4939908 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

日本語では解しにく… New! Hiro Maryamさん

ニュースから、我が町 New! はんらさん

【転び公妨】目黒区… New! hiryu4398さん

ナチス、ユーモアと… New! Mドングリさん

神が戦い人も戦った… New! マックス爺さん

カレンダー

2020年07月08日
XML
テーマ:本日の1冊(3194)

「なに食べた?」伊藤比呂美+枝元なほみ往復書簡集 中公文庫

毎日つくって食べて子育てして、男のことで悩んで、それなのに仕事をもってひとり立ちしている女性たちの日常を、親友へのFAX通信という形で見せている。完全ふだん使いの言葉なので、覗き見している感覚になる。あゝこういう「生活」もあるのか。

お2人のことは、よく知らないということがわかった。伊藤比呂美は、池澤夏樹編集「日本文学全集」の「日本霊異記」現代語訳を読んだことがある。奔放な性にまみれた説話集を見事に取り出していた。枝元なほみは、毎回買っている「ビッグイシュー」で悩み相談を受けながらオリジナル料理も提案するという連載を持っていて、明るいお母さんという印象を持っていた(←彼女は独身ということは今回初めて知った)。印象じゃ女性はわからないということがわかった。

「カンボジア、行きたいな、でも行けないな。ごめんね。あんなにその気になったのにさ。
今おなかすいて(うそだ、すいてなかった。口さびしかっただけ)すりゴマ食べた。おいしかった。(これはほんと)」(ひろみ73p)

伊藤比呂美の本音が続いているように見えるけど、これも彼女の一面だろう。そうでないと、九州でAさんと別れたあと、カリフォルニアでBさんと暮らしている事の説明がつかない。枝元なほみも、2人の男と仕事の間で右往左往しているようなんだけど、ずっと東京で料理を作り続けていて、行間から匂ってくるのは、やはり自立した女性でした。

かっこよくないけど、かっこいい。

あ、この本は「出会い系サイトで70人と実際に出会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」を読んで唯一読んでみたいと思った本でした。花田菜々子さんが、コーチングでお世話になったゆかりさんにお勧めした本。「ゆかりさんに感じた強さややさしさがこの本と似ている。大人になっても日々悩んだり苦しんだりする。けれども、ふたりで一緒に笑ったり泣いたりすることで、生きるっていいな、と思わせてくれる。」とコメントしている。働く女性は、美しい、ってことかな。

以下、つくってみたいと思った伊藤比呂美さんのレシピを紹介。

・チキンの照り煮
鳥モモの皮を裏にして弱火でじっくり焼いて脂を出す。脂は捨てて、ざっとフライパンを洗って、改めてならべて、みりん、酒、醤油、八角、生姜、蓋をして煮込む。最後に蓋を取って、強火にして、照りかえらせる。
失敗をしたと思っても、あとから「いいにおい」かがして「いい色」になる。八角を入れるとぷんとにおいに乗って、日常から足を(ほんの半歩ですけど)踏み外せる気がします。生姜だけだと、馴染みすぎてそうはいかない。
←この辺りの表現が詩人たる所以だろう。






最終更新日  2020年07月08日 10時14分18秒
コメント(2) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:かっこわるいけど、かっこいい「なにたべた?」(07/08)   abi.abi さん
読んでみたくなりました!
伊藤比呂美さんは、子育て本のころからのお気に入りです。西さんという方と結婚されていたころ、高橋源一郎さんとはそのころからのつながりがあります。石牟礼道子さんとは深いつながりあり。
枝元なほみさんは「料理研究家」でなく「料理家」という表現を、こだわりを持ってされています。福島にはずっと震災以降関わっているようですね。
二人とも、筋金入り、だと思います。 (2020年07月09日 09時24分30秒)

Re[1]:かっこわるいけど、かっこいい「なにたべた?」(07/08)   KUMA0504 さん
abi.abiさんへ
この本は、90年代(伊藤比呂美さんの3番目の子供が赤ちゃんだった頃)の連載をまとめたものを、15年後の2011年1月に加筆して文庫化したものです。よって2人ともかなり若いです。文庫本から更に10年経って、今はどうなっているのか?

まぁ面白いです。 (2020年07月09日 18時22分54秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

しずく@ Re:平安時代版「半沢直樹」かな「泣くな道真 太宰府の詩」(07/31) 先日のコメントはタブレットで失礼しまし…
KUMA0504@ Re[1]:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) ポンボさんへ すみません、忙しくて見れま…
ポンボ@ Re:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) テーマと無関係でごめんなさい。 間に合う…
KUMA0504@ Re[1]:「万葉学者、墓をしまい母を送る」と感じた愛情と畏怖(07/17) 象さん123さんへ ありがとうございます…
KUMA0504@ Re[5]:角間さんは無言で振り返った「健康で文化的な最低限度の生活9」(07/08) 七詩さんへ その一点だけで、ウソだという…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.