4385069 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

元患者の家族に対す… New! 七詩さん

家庭教室 New! ジョンリーフッカーさん

『長江有情』1 New! Mドングリさん

静かなる刻 その3 New! マックス爺さん

マレフィセント2★ア… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2017年11月28日
XML



「ビッグイシュー323号」
ゲット!
表紙はリンゴ・スター。2017年7月7日に77歳の誕生日を迎えたらしい。すこぶる元気に活躍しているらしい。


特集は「うつを抜く」。「うつヌケ」が今年の流行語大賞にノミネートされるとは、思っていなかった特集だろう。しかし、私が興味持った記事はこれではない。


「読者のみなさまにお願いがあります」
というページがあった。
販売者から買えない遠方に住んでいる方(販売者のいる市町村以外に住んでいる方)は、ビッグイシューの年間購読を始めたらしい。


しかし、この10年で路上生活者が7割減り(路上では見えない若いホームレスは増えている)、同時に販売者の数も3割減ったらしい。この2年間、赤字を出しているらしい。ビッグイシューの存続に、赤信号が灯っている。

しかしこれはもちろん、ホームレス問題に取り組んだ活動の成果ではある。これを「ビッグイシューのジレンマ」という。

よって、定期購読制度で経営基盤を強めるのは、私は正しいと思う。

定期購読は、年に24冊発行。直接送付する。購読料(年間)は、1万1千円(送料・税込)。
わかりにくい、あるいは実際の紙面を見てという方は、下記に問い合わせを。
TEL 06-6344-2260    FAX 06-6457-1358
メール info@bigissue.jp

現在、全国で220人が定期購読らしい。来年3月までに1000人、やがては3000人を目指す。会社に体力できた時点で販売者への還元も検討するらしい。

私はずっと前に「週刊金曜日」の年間購読を1年間のみしたことがあった。創刊直後である。企業や政府の意向に左右されないジャーナルを作るのは意義があると思ったからである。ただ、年間3万円近くしただろうか。カネが続かなかった。ビッグイシューは、ジャーナルではない。しかし、記事は明らかに企業から広告をもらっている週刊誌とは違う視点と内容を持つ。私は貴重なジャーナルだと思っている。

私のブログ読者のみなさん、是非連絡してみてください。連絡したら、先ずは見本誌を送ってもらって、それから判断してもらっていいそうです。ちなみに、クチコミテーマ「ビッグイシューという雑誌をご存知ですか?」をクリックすると、私の最近のビッグイシューの書評が出てきます。
私からもお勧めします。






最終更新日  2017年11月28日 21時07分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…
KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.