5013421 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『エッセイ脳』1 New! Mドングリさん

箱根駅伝は無観客で… New! 七詩さん

海外直送 New! はんらさん

敬老の日におススメ… New! 天地 はるなさん

季節は足早に(4) New! マックス爺さん

カレンダー

2020年08月06日
XML
テーマ:本日の1冊(3200)

「七帝柔道記」増田俊也 角川文庫

中学・高校6年間柔道をやっていた。団体でも個人でも優勝経験が無い弱小の柔道選手だった。けれども、七帝柔道の魅力と辛さには共感する。

柔道は過酷な競技だ。乱取り練習というものがある。私は体力が無かったから4分間を5本やっていただけで、立ちながら意識が飛んだことがよくあった。試合で絞められて気がつくと前後の記憶を無くしたこともある。あの頃から1センチも身長は伸びていないが、この数十年間ずっとプラス5キロー20キロの間を彷徨っていて、決して中量級のベスト体重に戻ろうとしない。あの頃は、毎日ご飯を三杯食べながら、全然体重は増えなかった。それだけの練習量だった。繰り返すが、私は弱小の柔道選手だった。(試合形式の乱取りが如何に過酷かは、オリンピック中継で、いつも選手のスタミナ切れが言及さることでも想像出来るはずだ)

北大柔道部は、立ち乱取りより数倍苦しい6分の寝技乱取り等、様々な乱取りを延々と繰り返す。最後に300回の腕立て伏せで閉める。これを「通常の」練習としている。更には合宿が年に7回以上ある。地獄の北海道警察出稽古。あ、あり得ない過酷さだ。そんな過酷な練習をしても、増田俊也が入った時点で北大は2年連続最下位だった。七帝柔道は、15人戦の抜き勝負、一本勝ちのみ、先鋒から三将までの13人が6分、副将と大将は8分、寝技への引き込みあり、膠着の「待て」なし、場外なし。我々が知るポイント制のオリンピック柔道とは異次元のものである。

これは寝技に特化した「練習量がすべてを決定する柔道」の世界を描いたものである。私は柔道は強くなれなかった。オリンピック柔道には、練習量と共に「センス(才能とも言う)」が必要だった。けれども、高専柔道の流れを汲む七帝柔道は、寝技だけを極め、やればやるだけ強くなるのである。

私の高校の古文の先生に、戦前に六高(岡大)で柔道選手だったという方がいた。ものすごい小柄で、どう見ても弱そうな方だったが、国体で優勝した巨漢の高校柔道コーチが尊敬していた。その方の凄さを理解したのは、高専柔道を描いた、井上靖「北の海」を読んで以降だった。

まるで戦前のような練習をこなしながら、実際はつい最近の86-87年の話である。何が彼らをそうさせるのか。私だけの経験で言えば、何十回と負けても、一回だけタイミングがあって強敵に勝てたことがあった。あの勝利が、これまでの人生で何度私を助けたことか。しかし、「まぐれの一勝」は、人生を丸ごと変えるほどに自分を助けてはくれないのも事実だ。増田俊也は、それとは別次元の練習をしていた。

この自伝的小説で、自分の本名で出ている増田俊也が、「柔道をするために北大にきました」と宣言するのも、共感はする。共感はするし頭ではわかるけど、私なら決して出来ないし、やりたくない世界でもある。延々と練習の描写が続き、一年目の七帝戦は読むのが苦しくて目を背けた(読むのを中断した)。

おそらく、全て事実なのだろう。あのベタベタな新入生歓迎行事も事実なのだろう。もう少し感動の展開を用意するべき、七帝戦の試合の結果も事実なのだろう。

「こんなので、何かを掴めるなんていう、著者の主張は理解できんね」
多くの読者が、本音半分ではそう思っているのは目に見えるようだ。学生時代の全てを練習に費し、マスコミにも登場しないし、就職にも有利にならない。私もよくわからない。けれども、わかる気がする。決して著者に阿(おもね)って言っているわけではない。

残念ながら、こんなにも長編なのに、増田俊也は、何も成し遂げることなく途中で小説は終わっている。ように見える。史上唯一の七帝戦を描いたこの小説は、大きなことを成し遂げているが、主人公の増田俊也は未だ何も成し遂げてはいない。連載が中断して10年、続編が刊行される気配がない。北大柔道部らしい、と言えばその通りではある。






最終更新日  2020年08月06日 19時59分31秒
コメント(6) | コメントを書く
[読書フィクション(12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06)   象さん123 さん
私も読みました。ものすごい世界ですね。私の同期生が北大柔道部の主将にまでなり、彼の勧めで読んでみました。彼は著者の先輩です。 (2020年08月07日 08時33分42秒)

Re[1]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06)   KUMA0504 さん
象さん123さんへ
えっ?そうなんですか!
著者の先輩で主将といえば和泉さんですか?この本は、ほとんど実名で出ていると思うのですが、和泉さんでなければその人も実名で出ているんでしょうか?
それから、情報がないのでダメ元で聞くのですが、続編を書いているという噂はあるのですが、2年連載すればたいていは本にできると思う。ところが、10年経って、文庫本から5年経って未だに単行本の噂がない。何か知っていませんか? (2020年08月07日 11時11分40秒)

Re[2]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06)   象さん123 さん
KUMA0504さんへ
我々は著者よりずっと先輩で、友人もこの本には
登場しません。続編のことは聞いていないですね。
友人も脳溢血の後遺症と闘っており、残念ながら言葉が
自由ではないのです。元気なら訊いてみるのですが。 (2020年08月08日 19時11分03秒)

Re[3]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06)   KUMA0504 さん
象さん123さんへ
ありがとうございました。
ということは、七帝戦最下位になる前の黄金期を築いた先輩たちで、しかも主将となると、かなりの強者ということですね。
そういう先輩からも推薦されるということは、あの小説には嘘がないという証拠なのですね。それがわかっただけでも、ありがたいことです。
ありがとうございました。 (2020年08月08日 20時00分52秒)

Re[2]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06)   1年上です、学校違いますが さん
KUMA0504さんへ

すいません突然割り込んで。
続編は月刊「秘伝」に連載してました、一勝を抽選であげる試合まで。

和泉主将時代の北大の練習量は多分京大の次ぐらい大変だったと思います(札幌に行っての交流戦もあり、身近にみてました)。
続編連載内容は小説ではなくまんまだと思います。

増田君は体調崩して大変らしくて心配らしいです、心配です。


(2020年08月09日 21時09分24秒)

Re[5]:「七帝柔道記」のあり得ない練習量(08/06)   KUMA0504 さん
1年上です、学校違いますがさんへ
情報ありがとうございます!
文面から見ると、七帝柔道選手のようですが、ご苦労様です。
そうか、一勝をあげるぐらいまでなのか。
あれから調べると、増田4年目で最下位脱出、次年度優勝?という流れだったので、小説的には優勝か、優勝一歩手前まで行くのがセオリーだと思うのですが、未だ最後まで行っていない、ということなんですね。
体調崩しているというのは、心配ですね。
今年は七帝戦は中止だそうですが、練習はどうしているんだろ。 (2020年08月10日 17時48分55秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) Mドングリさんへ 誤解なさってはないとは…
Mドングリ@ Re:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) 正方形のタペストリーのようなパラレル・…
KUMA0504@ Re[1]:ビッグイシュー388号(08/28) ポンボさんへ その作家さんの本をざっと観…
ポンボ@ Re:ビッグイシュー388号(08/28) 沖縄のマラリアの悲惨な話を、沖縄の中の…
KUMA0504@ Re[1]:迫りくるカタストロフィに私たちは耐え得るのか「第四間氷期」(08/18) まろ0301さんへ 殺人的な酷暑のなか、まろ…
KUMA0504@ Re[3]:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16) ポンボさんへ よく言っている意味がわから…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.