4709406 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

(新型コロナ)疫病… New! Mドングリさん

テレビやネットで映… New! はんらさん

渡辺実「大鏡の人々… New! シマクマ君さん

情報戦争の行方 New! マックス爺さん

近所の神社で桜と古… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2016年09月23日
XML
カテゴリ:考古学

今年に入って、2日続けての休みが取れなかったのですが、急遽取れることになり、かねて行きたかった丹後の弥生遺跡群に向かうことにしました(ここは交通の関係で、夜に出発というわけにはいかないので、丸々2日必要なのだ。でも、結局高知ほどには大きな収穫はなかったので、連載も4回で終わります)。舞鶴若狭自動車道の西紀(にしき)パーキングで、ちょいと休憩。「泳ぎたこ焼き」に「踊りたこ焼き」。ここは、明石焼ともまた違うこんなものを売り出している。食べませんでした。


綾部で京都縦貫自動車道に移って宮津で降りる。昼飯は手軽な道の駅みたいなところで、海鮮ものを頼んだのだけど、冷凍ものの寿司でした。残念。


そこから、天の橋立を望む。横から見るので、何が何やらわからない(一応半島の突端、つまようじみたいなものが天の橋です)。


多分、この辺りに春の頃に読んだ大風呂南遺跡があるはずだ。


京都府立丹後郷土資料館。弥生遺物の展示は、ここだけのような気がするのでとても期待していたのだが、なんか情熱の感じられないがっかりしたものだった。赤坂今井墳丘墓など、弥生時代最大級の遺跡があるのにもかかわらず、淡々としか書いていない。写真禁止なので、詳しくは述べれない。でも、ともかくここで行きたい遺跡の場所だけは教えてもらった。こういうところが、博物館のいいところなのだ。ここの資料館は、中世以降に力点があったようだ。与謝野蕪村特別展示をしていた。


この資料館は丹後国分寺跡のそばに併設されている。ここから天の橋立も見える。古代においても、この不思議な地形は、有名だったようだ。


そこから遺跡めぐりをする前に、天の橋立ワイナリーに寄る。甘いワインとケーキを買った。ここのぶどうは、牡蠣の貝殻を大量に土壌に蒔いていた。ぶどうつくりはやはりアルカリ性がいいのか。


男山を通り過ぎ、人に聞きながら、丸山墓地の道を少し上がると、大風呂南遺跡(弥生晩期)あとがあった。


鉄塔が立っていた。写真を見ると、ここから遠く天の橋立も一望出来ていたようだ。交通の要を司る王の墓だったのか。この遺跡を嚆矢として、丹後の王墓が始まる。それにしても、(台風が接近していた頃で)ちょうど雨が本降りになった。植物のツルも絡まりびしょびしょになる。


そこから竹の川流域を上る。三坂神社墳墓(弥生後期)。かなり迷う。入り口近くで、バーベキューをしていた家族に場所を聞く。「三坂神社は確かにここだけど、弥生遺跡なんて聞いたことがないわね」地域の人も知らない遺跡というのは、弥生遺跡の宿命である。登ってみると、なんのことはない、反対側から道が通っていて、ホテルや府立マスターズビレッジの施設が建っていた。この施設のために一山削ったのだろう。


説明板もあった。


ここは、山の突端。大風呂南遺跡と同じである。自分のテリトリーを見渡すところに作っている。この頃から、墓に多量の鉄器・ガラス玉が副葬される。王様が出来つつあった頃である。


そして、17号線にずれて、峰山街を抜けると、谷あいに赤坂今井墳丘墓がある。


国の指定になっていて、ちゃんと遺跡は保存されていた。


しかし、国の指定の割には他になんもない。


ここからは、眺望もよくない。テリトリーに作ったのではない。丹後の最後の大王と言われる。何かがあったのかもしれない。


明日、この地域で反原発の学習会があるようだ。文字に地域の怒りがよく出ている。ここは京都だ。しかし、福井の原発銀座はすぐ隣だ。地域に何の益もないのに、不安だけが大きく膨らんでいる。




今日はここまでにして、早いけど帰る。雨がひどくなった。ホテルは楽天で銀水という和風ホテル。まあまあ。






最終更新日  2016年09月23日 09時55分04秒
コメント(2) | コメントを書く
[考古学] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:図書2020年4月号(04/04) はんらさんへ 日本文学で、異性に告白形で…
はんら@ Re:図書2020年4月号(04/04) 「アイ」と「こい」についてはとても興味…
KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.