4940065 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

日本語では解しにく… New! Hiro Maryamさん

ニュースから、我が町 New! はんらさん

【転び公妨】目黒区… New! hiryu4398さん

ナチス、ユーモアと… New! Mドングリさん

神が戦い人も戦った… New! マックス爺さん

カレンダー

2020年07月10日
XML
テーマ:本日の1冊(3194)


「はしっこに、馬といる ウマと話そう2」河田桟 カディブックス

「ウマと話そう」の第二弾ということになっているし、前回の「馬語手帖」がウマ語入門だとしたら、コレは応用編ではないか、と思って手に取ると肩透かしを食うかもしれません。例文は一切ない。詩のようなエッセイと、数限りない愛馬カディの成長してゆくスケッチが載っているだけです。

でも、とっても腑に落ちる。ヒトとウマに限らず、相手と意思を通わせるのに、もはや文法や例文や特殊な単語は必要ありません。こんなありふれた書き方は嫌なんだけど、

愛さえあればいい。のかもしれません。

河田桟は、元々カディを乗り回すために仔馬を引き受けたわけじゃありません。
‥‥暗闇のなかで、ゆいいつ、ウマのいる方向から風が吹いてくるのを感じた。のだそうです。
彼女は途中で死を意識するような病を患っているから、「ちから」では上位に立てません。
けれども、そんなことは無視してはしっこにずっと馬といる(お世話すること含む)と、やがて「身内」になったそうです。

ウマは「なにも起こらない」おだやかな状況に、
幸福を感じる生き物です。
その幸福な日常にあなたがいる。
というその事実が、ウマにとっての身内意識を
つくってゆく気がします。
(略)
あなたがウマを見ているあいだ、
ウマもあなたを見ています。
ウマにとっては「見る」こと、
「見られる」ことが、そのまま馬語なのです。
(82-86p)

ヒトの赤ちゃんならば、こうはならないのかな、
と赤ちゃんを観察していて思いました。
なんとか言葉でコミニュケーションをとろうとする。
お母さんも、しょっちゅう話しかける。
こうやってヒトは幸福を学んでいくのでしょうか。

与那国馬は小さな種ですが、200キロはあるそうです。
油断するとケガします。
「ちから」への畏れを持つことは大切です。
でも「ちからの感触」を知ってはじめて、
わたしたちは、力の外にでることができるのだと、
河田さんは言います。しかも、
‥‥それにしても、これだけ「ちから」がありながら、
ヒトに従うウマって、いったいどういう生き物なのか
と言っています。ホントにそうですね。

ヒトが馬語を話すために
避けては通れないプロセスがあります。
ウマは常にこころとかたらだの言葉が一致しています。
残念ながら、ヒトはそうではありません。
自分のこころとからだの言葉を一致させること
だから、
ウマと馬語で話す練習は
自分のこころとからだにとって
素晴らしいエクササイズになるはず、と河田さんは
提案します。答え合わせは簡単!
「ウマに通じない」イコール
「自分のこころとからだの言葉が一致していない」

半分のページは、河田さんが描いたウマのスケッチです。じっと見ていると、カディを見分けることができるようになるかもしれません。






最終更新日  2020年07月10日 10時37分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

しずく@ Re:平安時代版「半沢直樹」かな「泣くな道真 太宰府の詩」(07/31) 先日のコメントはタブレットで失礼しまし…
KUMA0504@ Re[1]:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) ポンボさんへ すみません、忙しくて見れま…
ポンボ@ Re:高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本(07/22) テーマと無関係でごめんなさい。 間に合う…
KUMA0504@ Re[1]:「万葉学者、墓をしまい母を送る」と感じた愛情と畏怖(07/17) 象さん123さんへ ありがとうございます…
KUMA0504@ Re[5]:角間さんは無言で振り返った「健康で文化的な最低限度の生活9」(07/08) 七詩さんへ その一点だけで、ウソだという…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.