5895901 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ビル・ゲイツと厚労… New! lalameansさん

一晩中恋しい人を思… New! Photo USMさん

悲鳴にならない! New! ポンボさん

週刊 読書案内 堀… New! シマクマ君さん

The equipment in th… New! Hiro Maryamさん

カレンダー

2021年11月20日
XML
カテゴリ:旅の記録



ずっと来たかった、岡山県瀬戸内市のハンセン病療養施設だった長島愛生園に行った。


旧事務本館(歴史館)。長島のハンセン病(らい病)の歴史と実態と問題点を過不足なく展示していて、素晴らしい博物館だった。



1930年(昭和5年)竣工。この年、この長島に国立療養所第一号として、長島での「らい病」患者隔離政策が始まる。2003年に歴史館として開館。職員施設だったこともあり、美しい造りになっている。




もっとも人がいた頃の長島愛生園の島のジオラマ。それにしても、こんなにも住宅でひしめいていたのだとビックリする。この人たちは、一生、日本と接点を持たずに死んでいった。





「らい病」と長島の歴史を過不足なく説明。特に、万民を分け隔てなく接していた一休宗純が、気に入らなかったとは言え、兄弟子の「らい病」死を「仏罰だ」と切って捨てたというエピソードはショック。それほどまでに、「らい病」は嫌われた病気だったということか。


十坪住宅。劣悪な環境を改善しようと患者の結婚した人たちの住宅を「寄付」で建てる運動が、戦前に始まっている。しかし、条件は結婚カップルは断種手術をすること。この住宅が147棟建てられた。


十坪住宅への寄付を募る文章(昭和10年)。
この島に隔離することが、国の為になるとハッキリ書いている。「祖国を浄化させるため」「(隔離する事で)20年経たずにらい病を根絶できるだろう」そのための住宅問題の解決である。


その他見たもの。
夢の国に行くかのように誘う長島のパンフ(戦前)



ビックリ!
90年代まで使われた投票箱。
無数に開いている穴は、投票用紙を蒸気で「除菌」するためである。
これがつい最近まで、最も公的な場所で行われてきた事である。



ハンセン病を学ぶことは、差別とは何かを学ぶこと。無関心が差別を生むのだ。
‥‥この「教訓」が、非常に大切だ。
 全文を書き写す。
「ハンセン病に対する偏見と差別は、国が政策を誤ったことにより助長されてきました。
しかし、それを容認してきたのは国民一人ひとりです。
「無関心」は、誤解と偏見を生み、差別につながります。
現在も様々な差別に苦しんでいる人たちがいます。
その人たちに関心を持ち、正しい理解の輪を広げることこそ、ハンセン病問題から学ぶべき大きな教訓です。」
「様々な差別」としてパネルでは、「障害者への差別」「外国人への差別」「同和問題」「ハンセン病問題」「病気への差別」などを挙げている。確かに全てまだ未解決の問題だと思う。

その他の展示物











そのあと、外へ出て少し回った。コロナ禍のもと、全て歩けない。これは収容桟橋。収容者用の桟橋は、職員用とは別になっていた。


収容所(回春寮)。入所すると、ますこの建物に収容される。現金などの全ての持ち物が没収される。


そして入浴。



監房跡。開園と同時に設置されたらしい。逃走したもの等を収容。懲戒権は所長に与えられていた。昭和28年になって、やっと廃止。


何故か園内では、NHKラジオ放送が延々流れていた。


使われていない公衆電話。
とおもいきや、上に各施設内内線電話表があった。むかしは頻繁に此処が使われていたのか。



「人間回復の橋」長島大橋(1988年開通)。


そこから観た虫明の美しい海。牡蠣筏が無数に浮いている。







最終更新日  2021年11月20日 21時48分16秒
コメント(2) | コメントを書く
[旅の記録] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:長島愛生園訪問(11/20)   象さん さん
長島愛生園を写真入りで紹介してくださって感謝します。私もできれば一度訪ねたかった所です。尊敬する先輩、原田季夫師が夫人と飛び込んで「長島聖書塾」という神学校を立ち上げ、病者による病者の伝道を目指した所です。惜しむらく道半ばでがんで倒れました。 (2021年11月21日 17時00分08秒)

Re[1]:長島愛生園訪問(11/20)   KUMA0504 さん
象さんさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます♪

>尊敬する先輩、原田季夫師が夫人と飛び込んで「長島聖書塾」という神学校を立ち上げ、病者による病者の伝道を目指した所です。

そうなんですね。
宗教の力は偉大だと思います。

もっとも中立で公正であるべきな選挙投票の、明確で非科学的、差別的な行為が、90年代まで続いていたこと、それを岡山県民の私が知らなかったことはショックでした。
(2021年11月22日 17時05分50秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[2]:明けましておめでとう御座います(01/01) 象さんさんへ 明けましておめでとう御座い…
KUMA0504@ Re[1]:明けましておめでとう御座います(01/01) はんらさんへ 明けましておめでとう御座い…
象さん@ Re:明けましておめでとう御座います(01/01) 屋上からご来光、都会の正月ですね。 新年…
はんら@ Re:明けましておめでとう御座います(01/01) あけましておめでとうございます。 素晴…
象さん@ Re:今年もお世話になりました「地球の歩き方 世界の祝祭」(12/31) 毎回ではないですが、沢山読ませて いただ…
erika@ 事務局の考える「戦争」その定義を教えて 質問です。 現代において、戦争という形…
erika@ 戦争からは逃れられません 戦争とはどういう事象なのか? 考えた事は…
ポンボ@ Re[4]:書評「PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う」(12/21) KUMA0504さんへ もうこの件は終わりにしよ…
KUMA0504@ Re[3]:書評「PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う」(12/21) ポンボさんへ 大切なのは、 何処に注目し…

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.