4492786 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

つぶやきコラムのよ… New! lalameansさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

「バカ猫 百態(そ… New! シマクマ君さん

ラクビー New! はんらさん

『浮世絵でみる年中… New! Mドングリさん

カレンダー

2011年01月29日
XML
カテゴリ:洋画(11~)
共感できる人物は、冒頭マーク・ザッカーバーグを振るエリカしかいないというところが、この映画の性格をよくあらわしていると思う。

監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ジェシー・アイゼンバーグ (Mark Zuckerberg)
アンドリュー・ガーフィールド (Eduardo Saverin)
ジャスティン・ティンバーレイク (Sean Parker)
アーミー・ハマー (Cameron Winklevoss)
マックス・ミンゲラ (Divya Narendra)

ザッカーバーグはもちろん現在もまだ26歳。それで総資産5780億円という長者になってしまった。頭はいいが、映画を見る限り特別なことをしたわけじゃない。情報を集めるしくみを作った、それだけで、これだけの金を集めることができる。それが『現代というもの』なのである。

これは怖ろしく恐ろしい映画なのである。

しかし、その金が集まるというおそらくこの映画の一番「恐ろしいところ」は言葉でしか説明されない。映画にする必要がないようにさえも思える。この映画の何処が凄いのか私には分らない。ヒッチコックならば、もっと恐ろしく面白い映画に出来たのではないか。

テンポよく編集している。けれどもこれでオスカーの作品賞を取るようならば、私はこの賞を見限るだろう。






最終更新日  2011年01月29日 20時21分17秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画(11~)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…
KUMA0504@ Re[1]:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) narcisse7さんへ 弥生時代から「脱穀・精…
narcisse7@ Re:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) 憧れますね、縄文生活。 僕は古墳時代前期…
KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.