3154932 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

昔語り:足踏み脱穀機 New! 天地 はるなさん

『セルフビルドの世… New! Mドングリさん

救急病棟にて(7) New! マックス爺さん

メキシコ地震6日目 … New! convientoさん

テロを撲滅するには… New! lalameansさん

カレンダー

2017年08月23日
XML
テーマ:本日の1冊(2549)


「鹿の王 3」上橋菜穂子 角川文庫
 
おかしいとは思っていたんだ。後追い狩人の中でも素晴らしい腕を持つというサエが、怪我をしていたとはいえ、なぜ2年の間ヴァンの前に現れず、ヨミダの森で偶然のように遭ったのか。しかし、その時から怒涛の展開が始まっていたのである。
 
「鹿の王」は書き下ろしだ。この書だけで、一つの世界を造ってしまったのだから、一つの書に「書かれていない」様々な思惑を入れ込むのは、当然かもしれない。以前の作品よりもかなり大人向きの書物になっている。ホッサルとミラルの大人の恋も描いているし。

敵対する大国の狭間に存在していた小国の、生き残り戦略、小さな部族の、しかし忘れらない恨み、その真髄を知ってもなお、「戦は、自らの手を汚してやるものだ。おのれの身の丈で、おのれの手が届くところで」と言い切るヴァンの強さ。複雑な国のパワーゲームのなかで、人の生きる道をさりげなく示す。これも、確かに大人の物語ではある。
 
2人の主人公がいるということでも、かなり異色の物語である。物語の終盤に入った3巻の最終章で、ついに出逢う2人。おそらく、これ以降、ラストに向けて突っ走るのだろう。

2017年8月22日読了






最終更新日  2017年08月23日 15時27分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[読書フィクション(12~)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:首相国連演説の恥さらし(09/22) こつぶさんへ ツッコミ所は、そこしか無い…
こつぶ@ Re:首相国連演説の恥さらし(09/22) う~~ん・・・対話路線の韓国の大統領の…
KUMA0504@ Re[1]:京都旅1-2 京都市考古資料館(09/12) narcisse7さんへ 申し訳ありません。 ただ…
narcisse7@ Re:京都旅1-2 京都市考古資料館(09/12) > あまり見るものはなくて、ちょっとお…
KUMA0504@ Re[1]:こんな御時勢だから(08/29) 象さん123さんへ 一挙に86年前の日本…
象さん123@ Re:こんな御時勢だから(08/29) 私もテレビを見るのを止めました。 馬鹿馬…
KUMA0504@ Re:西村京太郎氏(08/25) 0301まろさんへ ホントに「基礎知識」が必…
0301まろ@ 西村京太郎氏  報道ステーション(8/10)で、西村氏の体…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.