5080779 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『ぼくはイエローで… New! Mドングリさん

新しい産婦人科 New! はんらさん

タータンチェックあ… New! 天地 はるなさん

負け犬の遠吠え(5) New! マックス爺さん

週刊 読書案内 戸… New! シマクマ君さん

カレンダー

2015年05月17日
XML
カテゴリ:鼠の歌
鼠の歌 自分評伝の試み4 小学4年 〈2〉



「ほうたいレスラーかげ」とは、当然ながら当時人気だった「タイガーマスク」の影響の元に作られている。

次々とやってくるライバルを倒すこと。包帯の下の正体は何かという「ひっぱり」。ともかく割れた腹筋や盛り上がった筋肉が作画上の大きなポイントになること。このような作りは、ほとんどアニメのパクリといっていいと思う。

「必殺技」でライバルを倒したあとに「こんなことがわからないぐらいじゃまだ小ぞうだぞ」とライバルに威張って見せる。
「まっ、まけた」がっくり崩れるライバル。
ところが、突然包帯の下でかげは泣いている。「だが、先生の所へ帰れないおれは、一人で知らなければならない。一人で…!」どうやら、かげは1人で生きて行く悲しみに暮れているらしい。

そして冒頭の「第一部終」の一ページ使った終わり方になるのである。話の展開が急に「小学生のセンチメンタル」になっているところが面白い。大の大人ならば、「先生」の所に帰れようが、帰れなまいが、1人で戦わなくてはならないはずなのだが、かげ君にとっては重要なことのようだ。

今回マンガを見る限り、ストーリー全体の組み立てに「独創性」はまったくないと言える。あるのは、「少年マガジン」の過激なスポーツバトルであり、「少年ジャンプ」の編集方針だった「友情」「努力」「勝利」である。

実はそれと外れたストーリーになる可能性のあるマンガも描いている。後述する一回だけで終わってしまった連載マンガの一部である。どのように「友情」「努力」「勝利」から外れるのかは、今となっては想像のしようもない。基本的に当時の私に、オリジナルマンガを描こうという欲求はなかった。アニメのパロディみたいなマンガを、楽しく描ければ良かったようだ。

ちなみに、カラスの描写は下手な割には雰囲気をつかんでいるし、なぜか右に咲いている梅の花は案外特徴を捕まえている。こういう無意識のうちに描いている絵に何故か絵心を感じてしまう。(しかし、今もそうだけど、このころは字が恐ろしいほど酷い!)

ちなみに、右下に「落書き」がある。オバQは、当時目をつぶってでも描いていた落書きの定番。その左の男の子は、手塚治虫でいう自画像の絵である。あの丸顔にギザギザ髪、たれ目の男の子はその後、一生私について回ることになる。

第一部最終回を受けて、直ぐ右に「新連載」のお知らせが入っているのが、私のマンガを描くときのモチベーションになっているようだ。このノートは、おそらく誰にも見せることなく終わっているはずなのだが、このサービス精神!はすごいと思う。結局私は一冊の雑誌を作りたかったようだ。「ひみつそしき台風やろう」って、表紙を見ただけでもワクワクするようなキャラになっているが、記憶の上からも、このあと一切描かれることはなかった。

今回のノートをざっと見ると、実はいくつかの連載を始めている。アマチュアレスリングまんが「大ようにつっぱしれ」。うさぎの親子が大熊に出会うところでつづくになる「子うさぎ物語」。「私」の自画像が主人公で、小学生一年生の始業式の日に「6年前の入り口」に入って赤ちゃんとして出てきたところで終わる「思い出」。「野球王子」とは違い、連載二回掲載6ページほど書いた野球マンガ「ナンバー7」。二匹の神の犬と、超能力者らしきものが登場する「のら犬ケン、ガブ」。ほとんどが一回描いて、続きが描かれていない。描いた記憶もない。一冊の雑誌には様々なタイプの「連載マンガ」が必要である。と、どうやら信じていたらしい。

今回ビックリしたのは、ともかくその「サービス精神」である。発想の仕方は、漫画家よりも編集者に向いていたかもしれない。実際、大学卒業時には本気で小学館や集英社の編集者になりたいと思い、大学4年の夏に(←遅いで!^_^;)、資料を取り寄せている。それはともかく、今回感心したサービス精神をいくつか紹介する。

「大ようにつっぱしれ」では、手紙を主人公が読むのだが、突然パズル型式の手紙になっているのである。ストーリーマンガで突然それをやるシュールさが恐ろしい(手塚は初期からそういう遊び心を持っていたので、少し影響されている)。



そして、ノートの裏表紙に書かれていたこれである。曲は何かを援用したかどうかもわからない。非常に稚拙な詞ではあるが、オリジナルな「歌詞」を作っていることは間違いない。しかも驚いたことに、反対側の裏表紙には、始まったばかりの野球マンガ「ナンバー7」の歌も作っているのである。それは以下のような歌詞である。

ナンバー7の歌
1. 野球一筋かけたならーかけたならーくたばるまでやれよーそれがそれが男の生きる道
2.人なみすぐれたこのうではーこのうではー野球をやるためのーうでだ、うでだ、ナンバー7


うーむ途中までは巨人の星の歌がかぶるけれども、途中からはまったく未知の曲になっている(^_^;)。

どうやら「私」は雑誌を作るだけでは飽き足らず、アニメまでプロデュースしようとしていたらしい(^_^;)。

この文章を書くまでは、自覚はなかったのだけど、どうやら私は「根っからのエンターテイメント志向」のクリエイターらしい。間違っても純文学方面には行ってはいけない、と自分に言い聞かす必要が出てきた。

と、いうことでマンガ編はこれで一応終わります。






最終更新日  2015年05月17日 10時00分27秒
コメント(2) | コメントを書く
[鼠の歌] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


発信する手段   まろ0301 さん
 いま、ネットを見ますと、本職顔負けのイラストを見ることが出来ます。山藤章二さんの「似顔絵塾」でも、おどろくほど上手い人がいます。
 発表し、反応が返ってくる今は、クリエイティブな才能を持っている人にはいい時代かもしれません。
 それにしても、「忘れてしまった自分の過去」が、ポイっと目の前に現れる体験というのは面白いですね。「著者」の「自註」というスタイルが面白いです。 (2015年05月17日 20時17分31秒)

Re[1]:鼠の歌4 小学4年 〈2〉(05/17)   KUMA0504 さん
まろ0301さん
> いま、ネットを見ますと、本職顔負けのイラストを見ることが出来ます。山藤章二さんの「似顔絵塾」でも、おどろくほど上手い人がいます。
> 発表し、反応が返ってくる今は、クリエイティブな才能を持っている人にはいい時代かもしれません。
> それにしても、「忘れてしまった自分の過去」が、ポイっと目の前に現れる体験というのは面白いですね。「著者」の「自註」というスタイルが面白いです。
-----
そうですね。
最初に小説を書いたら、賞主催者の縛りがない限り、このブログで発表したいと思います(^_^;)。

詩や日記はマンガとは違い、はるかに膨大な量があるためにかなり取捨選択されることになると思います。
(2015年05月18日 07時40分13秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[7]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) はんらさんへ 羨ましいですよね。 息子さ…
はんら@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) わぁ~! 羨ましいです。 そういう体験、…
KUMA0504@ Re[5]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) ポンボさんへ コメントありがとうございま…
ポンボ@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 今までとは趣の異なる今回の日記に、 えっ…
KUMA0504@ Re[2]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 嫌好法師さんへ へえー、そうなんだ。 6人…
KUMA0504@ Re[1]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) >安倍政権に感謝ですね。 貴方にだけに…
嫌好法師@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) よく一人で行けましたね。私など腰が引け…
KUMA0504@ Re[3]:ファンタジーの世界地図!(10/10) はんらさんへ 5000円以上の本は絶対に買い…
はんら@ Re:ファンタジーの世界地図!(10/10) 楽しそうな本ですね。 でもお値段がすごい…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.