4483655 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

マンション暮らし New! はんらさん

『イスラムが効く!… New! Mドングリさん

町田尚子「ねことね… New! シマクマ君さん

牡蠣の季節に New! 天地 はるなさん

旅・歴史と美を訪ね… New! マックス爺さん

カレンダー

2019年09月22日
XML
カテゴリ:山大新聞会


いつも大学前の長門館で夕食や夜食を取っていた。ないと思っていたが奇跡的にあった!


なんか半分はジーンズ屋になっていたがやっていた。

ところが、中は真っ黒。ジーンズ屋のいうには、いつもはやっているけど、お昼お休みかもしれないとのこと。ここでも昼食を食べれなかった。ここの中華丼がたまらなく安く大盛りで、野菜もとれてみんなの栄養素になっていた。今はどうなっているのか知りたかったが、仕方ない。



前に書いた通り、新聞会の部屋は大学外のアパートにあった。今はなくっているが、その場所を確認した。こんなところだったっけ。なんか、あまり感慨が湧かなかった。一回一番左側の部屋だったはずだ。


前に神社がある。それも思い出せない。この前の小川は、椹野川の支流で、毎年蛍が見えた。そのことだけはよく覚えている。
その日のホテルに入って遅い昼食をとった。


そのあとホテルに入り、大学入試の際に泊まった旅館で入って以来40年間、おそらく1-2回しか入っていない(大学時代には一度も入っていない)湯田温泉のお湯に入った。単純アルカリ泉。大学時代には、いつでも(外湯に)入れると思ってとうとう入らなかったのだ。お金がもったいなかった。同じ理由で、成人式にも行ってはいない。‥‥それはそうと、さっぱりしてホテルのすぐそばにあるとある磯くらという料理屋に向かうと、新聞会OB会と言いながら、私の先輩しかいなかった。総勢19名。同期も後輩もいなかった。ほとんどが連絡が取れない状態らしい。私も、先輩がFacebookで検索して連絡してきたのだ。ちょっと怯む。
そうは言っても、私の先輩の4ー5年上までが上限までの先輩たちばかりなので、一度はお目にかかった方達が多い。しかも、席は1−2年先輩の人たちの所に紛らせてもらったので、なんとか楽しく過ごさせてもらった。ここでは紹介出来ないが、当時の写真や当時の思い出話に花が咲いた。新聞会は、私のすぐ後輩の代で消滅したようだが、誰一人としてその真相はわかっていない。
「おまえは時間があるんだから、この連絡先の空白を埋めろ」と先輩が命令してきた。
「いや、無理です。それに、最近は忙しい。手がかりもない」
しかし、まるきりないことはない。僅かな手がかりは、久しぶりにもらった連絡先一覧に少しある。少しはやってみようとも思った。
次回は2年後に決まった。しかし、東京在住の方も多いのに、よく集まったものだ。






最終更新日  2019年09月22日 12時10分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[山大新聞会] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…
KUMA0504@ Re[1]:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) narcisse7さんへ 弥生時代から「脱穀・精…
narcisse7@ Re:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) 憧れますね、縄文生活。 僕は古墳時代前期…
KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.