書2020年4月号(04/04) 「アイ」と「こい」についてはとても興味…
KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.