4712138 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

聖週間の始まり Inic… New! convientoさん

関根潤三さん亡くなる New! lalameansさん

緊急事態宣言後のグ… New! 七詩さん

未来統合党? New! はんらさん

買ってしまいました New! ポンボさん

カレンダー

2016年09月25日
XML
カテゴリ:考古学

みやづ歴史の館に行く。細川ガラシャの木造が作られていた。


大河ドラマ誘致作戦があるらしい。

ここは、歴史資料館らしいのだが、企画展の時にしか開けないらしい。でも、本だけはみさせてもらった。
 
気になっていた、この町の自由民権運動は天橋義塾という結社が中心だったらしい。本を読むと、わりとガチガチの武士が中心人物だったようで、天皇中心の憲法案を作っていた。それでも、ここと慶應義塾と立志社が三代自由民権結社だったというのだから、自由民権運動はまだ十分な動きのないまま盛り上がり、そして潰されたということになる。


さて、今日は奈具岡遺跡跡を見て、丹後の古代の里資料館に寄るのが目的。奈具岡遺跡は、いろいろ迷った。遺跡は主に「あざ名」で名ずける。しかし、ドライブ用の地図にはよくて町名、悪くて市の名前ぐらいしかついていない。よって、前日の資料館で教えてもらった不鮮明な国土院地図と見比べながら探し当てるのではあるが、目立った立て看板がない場合は、それこそカンで探し当てることになる。迷って、地域のご主人に聞いてみる。
「奈具遺跡?この前の畑は古墳じゃということで、ずいぶん長い事耕すこともできんかったが、奈具いうたらこことちがうよ。たしか、ずっと先の信号のあたりだと思う。」
こんな風に最初の聞き合わせで、大体の場所を教えてもらうのはまれである。感謝して、場所を勘違いしていいたことを恥じつつ、その場所に向かう。

しかし、この高校の下にあったのは間違いないと確認した。


この丘陵の上で、日本有数の玉造の里があったわけだ。ガラス玉やくす玉、そして製鉄までも引き受けた弥生後期の丹後の先進性が象徴が、この奈具岡遺跡である。立て看はついに見つけることができなかった。


竹野神社にたどり着く。古い神社。


可愛い絵馬。


隣には古代の里資料館。ここが思ったよりよかった。


町立博物館なのだが、非常に情熱を込めた展示解説があり、かつ、写真撮影OKなのである。よって、弥生時代に絞り関係する大量の写真をそのまま載せます。これを読むと、この2日で訪れた遺跡の概要もわかると思う。










写真が多くなったので、後半は明日。






最終更新日  2016年09月25日 21時41分27秒
コメント(2) | コメントを書く
[考古学] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:図書2020年4月号(04/04) はんらさんへ 日本文学で、異性に告白形で…
はんら@ Re:図書2020年4月号(04/04) 「アイ」と「こい」についてはとても興味…
KUMA0504@ Re[1]:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) ももたろうサブライさんへ 確かにはまり役…
ももたろうサブライ@ Re:私はなぜ葉村晶推しになったか「悪いうさぎ」(02/26) 気まぐれでドラマを見始めた。シシドカフ…
abi.abi@ Re:「呪いの言葉の解きかた」呪いの言葉、その力の大きさ(02/16) お久しぶりです。 この本私も読みました。…
まっぴー@ Re:「小鳥の巣」解題(06/25) こんにちは。 萩尾望都さんの作品が好きで…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.