5023857 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『四畳半神話体系』 New! Mドングリさん

辛くないマーラータン New! はんらさん

9月のおしゃれ手紙:… New! 天地 はるなさん

週刊 読書案内 エ… New! シマクマ君さん

それでも生きる New! マックス爺さん

カレンダー

2020年08月12日
XML
テーマ:本日の1冊(3204)

「十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの」高畑勲 徳間書店

現在岡山市で開かれている「高畑勲展」の図録で紹介していたので紐解いた。本書はたいへんな労作。絵巻物に、マンガ・アニメの源流があると説いたものである。なんだ、そんなことは良く言われていることじゃないか、と思った貴方、違います。こんな風にキチンと分析した書物は、それまで出版されなかった。実物を見せながら話を展開しないと、話が始まらないからである。本書は横開き多色刷りの豪華本であるが、著者が有名なために3600円の安価で出版できた。

日本のマンガとアニメを高畑勲はとりあえずこのように定義する。
「おもに輪郭線と色面で描かれた
さまざまな絵を並べ(平明な絵で描かれ)
それに言葉をそえて
時間とともに(コマ割やフィルムの流れとともに)
お話をありありと語ったもの」
これはまさに中世からの絵巻物や絵とき、江戸時代の草双紙や浮世絵、覗きからくり、からくり幻灯芝居に共通する特徴である。しかも、日本には、子供から大人まで、庶民の生活や立ち振る舞いを好奇心いっぱいに活写した絵が多く、そういう絵は、ちょうどマンガを読むときのように、描かれた内容を追いつつ、画面に眼を近づけて細部の「絵を読」んではじめて面白さがわかるように描かれた、という。

もちろん、日本で花開いたマンガやアニメは、このような文化伝統を学んで作られたのではない。(←ここをはっきりさせているのは高畑勲の立派な所)海外から多くを学んで出発したものだ。ただ、日本において、何故こんなにもマンガやアニメが盛んになったのか、「その源泉をたどれば、やはり絵と言葉で語るという、私たちの文化的な好みと欲求の伝統に行き着くことになります」。

日本人は何故こんな文化的嗜好が発達してきたのか?本当のルーツは、日本語の独特の言語体系だという。漢字と訓読み、カタカナとひらがな、漢字かな混じり文を発明したのが日本語である。それによって、日本人は文字を視覚的な「絵」として認識してきた、と高畑勲はいう。13ヶ所に渡りその証拠を挙げているが、例えば、日本人は読みは分からなくても意味がわかる漢字をいくつも「絵」として知っている、名前を漢字の選択によって視覚的なイメージで多様化した(征子、雅子、麻紗子、まさ子。漫画、まんが、マンガ)、オノマトペの豊富さ、語り絵は文盲に対する絵とき用ではなく識字層の楽しみのためにまず制作された、等々。

そうして、高畑勲は「信貴山縁起絵巻」「伴大納言絵詞」について、そのアニメ的手法を解説する。その緻密さは、正に一つのアニメ映画を監督するくらいである。「シークエンス」「シーン」「クローズアップ」「フェイドアウト」「ズームイン、パン」などの用語を多用して、十二世紀に絵巻物が一挙に世界に例を見ない「時間の表現」「視覚効果」を自覚的に狙ったすごい映像作品である事を見せる。

この2つの絵巻物と「彦火々出見尊絵巻」「鳥獣人物戯画」は、全編を縮小版であるが解説している。有名場面を知っている人は多いが、全編をカラー絵を見ながら解説されたのを読んだのは初めて。それだけでも価値がある。

高畑勲は、1人の絵師の仕事じゃない。脚本家やプロデューサーに似た集団的な作業の賜物だと喝破する。その他、ここで書いている独創的な意見は多い。

彼の指摘の一つ一つが美術史的に大発見だと思うのだが、素人発言としてあまり注目されてきていないのではないか?とさえ思った。






最終更新日  2020年08月12日 07時16分59秒
コメント(4) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの」高畑勲の仮説(08/12)   しずく さん
>画面に眼を近づけて細部の「絵を読」んではじめて面白さがわかるように描かれた

最近歴史番組で、”大阪夏の陣”を描いた屏風or絵巻物?を描かせた人物は誰だったのかを推理していました。その際に、細かく描写された人物や配置、取り上げ方などをめぐりあれやこれやと歴史学者の面々が言い合うのです。勝者の手で歴史は作られたを基に、なかなか見ごたえがありました。描かれた細部を見つけ、論じている様子に、単なる美術品として鑑賞する見方だけではないと感服した次第です。 (2020年08月12日 09時31分10秒)

Re:「十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの」高畑勲の仮説(08/12)   Mドングリ さん
高畑勲や宮崎駿の関心度の深さもなかなかのものですね。
私の場合は、歴史よりは美術、音楽であり・・・アルプのヨーデルなんかええでぇ♪
<TABLE border="1"><TR><TD width="550" height="50">
2020.8.12<a href="https://plaza.rakuten.co.jp/kuma050422/diary/202008100000/">「十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの」高畑勲の仮説 (1)</a>より
 高畑勲は「信貴山縁起絵巻」「伴大納言絵詞」について、そのアニメ的手法を解説する。その緻密さは、正に一つのアニメ映画を監督するくらいである。「シークエンス」「シーン」「クローズアップ」「フェイドアウト」「ズームイン、パン」などの用語を多用して、十二世紀に絵巻物が一挙に世界に例を見ない「時間の表現」「視覚効果」を自覚的に狙ったすごい映像作品である事を見せる。
</TD></TR></TABLE> (2020年08月13日 06時19分28秒)

Re[1]:「十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの」高畑勲の仮説(08/12)   KUMA0504 さん
しずくさんへ
加藤周一が、日本建築はシンメトリーを目指さない、むしろ細部にこだわり、つぎはぎを拒否しないことを特徴とする、と日本の美術を喝破しました。また、それは文学にも当てはまり、つまり日本人の特性だということです。

日本のマンガが、ドラゴンボールが全体を無視して永遠に戦いの描写の細部にこだわって成功したのは、たしかに日本だったから、ということも言えそうです。 (2020年08月13日 07時29分28秒)

Re[2]:「十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの」高畑勲の仮説(08/12)   KUMA0504 さん
Mドングリさんへ
この展覧会で、高畑勲の音楽のこだわりは、群を抜いていて、ジブリアニメがここまで浸透しているのは、宮崎駿の動画と世界観だかでなく、確実に高畑勲の設定とスタッフの組立てによるものだと思います。「ナウシカ」で歌を消したのも、「ラピュタ」で宮崎駿に歌詞を書かせて最後に歌を歌わせたのも、いろんな段取りは、高畑勲がやりました。 (2020年08月13日 07時34分28秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:沖縄「戦争マラリア」強制疎開死3600人の真相に迫る(09/28) New! ポンボさんへ 国民は憲法に記された言葉で…
ポンボ@ Re:沖縄「戦争マラリア」強制疎開死3600人の真相に迫る(09/28) 国民という言葉は、戦後、吉田首相近辺が…
KUMA0504@ Re[1]:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) Mドングリさんへ 誤解なさってはないとは…
Mドングリ@ Re:「四畳半神話体系」の続編が出た今夏(09/16) 正方形のタペストリーのようなパラレル・…
KUMA0504@ Re[1]:ビッグイシュー388号(08/28) ポンボさんへ その作家さんの本をざっと観…
ポンボ@ Re:ビッグイシュー388号(08/28) 沖縄のマラリアの悲惨な話を、沖縄の中の…
KUMA0504@ Re[1]:迫りくるカタストロフィに私たちは耐え得るのか「第四間氷期」(08/18) まろ0301さんへ 殺人的な酷暑のなか、まろ…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.