4568833 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『文学的商品学』3 New! Mドングリさん

野田サトル「ゴール… New! シマクマ君さん

スントゥブ(おぼろ… New! はんらさん

大寒:氷点下41度の… New! 天地 はるなさん

古墳の話にお付き合… New! マックス爺さん

カレンダー

2011年03月03日
XML

「本は、これから」岩波新書
珍しく文学的な書名である。電子ブックの登場で「本は、これから……どうなるのか?」いろんなタイプの書き手、読み手、書店、古書店、図書館、取り次ぎ、装丁、編集の位置からの短文を37そろえている。

以下、私が線を引いたところ(抄)である。

池澤夏樹
われわれは本を読みすぎるのだ。その大半は読み捨て、読み流し。かつて新井白石のような優れた知識人が生涯に読んだ本の何十倍もの量をわれわれはただ消費している。

紙という重さのある素材を失ったために文筆の営みはすっかり軽くなり、量産が可能になった分だけ製品はぺらぺらのものばかりになった。そもそも人類の智の総量が変わるはずないのだからインターネットによって生産を加速すれば中身は薄まる理屈だ。

→まさにその通り。私はおそらく、江戸の知識人よりも多く本を読んでいると思うが、その中味は到底彼らに追いつかない。それどころか、こんな文章を書いて、「中味を薄める」お手伝いをしているというわけだ。

しかし、世代は変わるのだ。新しいがジェットは若年層を突破口に社会に浸透する。今の子供たちはもう固定式の電話をほとんど使わない。韓国とシンガポールではあと二年もすれば教科書が電子端末に変わるという。

実を言えば、今の段階で電子ブックなどよりずっと恩恵をこうむっているのはこのインターネットによる古書のシステムだ。かつては欲しい本を探して神田の古書店の棚を尋ね歩いたものだが、今はたいていの本は即座に手に入る。古書というものの概念が変わってしまった。それはまた、手元の本を惜しげもなく放出できるということだ。必要ならばまた買えばいい。日本中の本全体が一種の共有財産と化してきた。

池内了
記録媒体としての電子書籍(やたら記憶が得意なシリコン頭にうってつけである)、自分のあたまを鍛えるための紙の本(考え想像するカーボン頭に最も相応しい)という棲み分けができそうである。

岩楯幸雄(幸福書房社長)
でも、五年後にはどうなっているのでしょう。新宿・渋谷に超大型店が出店し、大型店通しの潰しあいが始まっています。それぞれが一人勝ちを狙っているのでしょうが、それは無理でしょう。電子書籍の影響を近い将来全部の店が公平に受けるのだとすれば、ダメージは大型店が一番大きいはずです。多くの借金や高い家賃を負担しているはずだからです。アメリカでは大型店の廃業が始まっているそうです。そう、5年後はどうなっているのか分からないのです。老人大国の日本で若い人が営む小さな本屋が、もしかしたら一番必要とされる時代がやってくるかもしれません。健闘を祈ります。

→私はおそらく、三年後には電子書籍を手にしていると思います。新し物好きですから。けれども、一方では老人が陽だまりの中、、20年積んだままにしている中江兆民全集や植木枝盛全集、マルエン全集などを読むことや、何度も読んだあの本やこの本を読むことを夢見ているというわけです。本屋の未来、この社長の言うとおり、これからは個性的な本屋さんの時代かもしれません。私ならば、こんな本を並べるのだけどなあ、というのはあるのだけど、誰か雇ってくれないかしら。






最終更新日  2011年03月03日 23時02分59秒
コメント(4) | コメントを書く
[読書(09~ノンフィクション)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画C(01/17) はんらさんへ なるほど。映画の最後で、ま…
はんら@ Re:2019年12月に観た映画C(01/17) IMFの時代にも私は韓国で暮らしていました…
KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画B(01/15) はんらさんへ 韓国でヒットしてるんだ! …
はんら@ Re:2019年12月に観た映画B(01/15) こんにちは~ 「アナと雪の女王2」は韓国…
KUMA0504@ Re[1]:謹賀新年(01/01) 嫌好法師さんへ 明けましておめでとうござ…
嫌好法師@ Re:謹賀新年(01/01) 遅くなりましたが、新年あけましておめで…
KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.