5082874 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『ファンタジーの発… New! Mドングリさん

週刊 読書案内 上… New! シマクマ君さん

負け犬の遠吠え(7) New! マックス爺さん

しょせんマスコミは… New! 七詩さん

長谷川櫂「九相図の… New! 薔薇豪城さん

カレンダー

2020年08月16日
XML
テーマ:本日の1冊(3223)

「言葉はこうして生き残った」河野通和 ミシマ社

  編集者はこうして書き残した
   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

河野通和(こうの・みちかず)さんは、30年間中央公論新社で雑誌編集者として仕事したあとに、雑誌「考える人」の編集長に就く。毎週木曜日に発行してきた約300回分のメルマガから37篇を厳選して、テーマごとに分けて「編集」した文集が本書である。

編集者に名文家は多い。パッと思いつくのは吉野源三郎ではあるが、河野さんも、大学時代に出会った粕谷一希元中央公論編集長の名文に憧れて編集の門を叩く。名文とは何か。思うに、わかりやすく比喩が素晴らしいとかいうことだけではなくて、歴史や哲学などのさまざまな著述を引きながら、世の中の現象を読み解き、時代精神を探り当てようという「選びとる力」を持った文章だろう。

時代精神とは何か。

本書は政治・経済の解説・批判はなくて、ともかく良書を紹介して、作家に出逢い、別れを惜しみ、自らの想いを吐露することに終始する。そうやって紡いだ昭和の終わりから平成にかけての時代の上澄みが、結局のところ「編集者から見た時代精神」であると、私は勝手に定義する。

編集者らしく、ニヤニヤするところや、こんな本があったのか!という驚きが多数。読んでみたいと思った本は、また追々紹介するので省略するが、面白いと思ったところは以下である。

⚫︎梅棹忠夫さんに影響を受け、反発してきた者として、ここに紹介されている良い文章の戒め2点は素直に腑に落ちるものだった。

⚫︎誤植のアレコレは、久しぶりに読んでいて爆笑した。

⚫︎「痕跡本」からアレコレと推理する愉しみを持つのは、良いアイデアだと思う。

⚫︎「弁当の日」を始めた滝宮小学校校長が、最初の卒業生に贈ったメッセージが素敵でした。

⚫︎岡山出身の編集者が、岡山出身の有名人・岸田吟香の数奇で特別な人生に興味を持つのは、理の当然だろう。「考える人」では、特集を組まなかったんだろうか。

⚫︎「締め切り」を「守れなかった」野坂昭如と、野坂番たる著者との凄絶な闘いの記録は、面白いが追悼文だけに哀しい。

⚫︎「一00年前の女の子」はいつか読もうと思うが、著者は先輩編集者たる船曳由美氏に、編集者らしい拘りを発見する。写真の選定、題字のフォント、そして活字の大きさ。そういえば、この本も「読ませるために」普通の本にはない少なくとも5点ぐらいの拘りがある。目次の作り方、頁表示の位置、題字のデザイン、1文字目のデザイン、引用文章のフォント等々。こういうことを含めて「本を作ることなんだよ」と我々に訴えている。

⚫︎唯一2回に分けて掲載された「ハンナ・アーレント」。映画の台詞やアーレントの著書等の引用もあり、アーレントがナチスの高官アイヒマンを「悪の陳腐さ」と名付けて発表するまでを興味深く紹介している。著者が2回に分けたのは、アーレントの思想を紹介したかったからではなく、この歴史的文章を掲載した『ニューヨーカー』(カポーティ「冷血」やカーソン「沈黙の春」を発表した雑誌)編集長ショーン氏の、編集者としての「覚悟」を紹介したかったからに違いない。ハーレントの文章は、アイヒマンの罪を減じるかのような内容に、ユダヤ系から多くの批判が出たのである。2014年1月、著者は書く。「いまこれをいまの日本に置き換えたとするならば、どういうケースにあたるのでしょう。誰の、どんな思考がそれに相当するのか。また、この時代のアイヒマンはどこに潜んでいるのだろうか」。この時、日本で秘密保護法は通り、集団的自衛権の解釈変更がなされようとしていた事とは無関係ではないかもしれない。






最終更新日  2020年08月16日 07時41分31秒
コメント(4) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16)   ポンボ さん
「一00年前の女の子」はいいですよ。珍しく、電子書籍でも文庫でもなく単行本で買いました。珍しく、2度読みました。

で、ついでに宣伝、
せめて、お試し無料版だけでも、試読なさってくださいませ。コボですが、拙著「僕、パル君 魔法使いになっちゃった?」 (2020年08月16日 09時43分33秒)

Re[1]:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16)   KUMA0504 さん
ポンボさんへ
Amazonや県立図書館で探したのですが、見つからず、諦めかけたところ、そうか、楽天市場で探してみよ、と検索したら見つかりました。

とりあえず、お試し読んでみますね。 (2020年08月17日 13時48分58秒)

Re[2]:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16)   ポンボ さん
KUMA0504さんへ

えっ? もう出版されてないのですか?
出版後すぐに、かつての楽天ブログ内お友達から教えていただいて、確かに、書店でも探しました。なぜか、その書店(滅多にいかない)のその時の店員さんが探してくれた風景も覚えているくらい。新聞に掲載された書評も読んだ記憶があります。

で、大事にとってあります。kumaさん、もしかして、戦前の東京の風景の描かれたもの(小説や写真も)お好きですか?って感じます。

で、またついでだから宣伝しちゃおう。
今回の無料版より前に書いた、ワンワンワン円(消費税増税で111円ではなくなった...)は、都内のお話でした。戦後ですけれど、
そうそう、koboだと、本が無くなる、絶版ってほとんどありえないんです。
(2020年08月18日 08時54分25秒)

Re[3]:「言葉はこうして生き残った」編集者はこうして書き残した(08/16)   KUMA0504 さん
ポンボさんへ
よく言っている意味がわからないですが、とりあえず本は探したのでお試しは読んで見ようとと思います。 (2020年08月18日 18時14分09秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[7]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) はんらさんへ 羨ましいですよね。 息子さ…
はんら@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) わぁ~! 羨ましいです。 そういう体験、…
KUMA0504@ Re[5]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) ポンボさんへ コメントありがとうございま…
ポンボ@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 今までとは趣の異なる今回の日記に、 えっ…
KUMA0504@ Re[2]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) 嫌好法師さんへ へえー、そうなんだ。 6人…
KUMA0504@ Re[1]:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) >安倍政権に感謝ですね。 貴方にだけに…
嫌好法師@ Re:ホテルグランヴィアの夕食(10/20) よく一人で行けましたね。私など腰が引け…
KUMA0504@ Re[3]:ファンタジーの世界地図!(10/10) はんらさんへ 5000円以上の本は絶対に買い…
はんら@ Re:ファンタジーの世界地図!(10/10) 楽しそうな本ですね。 でもお値段がすごい…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.