5897557 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

私に嘆き悲しめと月… New! Photo USMさん

トンガの次は…… New! lalameansさん

バレンタイン・デイ… New! シマクマ君さん

One thing that's ni… New! Hiro Maryamさん

大寒 New! はんらさん

カレンダー

2018年04月01日
XML
テーマ:本日の1冊(3600)
カテゴリ:憲法


「改憲的護憲論」松竹伸幸 集英社新書

本書を読んで2ヶ月近く経った。未だにどのようにまとめていいのか、判断がつかないでいる。多くが微妙な問題を孕んでいて、評価しようとすると、かなり長い文章になるからである。その間にも、憲法をめぐる情勢は二転三転している(各種世論調査、内閣支持率下落、自民党の改憲案報道)。

よって、この本で1番刺激を受けた所を書く。それは、日本共産党の憲法政策でもなく、肝心の改憲的護憲論でもない。第一章「護憲派とはどういう人のことか」の所である。

著者は過去の世論調査結果を駆使して、現実的な国民世論をデッサンする。つまり、一方では現実の自衛隊を認める圧倒的な世論がある。それは災害派遣だけではなく、「専守防衛の自衛隊」を認める世論でもある。一方では9条をどうするか、という国民の世論である。その実態は複雑で、(詳細は略すが)アメリカと同じように海外で武力行使をする力を持つべきだ、と思っている人は全体の2%ほど。防衛力どころか、日本は完全非武装国になるべきだ、と思っている人は全体の2-6%ほど。あと9割は、安全保障政策でいえば、明確不明確にしろ、「専守防衛」を期待しているのである。

非常に心配なのは、改憲反対運動を担っている少なくない人たちの信条が「9条を素直に読めば、完全非武装は当たり前」という人たちであること。でもその人たちは、自分の意見が国民の5%にも満たないと自覚しているのだろうか。みたところ、「俺たちの後ろには声にならない2割くらいはいるはずだ」くらいに思っている節がある。その人たちが「海外で戦争するつもりなどさらさら無い」と思っている人たちに「改憲したら、海外で戦争する国になるぞ」と「批判」したら、人の信条を侮辱することになるだろう。

もちろん、今の自衛隊は昔の専守防衛の自衛隊ではないから、安倍首相の言うような改憲をしたら「海外で戦争する国になる」のは論理的な帰結である。しかしかなりナイーブな言い方をしないといけないのを、護憲派は自覚しないとならない。2%の論理が国の方針になるようなことは、絶対にあってはならないのである。

2018年3月24日記入






最終更新日  2018年04月01日 12時10分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[憲法] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[2]:明けましておめでとう御座います(01/01) 象さんさんへ 明けましておめでとう御座い…
KUMA0504@ Re[1]:明けましておめでとう御座います(01/01) はんらさんへ 明けましておめでとう御座い…
象さん@ Re:明けましておめでとう御座います(01/01) 屋上からご来光、都会の正月ですね。 新年…
はんら@ Re:明けましておめでとう御座います(01/01) あけましておめでとうございます。 素晴…
象さん@ Re:今年もお世話になりました「地球の歩き方 世界の祝祭」(12/31) 毎回ではないですが、沢山読ませて いただ…
erika@ 事務局の考える「戦争」その定義を教えて 質問です。 現代において、戦争という形…
erika@ 戦争からは逃れられません 戦争とはどういう事象なのか? 考えた事は…
ポンボ@ Re[4]:書評「PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う」(12/21) KUMA0504さんへ もうこの件は終わりにしよ…
KUMA0504@ Re[3]:書評「PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う」(12/21) ポンボさんへ 大切なのは、 何処に注目し…

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.