3232321 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『妖精が舞い下りる… New! Mドングリさん

友に会い、子に会う… New! マックス爺さん

薬の町だった宇陀松… New! 天地 はるなさん

徳島県観光~鳴門の… New! 七詩さん

日本の野党もマスコ… New! lalameansさん

カレンダー

2017年08月23日
XML
テーマ:本日の1冊(2584)


「鹿の王 3」上橋菜穂子 角川文庫
 
おかしいとは思っていたんだ。後追い狩人の中でも素晴らしい腕を持つというサエが、怪我をしていたとはいえ、なぜ2年の間ヴァンの前に現れず、ヨミダの森で偶然のように遭ったのか。しかし、その時から怒涛の展開が始まっていたのである。
 
「鹿の王」は書き下ろしだ。この書だけで、一つの世界を造ってしまったのだから、一つの書に「書かれていない」様々な思惑を入れ込むのは、当然かもしれない。以前の作品よりもかなり大人向きの書物になっている。ホッサルとミラルの大人の恋も描いているし。

敵対する大国の狭間に存在していた小国の、生き残り戦略、小さな部族の、しかし忘れらない恨み、その真髄を知ってもなお、「戦は、自らの手を汚してやるものだ。おのれの身の丈で、おのれの手が届くところで」と言い切るヴァンの強さ。複雑な国のパワーゲームのなかで、人の生きる道をさりげなく示す。これも、確かに大人の物語ではある。
 
2人の主人公がいるということでも、かなり異色の物語である。物語の終盤に入った3巻の最終章で、ついに出逢う2人。おそらく、これ以降、ラストに向けて突っ走るのだろう。

2017年8月22日読了






最終更新日  2017年08月23日 15時27分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[読書フィクション(12~)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Mドングリ@ Re:「不透明な未来についての30章」ジャーナリスト雨宮処凛(11/20) New! ジャーナリストでもあり、運動家でもある…
あがるま@ Re:未曾有の危機の中で加藤周一に学ぶ(04/23) 日本人の昔からの一番の欠陥は反省といふ…
KUMA0504@ Re[3]:「マスカレードホテル」映画化決定はされたが(11/11) ももたろうサブライさんへ 話は、連続殺…
KUMA0504@ Re[1]:「マスカレードホテル」映画化決定はされたが(11/11) ももたろうサブライさんへ ですよね。現…
KUMA0504@ Re[1]:こうの史代挿絵で甦る「荒神絵巻」(11/05) ももたろうサブライさんへ 連載時に読ん…
ももたろうサブライ@ Re:こうの史代挿絵で甦る「荒神絵巻」(11/05) 挿絵はイメージを誘導するので賛否が分か…
KUMA0504@ Re[1]:「枕草子・方丈記・徒然草」1000年前に随筆は頂点に(11/04) 嫌好法師さんへ Amazonなどのレビューを…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.