4429404 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

「2千円札」と『帰… New! lalameansさん

図書館大好き408 New! Mドングリさん

スヌン(大入修能試… New! はんらさん

レンタルビデオショ… New! 七詩さん

カレンダー

2011年10月11日
XML
カテゴリ:洋画(11~)
震災から七ヶ月目の今日、「チェルノブリ・ハート」というドキュメンタリー映画を見てきました。(監督 マリアン・デレオ)

01チェルノブイリ・ハート.jpg
2003年の米国アカデミー賞ドキュメンタリー部門でオスカーを獲ったチェルノブイリ周辺の放射能治療、小児病棟、乳児院を取材した短編である。

2003年当時は、もちろん反原発のアメリカの運動家が作った映画として受け取られただろう。しかし、今は全く違う見方でしか見ることのできない映画になってしまっている。

フクシマで起きたことは、その十数年後にどのような結果をもたらすのか。そのひとつの姿がここにあると、いえないことは決してない。もちろん日本とウクライナやベルラーシは違う。甲状腺がんの管理も日本のほうがきちんとするだろう。

しかし、問題はパーセントや数の問題ではない。

しかも、私は「ここまでは……」と思っていなかったのであるが、ここまで放射線は遺伝子に瑕をつけるものなのか。

事故以来飛躍的に伸びた数はがん患者だけではない。精神病病棟や小児病棟、そして遺棄児童施設には何十倍もの精神病や異常を持った子供たちがいた。子供らしいまっすぐな瞳を持ちながら、正視に耐えない病状を見せる。ベルラーシでは現在も新生児の85%が何らかの障害を持っているという。信じられない。

一体日本はどうなるというのか。

冒頭と最後に監督の日本用の呼びかけの言葉が日本語字幕で流れた。おそらく、オリジナルより相当変えた作品になっていると思う。2006年に撮られた「ホワイト・ホース」という短編も付いていた。事故から20年後、初めて故郷に帰った青年の半日を映したものだ。薄い雪で覆われた北国は雑草が蔽い茂ることもなく、ただコンクリート製のアパートがボロボロになって残っている。10歳のときのベッドがあった部屋でことばをなくす青年。最後に字幕で一年後に彼は死んだと告げられた。事故があったときに、アパートの窓から事故の火を見て、両親に止められたのに見学に行ったという。

なんか悪い夢を見ているようだった。






最終更新日  2011年10月12日 00時07分41秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画(11~)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:7ヶ月目「チェルノブイリ・ハート」(10/11)   のりまき さん
このドキュメンタリーは見ていませんが、文章を読んで、「え~そんなに~」って気持ちになりました。
日本は、多雨の国だから、チェルノブイリより早く海に流れて薄まっていくのだろうと思っていましたが、かなり甘い考えだったのかもしれないと・・・
東京圏にお住まいだった方にも10年後、どのような影響がでているか・・・なんだか末恐ろしくなりました。 (2011年10月15日 20時53分11秒)

Re[1]:7ヶ月目「チェルノブイリ・ハート」(10/11)   KUMA0504 さん
のりまきさん
>このドキュメンタリーは見ていませんが、文章を読んで、「え~そんなに~」って気持ちになりました。
>日本は、多雨の国だから、チェルノブイリより早く海に流れて薄まっていくのだろうと思っていましたが、かなり甘い考えだったのかもしれないと・・・
>東京圏にお住まいだった方にも10年後、どのような影響がでているか・・・なんだか末恐ろしくなりました。
-----
お母さんたちが泪を流しながら転校できないという。その気持がよく分るようになってきました。チェルノブイリ・ハートとは、心臓をわずらった子どもたちです。地元の医者は手遅れだという。けれども、アメリカから来たボランティアの医者は、淡々と普通の手術をして直していく。彼らはそのとき13人の手術をしただけ。400人が先天異常を持っているという。何度も「事故との因果関係は分らない」というセリフが出てきます。科学的に分らないけど、事実としてそれだけの先天異常が生まれていた。日本はたぶんそれほどでないと思う。けれども、1/100が1/1000になったところで、その一人に当たってしまった子どもや親は、堪らないはずです。
福島市は本当は避難地域になるはずだ、という彼らの叫びは切実です。 (2011年10月16日 07時43分44秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) narcisse7さんへ 弥生時代から「脱穀・精…
narcisse7@ Re:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) 憧れますね、縄文生活。 僕は古墳時代前期…
KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…
KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.