4328822 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『地図の物語』4 New! Mドングリさん

北海道歳時記:秋の… New! 天地 はるなさん

NHKさん、それっ… New! マックス爺さん

気になる環境ニュー… New! narcisse7さん

消えゆく個人商店? New! 七詩さん

カレンダー

2016年11月14日
XML
カテゴリ:中江兆民


「明治14年の政変」とのちに呼ばれるそれは、1881年(明治14年)政府内の派閥闘争から起きている。国会の早期開設を主張する大隈重信と漸進論の伊藤博文が居た。そこに、北海道開拓使官有物払い下げ事件が起きて、マスコミが発達し始めたその頃の爆発的な衝撃でもって、「世論の政府批判」が沸き起こる。伊藤博文或いはその時の政府のブレーンは、つくづく天才的な対応をしたと思う。それは下手に対応を誤れば、フランスのパリコミューンに似た「民主革命」に発展する可能性さえもあったかもしれない。しかし、伊藤博文は「機先を制」した。憲法構想が固まる直前の10月12日、「詔勅」を発した。10年後の国会開設・憲法の欽定を宣言したのである。そして返す刀で、早期国会開設を要求して事変を起こし、国安を害する者は処罰すると警告したのである。いわば、民権派が渾身の一撃を降ろうとした直前に目くらましを打ち、胴を薙いだようなものか。さらに、世論に対しては払い下げ中止を宣言して、沸き起こりをいったん止めて、大隈重信とそのグループを政府から追放、ここに薩長藩閥の覇権が確立する。


自由民権運動の高まりとともに、高知県各地では懇親会が度々開催された。特に1880年(明治13年)から1884年(明治17年)がその最盛期だったと言われる。懇親会は民権家、青年、医師、芸人、商人などが発起人となり開催され、演説、旗奪い、牧狩りなどが行われた。(←おそらく娯楽として人を呼び込み、また政府からの目くらましも意図していた)懇親会には、「自由」と大書した旗や結社名を書いた旗を持った人々が多数参加した。


さて、明治14年の政変の時に、国会期成同盟は自由党の結成に踏み切った(写真参照。岡山にも山陽と美作に支部があったことがわかる)。しかし、自由党は、民権派全体を結集したものではなく、翌年政変で政府を追われた大隈重信を中心にして立憲改進党が結成された。また、同年政府支持をうたう立憲帝政党(福地源一郎)も結成された。

ここまでが、自由民権運動の第一期と言えるだろう。






最終更新日  2016年11月14日 18時01分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[中江兆民] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…
ガラケー@ Re:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) 貼ってあるMIXの画像は… きちんと、あだち…
KUMA0504@ Re[1]:「おにぎりの文化史」古代の食卓(08/23) はんらさんへ 「家で作ることはほとんどな…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.