4568275 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

野田サトル「ゴール… New! シマクマ君さん

スントゥブ(おぼろ… New! はんらさん

大寒:氷点下41度の… New! 天地 はるなさん

古墳の話にお付き合… New! マックス爺さん

冬休みその6 New! Hiro Maryamさん

カレンダー

2011年10月19日
XML
「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」広瀬隆 文芸春秋社
160pに「ハリウッド王家の谷の人命禄」というのが乗せられている。全部書き写すと大変なことになるので、一部だけ。61年から82年にかけて癌でなくなったハリウッドスターと監督を並べているのである。
61年 ゲイリー・クーパー(前立腺癌)
62年 マイケル・カーティス監督(癌)
   トーマス・ミッチェル(癌)
69年 ロバート・テイラー(肺癌)
73年 ジョン・フォード監督(癌)
   エドワード・G・ロビンソン(癌)
75年 スーザン・ヘイワード(脳腫瘍)
79年 ジョン・ウェイン(腸癌)
80年 スティーヴ・マックィーン(肺癌)
82年 ヘンリー・フォンダ(癌)


その数、なんと59人。これらはみんな、西部劇になじみが深い人ばかりだった。しかもおそらくこれは氷山の一角である。脇役や映画スタッフはここには載っていない。スターたちは基本、癌の死亡を隠したがる。衰えて死んでいったイメージを持って欲しくないからだ。だからヘンリー・フォンダが癌で死んだことはあまり知られていない。マックィーンは例外だ。癌との闘病がニュースになっていたから。そして、ジョン・ウェインも例外の中に入る。

ジョン・ウェインはなぜ死んだか。

西部劇の主なロケ地はネバダ、ユタ、アリゾナの三州だった。そしてネバダ核実験の主な被災地はネバダ、ユタ、アリゾナ州なのである。1951-58年にかけて、ネバダでは、大気中の98発の核実験が行われた。そんなとき、「征服者」という映画の一団がハリウッドから車を連ね、ユタ砂漠で二ヶ月の撮影を行ったのである。その時の主役がジョン・ウェインだった。

当然近くの住民にも影響がある。しかし、そのことに気がついたのは、ずっと後だった。セント・ジョージの住人1200人近くが訴訟に立ち上がり、24人に絞って訴えたという。この本ではその結果は出ていない。

広瀬隆の本を初めて読む。あまり科学的ではないが、無視できない内容。

関係ないけど、図書館で見かけた猫君です。
4932?.JPG






最終更新日  2011年10月20日 00時17分13秒
コメント(10) | コメントを書く
[読書(09~ノンフィクション)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画C(01/17) New! はんらさんへ なるほど。映画の最後で、ま…
はんら@ Re:2019年12月に観た映画C(01/17) IMFの時代にも私は韓国で暮らしていました…
KUMA0504@ Re[1]:2019年12月に観た映画B(01/15) はんらさんへ 韓国でヒットしてるんだ! …
はんら@ Re:2019年12月に観た映画B(01/15) こんにちは~ 「アナと雪の女王2」は韓国…
KUMA0504@ Re[1]:謹賀新年(01/01) 嫌好法師さんへ 明けましておめでとうござ…
嫌好法師@ Re:謹賀新年(01/01) 遅くなりましたが、新年あけましておめで…
KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.