5481408 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

X

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『日本の白亜紀・恐… New! Mドングリさん

遥かなる南の島々 … New! マックス爺さん

週刊 マンガ便 雲… New! シマクマ君さん

最後のキリン New! まろ0301さん

奢れるものは久しか… New! Hiro Maryamさん

カレンダー

2021年04月04日
XML

「ただいま収蔵品整理中!」学芸員さんの細かすぎる日常 鷹取ゆう 河出書房新社

「学芸員さんの細かすぎる日常」と副題にある通り、滅多にフォーカスが当たらない(というか、初めて当たる)博物館学芸員の日常漫画である。博物館フェチの私には無視できなかった。Twitterで見つけて、次の日には衝動買いをした。いわゆる学芸員資格試験志望者には、イメージ湧きやすい入門書になるのかな、と予測を立てて買ったところ、甘かったです。学芸員て、発掘して、図面書いて、企画展考えて、説明版書いて展示するだけじゃないんだ。漫画棚ではなく、専門書棚に置いてあったのも宜なるかな。

ホントは、考古学博物館の日常が見たかったんだけど、著者の実体験に基づいているために、今回は郷土博物館の、しかも廃校を利用した収蔵庫の資料整理の仕事がメインなのである。よって殆どが民俗資料である(←博物館の中だけでなく、他所に収蔵庫を作っていることを初めて知った)。私なんか信州鎌の錆落とし保存作業なんて、つい数十年前のものだから簡単に思っていたけれども、まぁ細かい!用具だけでも、ハケ・筆入れ、ステンシルブラシ(100円ショップ)、平筆(100円ショップ)、ハケ(大・中・小)(100円ショップ)、椿油、キッチンペーパー(100円ショップ)と説明する。100ショップで大丈夫という情報は、教科書には載らないだろう。

博物館だから、当然虫除けの作業はする(←当然とは私は思っていなかった)。ところが、「文化財防御」はそれだけでは済まないのである。どんな虫がいるのか「同定」して(捕まえる。当然クロゴキブリや穀蔵虫、シロアリも)対応する。木の種類によって、虫の種類が違う。脱皮殻で毛髪を食べる虫を同定する。うーむ深い、そんなことまで調べないと、資料収集・保存はできないのか?

その他いろいろ細かすぎることを書いている。もはや教科書の範囲を超えて、やや知的ギャグになっていて、著者もそのあたりを狙って描いている気がする。

それと、1/3を使って、「学芸員あるあるホラー話」を載せている。何しろ、暗いところで昔のものに囲まれて仕事するのである。お地蔵さんを寄贈されたら、普通に「魂抜き」(お性根抜き、閉眼供養ともいう)をしているらしい。それでも、盛り塩がいつの間にか減っていたり、お地蔵さんから念仏の声が聞こえたり、と著者が実際学芸員さんから聞いたホントの「話」を描いている。学芸員さんにとっては特別なことではなく、怖がってもいないらしいのですが、そういう描き方だからこそ、ちょっと怖かった。

その他、企画展示準備のあれこれも描いている。

クイズです。企画展ではしばしば「展示替え」があるけれども、展示しきれないからだと思っていたが、ホントの目的は違うようだ。さて、どうしてでしょう?
(答え コメント欄に)






最終更新日  2021年04月05日 11時10分10秒
コメント(3) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:学芸員さんの細かすぎる日常「ただいま収蔵品整理中」(04/04)   KUMA0504 さん
展示替えは「資料を保護するため」だそうだ。
照明(紫外線)は資料には毒なのである。UVカットの照明でも、資料劣化は止められないらしい。展示物を替えて劣化を最小限にする。貴重な資料は数日間しか展示しないこともある。展示室がとても暗い場合があるが、これも資料を紫外線から守るためである。
ともかく、資料の保存には、恐ろしいぐらい気を使っている。
(2021年04月04日 12時20分26秒)

Re:学芸員さんの細かすぎる日常「ただいま収蔵品整理中」(04/04)   lavien10 さん
なるほど。只今 休館中のところも多く、バッグヤードはいずこもタイヘンで、美しいものにはとげがあるものですか。 (2021年04月04日 22時50分45秒)

Re[2]:学芸員さんの細かすぎる日常「ただいま収蔵品整理中」(04/04)   KUMA0504 さん
lavien10さんへ
コメントありがとうございます♪
トゲといえば、
実はクイズはもう一つの方を考えていましたが、変更しました。
「本書には、2回も言及している、学芸員が気をつけるべきことが載っています。それは決してシャープペンを使ってはいけない、ということです。何故でしょうか?」
答えは、

「シャープペンの芯が折れて、資料の間に挟まるといけないからです」
あゝそうなんだ、とは思えのですが、で何故いけないのか、書いていないんです。資料が汚れるからかなあ。
(2021年04月05日 11時08分12秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まろ0301@ Re:森見登美彦の「新釈 走れメロス」(05/15) New! 「走れメロス」については、確か、「メロ…
KUMA0504@ Re[1]:「日本の名著(36)中江兆民」の苦い思い出(05/02) まろ0301さんへ、こんばんは。 そうかま…
まろ0301@ Re[2]:ミステリアス古墳スペシャル(05/05) KUMA0504さんへ  造山は、墳丘部の全長…
KUMA0504@ Re[1]:ミステリアス古墳スペシャル(05/05) まろ0301さんへ コメントありがとうござい…
まろ0301@ Re:「日本の名著(36)中江兆民」の苦い思い出(05/02)  「卒論」の件については、私の人生の中…
まろ0301@ Re:ミステリアス古墳スペシャル(05/05) お久しぶりです。71になりましたが、まだ…
heliotrope8543@ Re:松竹伸幸氏より毎日世論調査の見解をいただいた(03/11) ツイッターで引用させていただいてもいい…
KUMA0504@ Re[2]:学芸員さんの細かすぎる日常「ただいま収蔵品整理中」(04/04) lavien10さんへ コメントありがとうござい…
KUMA0504@ Re:学芸員さんの細かすぎる日常「ただいま収蔵品整理中」(04/04) 展示替えは「資料を保護するため」だそう…

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.