4217115 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

よしくん、夏休み New! はんらさん

『日本人の「あの世… New! Mドングリさん

「無敵の人」の犯罪 New! 七詩さん

陳さんとの台湾一周… New! マックス爺さん

北海道ドライブ旅行… New! 天地 はるなさん

カレンダー

2019年04月26日
XML
テーマ:本日の1冊(2983)



「おひとり京都の愉しみ」柏井壽 光文社新書

今回の旅では、この本を1番使うと思っていた。まさに今回は「おひとり京都」だったからである。この本の1番のオススメは冒頭の章だと思い、2日目は下鴨神社周りの散策を最初にした。そこから延々と歩いて北野天満宮まで行った。


結局この日の歩数は3万5千歩ほどになったのだが、ものすごく役に立った部分と、歩いた割には残念な部分が半々だったと言っていい。よって、点数低め。


よかったのは、みたらし団子発祥の店のみたらし団子を食べることが出来たこと(「加茂みたらし茶屋」)。この地域に他にみたらし団子を売っている店はなく、本家宗家を好きな日本人が自他共に認める発祥団子だとわかったし、実際食べてみて形状・味そして店の佇まい共に他と隔絶していた。下鴨神社の御手洗池のぽこぽこと浮かぶ泡を見立てて小ぶりの5つの団子を作り1つを離して頭にして人型にしていた。謂れは鎌倉時代の後醍醐天皇に至る。コレが京都という街なのである。


そこから御霊神社に行く途中に出雲路橋を渡る。ここから見る比叡山から大文字山に至る東山が「もっとも美しいプロポーションを見せる」と著者は書く。理解できなかった。比叡山を眺める『額縁門』の天寧寺にも行ったが「まあそんなもんかな」と思った。


オススメの昼食は、一つは当たり(「淡海」)、一つは見つけられなかった。夕食は、一つは食べることができて(「まんざら亭NISHIKI」)、もう一つ(二ヶ所回ったのだが)は、見つけられなかった。そのうちの一つは既に閉店しているとしか考えられない。著者がこの本の中でも熱を入れて紹介していたのに残念(発刊から10年経っているので仕方ない所もある)。しかも、この2つを探すために1時間半歩いた。少し怨みが点数に入るのも理解してもらいたい。全体的に、一万円コースの夕食は、著者はなんとも思っていないようだが、それは一般庶民の感覚とは違う。もちろん「カジュアル」と表現しているのは、その半額でもOKだ。まだまだ行き損ねた所や、行きたい所は多い。また来たいと思う。







最終更新日  2019年04月26日 14時07分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[5]:奨学金の話(07/17) New! はんらさんへ コメントありがとうございま…
KUMA0504@ Re[3]:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) New! ももたろうサブライさんへ 正確に言えば「…
はんら@ Re:奨学金の話(07/17) New! ブログにコメントをありがとうございまし…
KUMA0504@ Re[1]:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) 七詩さんへ ともかくビックリしたのは、広…
七詩@ Re:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) 広瀬健一の「悔悟」は何か月か前に読みま…
KUMA0504@ Re:映画評「1987、ある闘いの真実」(07/19) 内容と全く関係ないコメントが入っていた…
KUMA0504@ Re[3]:奨学金の話(07/17) 鎌倉の風さんへ 曖昧な記憶を元に書いてい…
鎌倉の風@ Re:奨学金の話(07/17) この春、高等教育無償化法が成立した時、…
KUMA0504@ Re[1]:奨学金の話(07/17) 令和大使さんへ 本来は胡散臭い方のコメン…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.