4954550 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

三段ブランチ New! はんらさん

『多和田葉子アンソ… New! Mドングリさん

「暖簾」山崎豊子 New! 天地 はるなさん

神が戦い人も戦った… New! マックス爺さん

首相の被爆地あいさ… New! lalameansさん

カレンダー

2020年06月03日
XML
テーマ:本日の1冊(3166)

「神話と文学」石母田正 岩波現代文庫

コロナ禍だからというわけでもないのだが、本棚から途中挫折本を見つけた。20年前の1月、岩波現代文庫創刊の時に衝動的に買ったもの。

20年前から私の問題意識は、日本の英雄伝説を歴史学の側面から読み解くというものだったと、今更ながらに再確認。「古事記」「指輪物語」や「十二国シリーズ」を読んだのもその流れなのだが、改めて進捗がない。けれども、あれから20年、私も少しは進歩はしたと見えて曲がりなりにも読み通すことはできた。

石母田正の本書は、戦後の歴史学を牽引し続けた著者の「中世的世界の形成」の前段階にあたる。「古代に英雄時代は果たしてあったのか」という論争を引き起こしたことでも有名である。石母田が、唯物史観やヘーゲル哲学を積極的に論文に引用したことから、「彼の論考はもう古い」という「石母田読まずの石母田語り」の青学生が多く居ることも承知している。「丸山真男読まずの丸山真男語り」が多く居るのと同様ですね。今回一通り読んでみて、壮大な構成と強烈な個性、そして一点突破の指摘の鋭さは、論文発表から70年以上経った今でも色褪せていないと思った。

日本の古代は、ギリシャのそれとは違い、「民衆の精神や感情や生活を体現しているような叙事詩」としての英雄伝説を持たなかった。散文詩になったのは何故か。「古事記」編纂の時期に、なぜか貴族階級が「階級的であると同時に民族的で」なかったからである(←難しいよね。易しく説明できません)。

「我が国の古代貴族の文学は、散文的英雄(神武天皇)と浪漫的英雄(ヤマトタケル)を形成し得たが、叙事詩的英雄は、若干の断片的歌謡(神武東征物語の歌謡群)にかすかにその存在を記録したのみで、ついに物語として創造し得なかった」139p‥‥()内は、私の注。

石母田の「英雄時代」は、十分に深められないまま現代に至っているという。宜なるかな、と私は思う。石母田は大和王朝が圧倒的な武力で他を圧倒して、それを貴族階級が支えた、だから統一王朝が出現したと考えているようだ(その割には貴族階級にその記憶がない)。私は、古墳時代はその可能性はあるかもしれないが、邪馬台国から大和王朝に至る統一は「そうではない」可能性があると思っているし、実際唱えられている。その考古学的発見については、石母田は知る由もなかった。

文学を歴史的に読むとは、こういうことなのか、ということを知った読書体験だった。









最終更新日  2020年06月03日 14時36分50秒
コメント(4) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03)   ポンボ さん
「途中挫折本」
この表現、いいですねぇ。
できるだけ減らそうと思いながら、
我慢して読み続ける、買った分の元を取るという行為は時間の無駄だと、悶々とするんです、はい。 (2020年06月03日 20時59分43秒)

Re[1]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03)   KUMA0504 さん
ポンボさんへ
>「途中挫折本」
この表現、いいですねぇ。
できるだけ減らそうと思いながら、
我慢して読み続ける、買った分の元を取るという行為は時間の無駄だと、悶々とするんです、はい。

積読本についての「振り」ありがとうございます!
ボンボさん、コツは「罪悪感」を持たないことです。

私なんか、積読本に囲まれて床は落ちる恐怖の一因にはなるわ、ちょっと居間を動くだけで「山津波」は起こるわ、いろいろあるけど、それはなんとかしないといけないとは思っているけど、「我慢して読み続ける」ということは滅多にしません。

どういう本が「途中挫折本」になるのか?少し整理して(いや、思いつくままに挙げて)みました。
・読み始めて、コレ面白くない、と思ったもの
・読み始めて、あまりにも面白く、かつ一行一行が濃密で、なかなか進まないで、時間のあるるときに読もうとしたら、いつのまにか数年経っていたこと
・読み始めて、途中まであまりにも面白くて読んだのだけど、途中でこれをブログやSNSにまとめると大変な作業になるなあと思った途端に止まってしまったこと。
・読み始めて、最後の一章を残して巻置く惜しく残しておいたら、いつのまにか30年経ったということ。
・読み始めて、難しくて歯が立たないけど、面白いので、どうしても読み通したくて置いているもの。
・読み始めて、一つのことに引っかかって、以降進まないモノ。
・買って、それだけで満足して終わっているモノ。
・買って、「あゝコレ辞典みたいなモノだ」と判断して置いているモノ。

‥‥等々、いくらでもあります。
あゝ片付けないと!
(2020年06月04日 11時09分07秒)

Re[2]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03)   ポンボ さん
KUMA0504さんへ

この「途中挫折」と「詰読」だけで、何回分も書けそう。

罪悪感を持たない。笑。売って、経済的に罪悪感感じましたし。

畳収納庫、いいですよ。中に入れて、上に布団を敷いて寝る。
私は本の知識と小説世界の上にたゆとう。
地震でも本棚や積読も倒れない。

あっ、コツの一つ、
kumaさんはなさってらして、私はもう10年近くやめたのが、
書評を書く、です。 (2020年06月05日 10時28分37秒)

Re[3]:「神話と文学」を歴史学で読み解く(06/03)   KUMA0504 さん
ポンボさんへ
本のベットですか。
とてもそんなめんどくさいことできそうにありません。 (2020年06月05日 21時09分48秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[5]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) New! 1年上です、学校違いますがさんへ 情報あ…
1年上です、学校違いますが@ Re[2]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) KUMA0504さんへ すいません突然割り込ん…
KUMA0504@ Re[3]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) 象さん123さんへ ありがとうございまし…
象さん123@ Re[2]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) KUMA0504さんへ 我々は著者よりずっと先輩…
KUMA0504@ Re[1]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) 象さん123さんへ えっ?そうなんですか…
象さん123@ Re:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06) 私も読みました。ものすごい世界ですね。…
しずく@ Re:平安時代版「半沢直樹」かな「泣くな道真 太宰府の詩」(07/31) 先日のコメントはタブレットで失礼しまし…
KUMA0504@ Re[1]:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) ポンボさんへ すみません、忙しくて見れま…
ポンボ@ Re:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) テーマと無関係でごめんなさい。 間に合う…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.