4370796 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

土地の名前 New! 七詩さん

合格発表 New! はんらさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

ドフエフスキー体験 New! ジョンリーフッカーさん

『ビッグイシュー日… New! Mドングリさん

カレンダー

2019年09月02日
XML
テーマ:本日の1冊(3019)

「北斎 富嶽三十六景」日野原健司編 岩波文庫

「どうだ、面白ぇか。え、こっちはどうだ」と、北斎の娘、葛飾応為を描いた朝井まかてさんがこの三十六景の北斎の「企み」を説明していた(「図書2019年6月号」)。「これは活き活きと自由に虚構を用いた、壮大な物語なのではないか」。私も今回初めて全ての作品を一覧してまかてさんの説に同意する。

例えば「深川万年橋下」。大勢の人々が行き交う万年橋を真正面に捉え、その先に隅田川、対岸には武家屋敷、橋の下のに富士山を置く。けれども、実際には橋の下の富士山を眺めるのは角度的に無理なのだ。構図的には、透視図法で両岸を描き、画面いっぱいに弧を描く万年橋。しかも中央に富士山を配置せずに、やや左にずらして、しばらく絵を眺めさせて発見させる。技巧を凝らし嘘をつき、何かの「夢」を見させる。見事である。「東海道吉田」の富士見茶屋の富士山も、あんなに見事には見えないらしい。承知で描いているのである。

「三十六景」と言えば、「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」ばかりが表に出てくるが、やはり「観た」というならばひと通り観なくては、北斎のたくらみには乗れない。文庫本は小さいし、真ん中で改貢のために絵が切れてしまうし、色も正確とは限らない。でも、ホンモノを全部実際に観るのは、現代日本では夢物語なのだから、私はこの夏ゆっくりと手元に持って愛でて、日本美術の教養を堪能した。







最終更新日  2019年09月03日 09時05分36秒
コメント(3) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02)   ももたろうサブライ さん
朝井まかて、です。 (2019年09月03日 07時54分50秒)

Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02)   KUMA0504 さん
ももたろうサブライさんへ
ありがとございます。直しました。 (2019年09月03日 09時06分20秒)

Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02)   KUMA0504 さん
令和皇太子さんへ。
貴方がどんなコメントしようとも、既に「出禁」であることをいい加減自覚してください。それとも、わかった上でやっているのならば、それ自体が迷惑行為です。今回のコメントも、親切誤魔化しに書いていますが、内容的にも迷惑です。いろいろ書こうとすると、貴方のペースにはまるので、ヤメにしました。もうコメント書かないでください。 (2019年09月03日 12時07分10秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…
KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.