5020853 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ただの海水で病気が… New! lalameansさん

『村上春樹、方法と… New! Mドングリさん

民俗料理の「プウォ… New! はんらさん

潮流 その4 New! マックス爺さん

週刊 読書案内 絵… New! シマクマ君さん

カレンダー

2020年07月31日
XML
テーマ:本日の1冊(3202)

「泣くな道真 太宰府の詩」澤田瞳子 集英社文庫

初めての作家。文庫書き下ろしではあるが、ラノベに近い時代小説が多い中で、しっかり時代考証をしていて好感を持った。ただ、キャラは現代によせている。そのせいか、十分エンタメ小説になっていた。買ったのは、ナツイチのブックバンドが欲しかったタメ。

菅原道真が左遷された太宰府での赴任先半年の日々がテーマ。 「半沢直樹」ではないけど、まるで社会人小説のように「左遷からどう立ち直るか」がテーマ。

思うに、奈良・平安時代は、まだまだ小説化されていない時代・人物・地域の宝庫だろう。さすれば、10世紀初頭失意のうちに太宰府で歿(なくな)ったと云われる道真を、実はそうではなく、その才能を活かして、密かに政敵の藤原時平に倍返しまでは行かずとも意趣返しをしていた、と作り替える本書は、充分に「スカッと」する平安時代版「半沢直樹」だろう。

江戸時代の東京はたかだか400-150年前の舞台に過ぎない。千年の都・京都も長いかもしれないが、実は福岡は更に1700年前から都だった。ということは、あまり知られていない。実は博多津の発掘が次々となされて、更には周辺地域の遺跡がどんどん掘られて、当然莫大な量の遺物が出てきて、最近になってやっと分かりかけてきていることが多い。澤田瞳子はよく読み込んでいると思う。博多津や太宰府東北の水城の景観などをよく説明している。私の興味はあくまでも弥生時代ではあるが、発掘成果を小説に反映させるという視点では、面白い。

小野恬子(てんこ)という名前が出てきた時点で、あの有名歌人と思い出さないのは、私の不徳の致すところ。彼女の出没地域は全国に及んでいて、岡山県総社市には墓まである。生涯は不明である。太宰府にいたとしても、全然不思議じゃなかった。

あと一作は、読んでみたい。







最終更新日  2020年07月31日 10時56分47秒
コメント(2) | コメントを書く
[読書フィクション(12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:平安時代版「半沢直樹」かな「泣くな道真 太宰府の詩」(07/31)   しずく さん
先日のコメントはタブレットで失礼しましたが、今日はパソコンで書いています。
「若冲」より以上に感銘したのは「孤鷹の天」でした。どうして勘違いしたのか・・・。
奈良、平安時代にも興味をお持ちだとありますのでご紹介します。ブクログは始めてまもないのでレビューはあげていません。
ブログに書き残したURLを入れておきます。
良かったらどうぞ。

https://amegasuki3.blog.fc2.com/blog-entry-15.html (2020年08月02日 09時43分40秒)

Re[1]:平安時代版「半沢直樹」かな「泣くな道真 太宰府の詩」(07/31)   KUMA0504 さん
しずくさんへ
ブログへ、コメントありがとうございます。
ブクログから、ここまで来られたのは、しずくさんが初めてです。ブクログはほぼ読書ノートに特化していますが、こちらは映画や旅、世評など、私の日々書いている文書の9割くらいがあります。

ご紹介ありがとうございます。「火定」はもう予約しているので、次に読む候補に入れておきますね。 (2020年08月03日 09時56分33秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) Mドングリさんへ 誤解なさってはないとは…
Mドングリ@ Re:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) 正方形のタペストリーのようなパラレル・…
KUMA0504@ Re[1]:ビッグイシュー388号(08/28) ポンボさんへ その作家さんの本をざっと観…
ポンボ@ Re:ビッグイシュー388号(08/28) 沖縄のマラリアの悲惨な話を、沖縄の中の…
KUMA0504@ Re[1]:迫りくるカタストロフィに私たちは耐え得るのか「第四間氷期」(08/18) まろ0301さんへ 殺人的な酷暑のなか、まろ…
KUMA0504@ Re[3]:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16) ポンボさんへ よく言っている意味がわから…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.