4383790 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

チャナメツムタケの… New! ジョンリーフッカーさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

『漢字の字形』2 New! Mドングリさん

「婦系図」(泉鏡花)… New! 七詩さん

光と翳の家 New! マックス爺さん

カレンダー

2019年07月17日
XML
テーマ:ニュース(77553)
カテゴリ:社会時評
個人的な話から始めて申し訳ない。「東京の子」を読んで思い出した。私の奨学金の話をすると、最近の人たちはみんな「ウソでしょ」という顔をする。

「私の貰った奨学金は当然無利子だったし、半分ぐらいはタダだった。だから、確か年間9万円ぐらいしか返さなかったし、ボーナスの一部を充てるだけで済んだし、最後の3年はいっぺんに返したから30歳前後で返し終えた」
「月いくらもらっていたの?」
「確か5万円だったと思う」
「それ!よっぽど優秀だったんでしょ?」
「そんなことないのは、今の私見たら分かるでしょ」
「家はそんなに貧乏だったの?」
「確かに汲々だったけど、苦学をした覚えはないよ。あと3万円も仕送りをしてもらっていたし、月1万円の借家に住んで一切バイトはしなかった」
(どうやら80年代始めの日本育英会特別奨学金制度・国立大自宅外通学の枠に潜り込めたらしい)
この無利子給付型奨学金が今は無くなっているのは、最近姪のために奨学金保証人の判子をついたことで思い知った。現在の奨学金制度は、もう完全にサラ金じゃないか!奨学金って、国民の教育の権利を守るための制度じゃないの?教育の保証は国の根幹制度じゃないのか?

現在国立大の学費は四年間で242万円、私立系大学は395万円、私立系理系大学に至っては538万円だ。私の時は、四年間で30ー50万円だったと思う。それでも、両親にとってはかなりの負担だったはずだ。私の大学3年の頃に、学費値上げ反対運動があり、13数年ぶりに大学教授会と共闘をしたことがある。何故覚えているかというと、その時私は新聞会部長として、生涯初めて人前で演説をしたからである。それなのに、なんとかなるだろうと思って一切原稿を用意しなかった。グダグダになって、教授会からかなり叱責された。もう二度と演説なんて止めようと思った。教授の誰かが、「初めてなんで仕方ないよ」と言ってくれたのを覚えいなかったら、ホントに全ての運動から手を引いていたかもしれない。

閑話休題(^^;)。それでも、そのあと学費値上げは実行に移され、そのあとどんどん値上げされて現在に至る。あの時の、値上げ反対運動は、ものすごく重要だったのだ、私は事前にきちんと準備して演説しなくてはならなかったのだ、と今更ながらに思う。

自公政権が続けば、本気で教育を受ける権利を保障するという政策はとらないだろう。もしあるとすれば、政府の都合のいい人間を作るための奨学金制度しか作らないだろう。

こういう政府は変えなくてはならない。その意味でも、若者いや全ての国民は、自公維以外に投票して欲しい!








最終更新日  2019年07月18日 06時29分59秒
コメント(6) | コメントを書く
[社会時評] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:奨学金の話(07/17)   令和大使 さん
私の奨学金の話をすると、最近の人たちはみんな「ウソでしょ」という顔をする。


日本とアメリカが戦争したことも知らない人たちです。
驚くに値しません。

昔は、大学の数も少なくせいぜい3流私大どまりでした。
今は、Fランク大学やそれ以下で700もあります。
入試偏差値35なんて大学の学生に税金で奨学金を出す必要があるのでしょうか。

貧しくとも優秀な学生なら私大でも授業料免除もあるし各種奨学金があります。
慶応大学は、高校の成績が4.4以上でした。

頭が悪ければ?新聞配達の奨学生というのもあります。
夜遊びはできませんが、ただで新聞が読めて体力がつきます。
おすすめは、日経新聞です。
(2019年07月17日 15時23分47秒)

Re[1]:奨学金の話(07/17)   KUMA0504 さん
令和大使さんへ
本来は胡散臭い方のコメントは受け付けないのですが、選挙も近いことですし、特別におかえししましましょう。
私は

自公政権が続けば、本気で教育を受ける権利を保障するという政策はとらないだろう。もしあるとすれば、政府の都合のいい人間を作るための奨学金制度しか作らないだろう。

とちゃんと、書いておきました。貴方の言う「貧しくとも優秀な学生なら私大でも授業料免除もあるし各種奨学金があります。」という奨学金がそういうたぐいのものではないという根拠はあるのでしょうか?それを言わないと、私の論の反論にはなりません。

あっ、今度コメントする時にはあなたの所属するSNS等のURLは示しておいてくださいね。それがないと速攻削除です。 (2019年07月18日 06時21分34秒)

Re:奨学金の話(07/17)   鎌倉の風 さん
この春、高等教育無償化法が成立した時、各マスコミはまるで官報を読み上げる(写し取る)程度の報道でしかなく、授業料の減免や給付型奨学金を是とする姿勢に見受けられました。
マスコミは(政府から独立した)「第三の権力」などともてはやされた時代がありましたが、小泉政権以降、もはや独自の「ファクト・チェック」などほぼ見ません。
私が高校に入学した頃、国立大の年間授業料は1万2千円でした。実際私が大学に入学した時はそれが3倍に増えて3万6千円になりました。さらに入学して半年後、全国の大学で学費値上げ闘争が燎原の火のごとく広がり、私もなんとなく反対デモの中におりました。結局、授業料は3倍増となり、もはや国立大は「ただみたいな授業料や」という常識が崩れたのでありました。
月千円、ないし月3千円というのは、当時の物価水準に於いても「無償」に近いもので、民主的な教育体制でした。私立についても年に12万円程度の学費という大学が何校か在りました。
したがって、教育無償化法についてなんの疑問を挟むことのない姿勢に違和感を覚えました。これに限らず、政府案に対して根本的な疑義を呈する批判記事など、朝日も含めてきわめて少ないのが現状です。もう一歩進めば、大政翼賛体制の出来上がり、といったところでしょう。
なお、日本の大学進学率は近年、世界各国から置いてきぼりにされるほど低率となって、世界の上位30位から転落しました。文部省のHPを見たら、お隣韓国は68パーセントで日本は51パーセントです。
Fラン大学を小馬鹿にするのはわからないでもないのですが、そんな大学でも優秀な学生はいますし、慶應大出身者を見て「このひと常識がないなぁ」と呆れることがままあるので、自分も含めて、ステレオタイプな見方を控えたいと思っております。 (2019年07月18日 12時43分45秒)

Re[3]:奨学金の話(07/17)   KUMA0504 さん
鎌倉の風さんへ
曖昧な記憶を元に書いているので、学費四年間30万円は怪しいかもしれません。鎌倉の風さんと同じく四年で13ー4万円ぐらいだったかもしれません。それでも、この歳になれば両親のキツさはわかります。何しろ3人兄弟妹ともに大学に行っているんです。しかも、確か私の高校の時に父親が、出向という名の倉庫番になって慣れないフォークリフトの免許を取るためにかなり神経をすり減らしていたのを見ていたり、母親は身体悪くて入退院を繰り返していたのですが、大学3年の時には父親まで事故で半年くらい入院していました。兄貴が有名私立に行ったお陰で、その下は共に国立大を選ばざるを得ないと「忖度」しましたが。詳しく聞いたことはないけど、兄弟全員ふつうに卒業できたのは、奇跡のようなものかもしれません(父親は後々まで自慢していましたが、私は聞き流していました)。

でも、これが普通なのです。
これが普通の家庭なんです。
今の家庭には、貧困の負のスパイラルが明確に現れているそうです。それを断ち切るのは、奨学金制度の充実しかない。ある企業の思惑で100人ちょっとの給付型奨学金ができても仕方ない。政府の政策でやらないと。OECD諸国で最下位の教育費しか出していない日本の教育費を抜本的に変えないといけないと思います。 (2019年07月19日 11時46分01秒)

Re:奨学金の話(07/17)   はんら さん
ブログにコメントをありがとうございました。
光州ご訪問の非常に素晴らしい記録も拝見させていただきました。

私は日本を離れて長いため、今の日本の政治のことや今回の選挙のことなどはよくわからないのですが、「奨学金」という名のものがサラ金のようになっているのは変なことですね。
私の住む韓国では「奨学金」といえば返済不要です。
奨学金を受けるにはある程度の成績をおさめなければなりませんが(中の上以上)、経済的に苦しくて大学に行けないということはありません。
一生懸命に勉強すれば、返済不要の奨学金をもらって大学に通えます。

(2019年07月21日 15時13分55秒)

Re[5]:奨学金の話(07/17)   KUMA0504 さん
はんらさんへ
コメントありがとうございます。
日本が最低の部類だったとは知っていましたが、韓国の奨学金が返済不要とは知りませんでした。ビックリです。

日本は国策として、教育に多大な出費をするべきです。戦闘機に金を出すよりも、よっぽど戦略的です。 (2019年07月21日 16時29分18秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…
KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.