4429421 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

「2千円札」と『帰… New! lalameansさん

図書館大好き408 New! Mドングリさん

スヌン(大入修能試… New! はんらさん

レンタルビデオショ… New! 七詩さん

カレンダー

全233件 (233件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 24 >

平和運動

2016年02月10日
XML
テーマ:ニュース(78285)
カテゴリ:平和運動
私の周りでは、焦りが広がっている。
内閣支持率はまたもや五割台を回復した。
2000万人署名をとっていても、なかなかしてくれない。

なおかつ、ある女性は凹んだ顔で言ってきた。
「○○さんの家はしてくれるだろうと思って行ったら、北朝鮮を見ろ、軍隊は必要なんだ、と大声でいわれて全然聴かない。もう凹んじゃう!なんか元気になるような話題はない?」
「ぼくは打出の小槌じゃないんだら」

野党共闘も進みそうにない。

私も正直、行き詰まっていると思う。

そういう時、これは元気のもらえるビデオだと思う。
是非、見て欲しい。

2000万人署名のポイントQ&A


世の中は
真面目に見れば
凹むようなことばかりなのだから、
あとは変えるしかないのである。






最終更新日  2016年02月10日 10時24分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年01月24日
テーマ:ニュース(78285)
カテゴリ:平和運動
どっこい、やっている!

「アベ政治を許さない」「安保法制絶対反対」「安倍は辞めろ」集会&パレードは、第25回を土曜日11時より、倉敷駅前デッキにて、始めてこの日は75名が集まりました。

6月から始めたこの集会は、いまや毎週金曜日夕方に、月に一回だけ安保法制が強行採決された19日に1番近い土曜日午前(お母さんも来れる為の配慮)にしています。

今年は決戦の年。民主主義をあきらめない。

この日はアベが画策している「緊急事態条項」について、何人からかスピーチがありました。「ナチスが戦争出来たのは、あの民主的なワイマール憲法に緊急事態条項があって、ヒトラーがそれを発動したからです」。高校の世界史教師が発言しました。

201601241746_1642_iphone.jpg
若者に負けないと昨年発足した「バアバの会」のKさんは「今週は極寒の中でスタンディングして風邪をひいてしまった。でもこの孫のために、負けるわけにはいかない」といき盛んです。


明けて日曜日。「戦争法廃止2000万署名をすすめる水島の会」のキックオフ集会があり、約50名ほどが集まり、学習とそのあと町に出て極寒の中署名行動をしました。

201601241746_8409_iphone.jpg
「右も左もない、畏れ多くも天皇も望んでいる憲法を守る行動だ。」代表委員の言葉です。

4月25日までに水島地域で二万筆集めようと意思統一しました。

署名Q&Aのビデオ(10分)がとってもわかりやすくて良かった。誰が作ったんだろ?もっと早く作って欲しかった。街頭署名編だったけど、地域訪問編も作って欲しい。

清水弁護士の記念講演。戦争法の本質と憲法との関係をわかりやすく話して頂きました。私は「小林教授とかが違憲裁判をすると聞いているけど、その展望は?」と質問しました。講師は「一つは正念場は、裁判所よりも国会にある。裁判に関心がいってはいけないと思う。一つは、まだ施行されていない段階で、違憲だと証明するのはなかなかむつかしい。我々も準備はしているが、具体的にいついつ出すという風にはなっていない」とのことでした。

いまやるべきことは、アベ政権の大暴走を止めること、そのための「世論」を作ることだ。

そのあとの署名行動、話が出来た三軒(全部で6筆)ともに快くしてくれたのだが、「じゃあアベ政権の代わりは何処なのか、と言えばいないからねえ」とも言っていた。「そうだよねえ。でもいま居なくても、そういう政治家は世論が作っていくんです。去年もホントは民主党も維新の党も、安保法制にあそこまで反対じゃなかった。それを変えたのは世論なんだから」とは一応言いました。一つ一つ対話していくことからしか、世論は変わらない。






最終更新日  2016年01月24日 17時51分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月11日
カテゴリ:平和運動
11月22日、岡山県日本原基地調査をしました。今回は初めて自衛隊の案内で基地調査が出来た。訓練の実態をリアルに想像出来たということで貴重な日になりました。

a01つるや.jpg
a02昼食.jpg
朝早く起きて県北に出向く。津山市には長いことコンビニができなかった。初めてできたのは、私の記憶では86年である。なぜか。この「つるや」があったからである。コンビニ機能と軽食屋を合体したコレは、その後のコンビニ攻勢から辛くも生き残っている。手作りのおかずがたくさん置いてあって、昼食を買った。

a001学習会.jpg
奈義町森藤議員の家で事前学習。日本原は、駐屯地と広大な演習場を抱えた、中四国最大の陸上自衛隊基地です。実は、日米地位協定の見直しで米軍基地の一部となっている。このことを知っている岡山県人は少ない。米軍は望めば、年間2週間演習が出来るのである。今年は9月に4回目の日米共同訓練が行われる予定だったが、悪天候の影響もあり、実施は見送られた。


2014年度は一般訓練は186日行われた。実弾訓練はそのうち103日。レンジャー部隊の訓練も行われるようになり、放射能や化学兵器などにも対応する第13特殊武器防護隊も来るようになった。実戦的な訓練が増えてきている。

a03東入口.jpg
午後から基地内調査を行った。例年は地元の森藤町議の案内で日曜日の基地に入るのだが、今年は自衛隊から話があったらしい。「本来は基地内は立ち入り禁止区域である。しかし、地元には入会権が歴史的な経過で認められている。町外の人が入るには、届け出を出して欲しい」ということらしい。その代わり、町議は隊員の道案内と、今まで中まで入れなかった基本射場の調査を申し入れていた。届け出は許可制ではないので、基本的には私たちもいいのだが、問題は参加者の名簿の提出まで要求していることである。午後の調査始まりのときに、この件ですったもんだがあり、今回だけは「書けるだけの名簿」を提出することで折り合った。しかし、これは次回に課題を残した。

a04ATシャザ看板.jpg
a05ATシャザ.jpg
最初に東の端にある「新・対戦車射場」。東ゲートから入ったので、スムーズに現地に到着。

a06潜入射座.jpg

a07潜入射座.jpg
次に「潜入射場」。今まで謎の訓練場だった。今回機関銃の弾の下をかいくぐり溝の中を進んで行く「唯一の実弾の下を進む訓練」であることが判明した。陸士か陸曹になるときに一回はする訓練らしい。この2年間は行われていない、あっても年一度しかない訓練らしい。しかし、10ー20分間0.数秒間隔で実弾が飛ぶ下で100mほど前進するのは、かなりの覚悟が必要だし、極めて「戦争に行くことを実感させる」訓練だと思う。

a08戦闘射撃場.jpg
「戦車射座」と「戦闘射撃場」。以前日米共同訓練を行った、広い場所である。そのときは小銃を撃つ訓練を日米交互に行ったらしい。

a09一望.jpg
中央から西演習場を一望出来るところで、説明を聴く。

a10基本射場.jpg

a11基本射場.jpg
「基本射場」に、鍵を開けてもらい入る。今まで入ったことがない訓練場である。ここは小銃(時々機関銃)の訓練場である。300mと200m射座があり、的が12個所設けられている。センサーで的に当たったかどうかが判断出来るようになっており、全部隊が「検定」を受けるようになっているらしい。特級、準特級、一級、二級、三級、号外とあるらしく、平均点とかは教えてくれなかった。

a12短サム.jpg

a13PH70.jpg
このあと、駐屯地を外から視察した。一発発車するだけで3000万円もする短サムは2基、PH70(155ミリ榴弾砲)は10門確認出来た。


「自衛隊の海外派遣のための訓練に変わっていきつつあるね」「戦争法を無くす以外にこの動きは止められないね」と参加者で感想を持った。






最終更新日  2015年12月11日 14時48分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月09日
カテゴリ:平和運動

どっこい、やっている。

201512091302_6726_iphone.jpg
ちょっと前になりますが、12月4日、アベ政治を許さない、安保法制廃止、憲法守らん首相は要らない、野党は共闘を目指す、という名称かどうかは知りませんが(^_^;)集会&パレードは倉敷駅前で金曜日6時半から行いました。今回で、18回目です。

9月からほぼ毎週になって、会議で一回休んだ以外は、私も毎週参加しています。最高は確か250名だったと思いますが、それから参加者は10月になって150、100、80名と落ちて行きましたが、ここ1ヶ月は50名ほどで安定しています。倉敷の町の取り組みとしては、規模としてはこんなモノ。継続していることを褒めてやって欲しい。この日は実数の発表。53名でした。

子どもやお母さん、学習塾の講師、時々高校生や外国人、相変わらず普通の政治デモに参加してこなかった様々な人が参加しています。フリートークの時間では、私も3-4回ほど発言しました。

私が続いているのは、「このままではいけない!」「アベ政治を許さない」という想いがあるのはもちろんですが、週一回倉敷駅前の有料駐車場に止めるのはもったいないので、少し離れた無料のイオンの駐車場に停めて歩いて来て、それが往復約4キロ弱ぐらいになってなかなかの運動になるからです。出来るだけ速足で歩くようにしています。というか、速足で歩かないと間に合わない。でも、走るほどの元気はない。ちょうど良い運動なんです(^-^)/ずっとこの集会&パレード続いて欲しい。

201512091302_2545_iphone.jpg
毎月3日の1時に思い思いに「アベ政治は許さない」を掲げようという運動も、その時間帯は無理なので玄関前に掲げて出たり、12月は車の後ろに取り付けました。いろいろやっていきたい。






最終更新日  2015年12月09日 13時11分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月04日
カテゴリ:平和運動
a01出発.jpg
11月15日、岡山県平和委員会は、大西会長以下3人で辺野古新基地建設のため埋めたて用の土砂採掘候補地になっている小豆島に視察に行きました。フェリーで出発。

a02石の資料館.jpg
島の東北側にある採石場を見て回りました。小豆島は大阪城築城の頃からの採石場がありました。これは大阪城残石記念公園にある資料館です。

a03大阪城築城.jpg
こんな風に、大きな石は海の道が1番効率が良いために、採石場は全て瀬戸内の島です。

a04採石場.jpg
小豆島の南側は二十四の瞳の分校など、観光施設がたくさんあるけど、北側にはこのような採石場が至る所にあります。この数十年の間にも、日本の高度成長期に掘り出した土砂が多く、此処などは昔とは景観が全く変わっているほど土を採った所だそうです。

a05県の許可.jpg
県の許可を取った業者が既に何カ所も営業していました。

a06岩刷り.jpg
計画によると、辺野古基地のためには東京ドーム17個分の土砂が必要とされる。そのうちの八割は「岩ずり」と言われる砕石が使われ、小豆島からは30万立法mの土砂が採取される計画です(手前の小山が岩ずりです)。それ以外に、奄美大島、徳之島、五島などの島を始め、門司、天草、鹿児島佐多岬など12カ所が候補地になっています。


県外土砂の搬入は、大きな環境破壊です。サンゴの海、ジュゴンの海に、瀬戸内海の未知の生物・植物が入り込んだ場合の影響は想像出来ません。案内人によると、小豆島にはオリーブゾウムシという害虫が居るそうです。オリーブ以外の木も荒らすそうですから、沖縄に何か影響があるかもしれません。沖縄県は既に県条例を作り、辺野古の海の環境を破壊する県外土砂は搬入させない構えです。翁長知事は頑張っている。しかし、国は代執行を構えてそれを強行させようとしています(太田県知事の時に強行されたアレです)。

視察した採取場は、既に業者として県の許可を取っている所が多く、あとは国からの要請が来るのを待ち構えているかのようでした。

この自体は、環境破壊に加えて、地方自治権に対する国の蹂躙です。また、何よりも沖縄に今後200年間以上米軍基地を固定化させる暴挙でもあります。これを止める唯一の手立ては、沖縄基地建設を国民の大反対闘争でストップさせることです。沖縄辺野古新基地建設を止めるためにも、沖縄の闘いに学び、西日本も連帯して、運動をしていく必要があると、感じました。

a07大阪や.jpg
さて、地元の案内人お勧めの食堂につきました。入るのに20分ぐらい待ちましたが、その後も次から次へと人がやってくる、知る人ぞ知る地魚を食べさせてくれる所だそうです。

a08メニュー.jpg
私はハモの卵とじ丼を頼んでみました。

a09ハモの卵とじどんぶり.jpg
しっかりホネも処理しているホンモノの新鮮なハモでした。まあ、珍しい味でした。ひしお丼(海鮮丼)の方が良かったかもしれない。

a10醤油店.jpg
地元の醤油造り店(ヤマクロ醤油)も案内してもらいました。

a11麹の部屋.jpg
何百年もかけて培ってきた麹を殺さないために、しっかりホコリをとって中に入ります。この木の樽を代々守るために、樽をつくり職人さんにもなったらしい。

a12寒霞渓.jpg
寒霞渓。

a13高島遠景.jpg
小豆島から岡山港に帰る直前に島があって、海に向かって神社があることに気がつく。
「あれはなんですか?」
「高島だよ」
「あ!こんな所にあったのか」

a14高島.jpg
古事記によると、神武天皇が「東征」した時に、途中高島で三年を過ごして、大和の地に入ったとされている。それは吉備の国であろうことがほぼ定説ではあるが、高島の候補の場所が実は三つもある。一つは、東岡山にある高島地区、一つは笠岡市の高島。もう一つは、児島の高島、つまり此処だ。私は此処ではない、と思う。神武天皇伝説自体が空想の物語ではあるが、何らかの戦記伝説の一つだとしたら、平野の東岡山の方がよっぽど吉備の国と連携がとれる。そうでないと、3年もいた意味がないだろう。此処はおそらく、よくある潮待ちの島、祭祀の島だったのだろう。

なんやかんやで、小豆島調査面白かった。








最終更新日  2015年12月04日 14時50分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年10月09日
テーマ:戦争反対(1062)
カテゴリ:平和運動
何処からか、花の薫りする。

集会に行く途中の道は既に暗い。この時期になると、何処からか、金木犀の薫りが鼻を擽る。そんな時に必ず思い出すのは、山本周五郎「さぶ」の中で、さぶの兄貴分を嗜めるために、お侍さんが言ったこの言葉である。「お前さんは1人で不幸を背負っているつもりが知れねえが、お前があの刑に服している間、ホントに助けていたのはさぶだ。決してかたちを現さない、見返りを求めない、ただお前さんのために骨を折っていたのはさぶじゃねえか。お前さんには、この花の薫りに気がつかないのか」手許に本がないので、間違っているかも知れないけど、そんな言葉だった。

暗闇で、金木犀が何処にあるかはわからない。形も見せない。見返りも求めない。そして、道すがら、一カ所だけじゃない。まるで、バトンを渡すかのように、集会への道、何処からか、花の薫りがしていた。それはまるでこの集会に参加している人たちみたいだった。



戦争法反対集会。今週も倉敷駅前で、金曜日、夕方6時半から始まりました。

集会に集まったのは、先週と同じ80人。いっときよりも、参加者は減ったけど、質はまったく変わらない。いや、むしろ良くなっている。老若男女。老人もいれば、若者もいる。若いお母さん、小学生、今日は学生服姿の高校生男子2人が参加してくれて、しばらくパレードしてくれた。小学生の彼は久しぶりに参加してくれたけど、彼のシュプレヒコールはものすごく「通る」んです。大人たちが励まされる。

フリートークで青年が訴えた。
「議事録も残っていない戦争法、こんなの許せない。戦争させない。
皆さん、岡山のこの国会議員、今度の選挙で必ず落としましょう!
石井正弘、相沢一郎、山下たかし、平沼赳夫、橋本岳、加藤信勝、片山虎之介。」


ばーばーの会も久しぶりに発言。
「二週間こなかったらくたばったのではという噂。私は決してくたばりません。
孫の未来が平和な世の中であるように、廃案に追い込むぞ、頑張りましょう!えいえいオー!」








最終更新日  2015年10月10日 07時35分42秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年10月02日
テーマ:戦争反対(1062)
カテゴリ:平和運動


今週も「安倍退陣、安保法を許さない集会&パレード」を夕方、倉敷駅前で完遂し、参加して来ました。

共産党市議会議員は
「アベ国連演説 人がいなかった。一方、翁長 国連演説 を受けてアメリカ議会では、「辺野古に移す」という文言を削除する決議した。安倍内閣は確実に追い詰められている。」と訴えました。その時、わざとか偶然か、柚木民主党衆議院議員が集会そばを通り、「野党共闘を実現しよう!」と呼びかけて、柚木議員も手を振り、一瞬のエールを交換したのでした。市会議員は「一点共闘を進めよう!オール沖縄に学び、オールジャパンにしよう」と訴えました。

ある女性は
「幹事長国家のために赤ちゃんを生め発言はひどーい。全国の女性は怒っている。安倍首相は子育て支援、介護離職を無くすという提案をしたが、介護への攻撃たいへんだった。安倍首相は目先のことだけを言う。私たちは絶対諦めない。」

ある女性は
「私は障害を持っていて、就職たいへん。安倍さんは一億総活躍社会と言う。ホントは一億総奴隷社会と言いたかったのでは。今外遊?えらい多くないですか?私はあの人は日本の総理ではないと確信している」

等々の意見が表明されました。今回は、アベノミクス批判が多くなりました。一週間の出来事を受けて、話す内容も変わっています。

元気に駅前を約80名がパレードしました。相変わらず、道沿いからの声援もあります。






最終更新日  2015年10月02日 20時03分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月30日
カテゴリ:平和運動

玄関前のポスター、秋の模様替えしました。ネットプリントで手に入れました。いい時代になったと思います。

閑話休題。
先日、私はこのように書いた。

昨日、各新聞の世論調査が出揃った。法案が成立したにも関わらず「安保法評価せず」が圧倒的だ。それは当たり前である。問題は、内閣支持率が微減しかしていないのだ。朝日、毎日35%、共同38%、読売41%である。私は2割台まで落ちると思っていた。落ちなくてはならないと思っていた。
(略)
共産党の方針転換で、来夏の選挙情勢は変わるとは思うが、それでもこの内閣支持率四割前後の構造の意味に、これからの10ヶ月で切り込んでいかないと、構造的な変化は望めないのではないかと思う。


その後、私は共に運動している仲間にこの疑問をぶつけ、二度ほど長い間話し込んだ。

私はますますわからなくなっている。その想いを率直に書こうと思う。

私の問題意識はこうである。

四割のうち、一割以下は所謂正真正銘のネットウヨであり、私がどんなことを言おうとも意見を変えない層である(根拠はあるにはあるが希薄)。問題は三割近くがネットウヨやメディアに影響されて、なんとなく「攻められて来たときのために安保法制必要なのでは」「アベノミクスは景気浮上のために必要なのでは」と思って内閣支持に回っているのではないか。

そこを切り崩すためには、
「攻められて来たとき」という問題意識に「かみ合った」形で運動を起こすべきではないか。

「違憲の安保法制は無効」だとか、「民主主義が危ない」、「戦争に巻き込まれる」という主張を全面に出す運動だけでは、四割を切り崩すことはできないのではないか。何しろ、今度は絶対絶対負けられないのだ。

仲間は違うと言った。
「夏の運動の成果は大きい。人々は安倍政権の欺瞞にやっと気がついた」
「ネットの意見はあまり当てにはならない。私は、署名や世間話で貴方よりもずっと直にいろんな人と話をして来たけど、確実に人々は変わっている」
「北朝鮮や中国脅威論の胡散臭さにほとんどの人々は気がついているので、それよりも憲法を守る、立憲主義を守る、戦争をさせない、という正攻法の運動をするべきだ」
果ては「世論調査はかなり誘導尋問がある」とまで云う。

一理はある。しかし、私は納得がいかない。

もちろん、私は脅威論や鍵かけ論にまともに付き合うつもりはない。
「あなたたちは、問題の立て方から間違っている」というつもりである。
「攻めて来たらどうするか」ではない。「攻めて来ないようにどうするか」それが国の役割である。
しかし、それをいうためには、先ずは相手の意見を聞かなくてはならないのである。

これからの運動の立て方を間違えれば、この先ずっと四割の内閣支持率が落ちないままに推移する気がする。

私は間違っているのだろうか。

(追記)
あっ、もちろん「どちらもやるべきだ」という意見があるのは承知しています。そうではなくて、このままでは「脅威論」等々が軽視されるのではないか、と危惧しているので書いたのです。私はあの時反論できなかったのですが、脅威論はネットの中だけではない。私の身近に何人もいるのです。






最終更新日  2015年09月30日 12時42分28秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年09月28日
テーマ:ニュース(78285)
カテゴリ:平和運動
先週の日曜日、岡山県日本原自衛隊基地の50周年記念行事があった。



批判のあった、銃を子どもたちに触らせるという展示は、厳重に縄を張って触らせないようにしていた。それは自衛隊が反省したからではなく、明確に銃刀法違反に当たると判断したからである。





しかし、それ以外の榴弾砲、戦車、短SAMなどは乗り放題、触り放題。



「銃砲刀剣類所持取締法」第三条において、一部例外を除いて、「何人も銃砲又は刀剣類を所持してはならない」とあります。例外は全て、国又は地方公共団体の職員並びに「許可を受けた者」となっており、不特定多数の一般人が「所持」することは、法律違反です。ましてや、子どもに持たすなど論外です。それがあるから、銃の展示はあんなに厳重になったのでしょう。では、榴弾砲や戦車に乗ることはどうなのか?もしかしたら、自衛隊はそれは「砲」の運搬車だから大丈夫だと、「解釈」しているのかもしれない。しかし、それは誰が見ても「詭弁」である。武器と砲はどうとっても「一体のもの」だろう。

この日、自衛隊は何千人もの一般人に「騙して」法律違反を強要したということになるであろう。



戦車試乗コーナーがあって、74式戦車に三台、10人づつぐらい、500-600メートルを、載せて走りました。長い列が出来ています。一回三台が動いて、何十回も回ったので、少なくとも千人以上は乗ったことになる。



売店では、萌えキャラクターグッズの他に、ロシアンルーレット激辛クッキーや、オスプレイチョコクランチ等、冗談のようなお菓子も売っていた。



有名アニメ画家を起用して、岡山県専用アニメキャラを作っていた。吉備桃恵一等陸士である。



バッジも含め、非常に戦略的である。



昼食は焼きそばとかにしようとしたら、ものすごい長い列だったので、諦めて施設内の隊員食堂にたまたま入ったら、今日もやっていて、あまり混んでなかった。それで、隊員がいつも食べていると思われる「定食」(500円)にした。自分で皿を取って、味噌汁とご飯がつくこれは、出来合いのフライが多いのだけど、やはり比較的安価、ヘルシー、ボリューム感があります。ご飯少なめに頼みました。


三時間かけて県北に来たのですが、出るのが遅かったのでついたのは展示訓練のあった閲覧式が終わった昼過ぎ。あとはいろ装備の展示だけを観ました。大のサラリーマンらしき男が嬉々として、自衛隊装備用品を背中に背負ってその重さを実感している。実は、その隣に「自衛隊員募集コーナー」があって、リュックを背負った高校生か、成人真近ぐらいの声の小さな青年が、「説明会参加」の募集要項に名前・住所を書いていた。県北ではなく、県南の倉敷市茶屋町の青年だった。「そんなことやめろよ」「これからは国を守るじゃなくて、他国の戦争に赴いて命を落とすのかもしれないんだよ」とは、もちろん言えるはずもなくて、歯がゆい想いをした。






最終更新日  2015年09月28日 11時24分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月25日
テーマ:ニュース(78285)
カテゴリ:平和運動


戦争法の強行採決から一週間が過ぎましたが、倉敷では懲りずに反対集会&パレードをやっています。

今日は「安倍政権を許さない!市民集会&パレード」です。
主催者、政党のあいさつのあとにちょっと前に厚木に住んでいましたという女性が飛び入りでスピーチ。
「戦争にいく流れを感じている。引っ越し前の地元のためにも、素晴らしい倉敷のためにも頑張りましょう」

元自衛隊の井筒氏の講演を聞いて来たという青年は
派兵したら、自衛隊は犬死してしまう。今は米は民間派遣会社に委託している。来年は自衛隊がその穴を埋めている可能性がある。(井筒氏が率いていた)レンジャー隊でも、生きる死ぬの訓練受けていない。彼らは丸腰で戦場に行くようなもの。アベは死者が出るのを待っている。そのとき、9条不要論の宣伝をしても、一気に改憲に持ってゆくためだ。」という講演内容を紹介。

青年は「「平和ボケ」どこが悪い。日本が攻めてこられる、というのだけど、この戦争法はそれと無関係だということを伝えて行きたい」と力強くアピールしました。

今回も、老人から若いママさん、高校生のような青年など、様々な人が参加していました。
「アベは辞めろ」「賛成議員も今すぐ辞めろ」とパレードしたとき、暫く集会を見ていた外国人夫婦も100m歩いてくれた。嬉しかった。

今日の参加者は100名でした。






最終更新日  2015年09月25日 20時51分59秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全233件 (233件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 24 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) narcisse7さんへ 弥生時代から「脱穀・精…
narcisse7@ Re:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) 憧れますね、縄文生活。 僕は古墳時代前期…
KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…
KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.