4695849 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『猫背の目線』1 New! Mドングリさん

忙しい社会人になっ… New! はんらさん

ねずみ年ですから:… New! 天地 はるなさん

ブレイディみかこ「… New! シマクマ君さん

東北の小さな春(1) New! マックス爺さん

カレンダー

2016年09月12日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

9月12日。季節は十二節気で白露に移っており、72候では、この日から「鶺鴒(セキレイ)鳴く」になる。残暑はまだあるが、朝晩には白い露が実を結ぶのがこの気らしい。実際、朝晩はすっかり過ごし易くなった。この夏の酷暑に戻ることはもうあり得ないとホッとしてところである。
 
この8年間は、家がある程度は風が通ることもあって、ずっとクーラーを一切使わないで過ごしてきた。でも今年の夏は、お盆をすぎても熱帯夜が続いた。何度も心が折れそうになった。今更昔ながらのクーラーは使えないということと、「意地」があって、クーラーを使わずに乗り切った。オトコ独り家なので、家を開け放して寝ても怖くないということもある(高額な品物も現金もない)。しかし、だんだんと耐え難くなってきた。日本列島この数年間で確実に熱帯化している。間違いない。ともかく、今年は乗り切った。来年は乗り切れるだろうか。(ちなみに、8年間クルマもクーラーと暖房は使わずに乗り切ってきています)

そんなこんなの「白露」である。そして「鶺鴒鳴」。写真のセキレイは黄色かかっているが、これはなかなかお目にかかれない。私がいつも目にするのは、ハクセキレイだ。白と黒とのコントラストが特徴的だ。ただし、尾っぽを上下に振る仕草は、同じ。その特徴からイシタタキの異名も持っているらしい。もっと興味深い異名は、オシエドリである。「日本書紀」にイザナギとイザナミが、この動きから、いわゆる「性交」のやり方を学んだというくだりがあるらしい。それはつまり、一般的にもそういう風に、1400年前から人々はやり方を教えあいしていたということを示しているだろう。いわば、セキレイは数少ない「生きている古代遺物」なのである。






最終更新日  2016年09月12日 22時09分26秒
コメント(0) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…
KUMA0504@ Re[1]:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) ハンサムクン3714さんへ ご紹介ありがとう…
ハンサムクン3714@ Re:平和憲法の下で、戦争の訓練を許すな(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.